ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 日本一のミニ私鉄だった紀州鉄道に残る廃線跡-西御坊-日高川を訪ねて- | トップページ | 松山からの離島航路・瀬戸内海に浮かぶ中島へ-沖に浮かぶ島々とダッシュ島- »

2015年5月18日 (月曜日)

JR四国の観光列車「伊予灘ものがたり」ー大漁旗で出迎えと国鉄時代の伊予上灘駅-ほか

愛媛県、JR予讃線にある伊予上灘駅。松山市から西へ進むと、山が海に迫る直線的な海岸が続くようになり、目の前に広がる伊予灘は瀬戸内海としては珍しく、ほとんど島の姿が見えない海域となります。JR予讃線の特急列車は難所となるこの区間を避けて、1986年(昭和61年)に新たに開業した中山・内子経由の別線で運転されており、海岸経由(伊予長浜経由)の予讃線は、普通列車が1日数本走るだけの路線となってしまいました。

Up15050401

その伊予上灘駅です。現在は伊予市と合併しましたが、ここは旧双海町の玄関となる駅。隣の下灘駅は、海を臨むホームの写真が、よく青春18切符のポスターにも使用されており、青春18切符好きの方にも有名な駅となっています。

Up15050404

伊予上灘駅のホームです。正面に見える特徴的な三角形の山は、地元では有名という本尊山(ほぞんさん)。松山方面への普通列車は、10時35分の次は13時05分までありません。そして、もうすぐ大洲方面(12時19分発)の普通列車が来る時間ですが・・・。

Up15050402

しかし、本日は様子が違います。駅には「ようこそ しずむ夕日が立ちどまる町 双海町へ」の案内を持った方が。

Up15050403

そして旗を持った方も、やってきました。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up15050405b

というのも、本日は観光列車「伊予灘ものがたり」の運転日。2014年7月から土日祝を中心に運転されている、JR四国初となる観光列車です。いつもは近くの道の駅で地元名物「じゃこ天」を売っているそうですが、この列車が来る時間だけ、お土産販売、そして見送りのために駅に来るのだそう。この旗は、地元のものかと思いそうですが、実は福井県から頂いたものだそうです。本日(訪問日)は、ゴールデンウィークのため応援の人が集まらず、2人だけで列車を迎えることになってしまったとか。親切に、いろいろと解説して頂けました。ありがとうございました^^

Up15050406

と、話をしていたら、踏切の音が。「ああ、来たわ~」と慌てて駆け出しました。

Up15050407

そして、旗振りの位置へ。良かった、間に合いました。大洲方面から「伊予灘ものがたり」が、ゆっくりとその姿を見せました。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up15050408b

汽笛ならぬ、音楽を流しながら入線。一生懸命、出迎えの旗振りです。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up15050409b

そして、歓迎の案内も。1日数本の駅ホームが、この時だけは華やかなムードに変わりました。ここ伊予上灘駅で、ゆっくり停車し、出迎えがあるのは、この双海編の便だけ。

Up15050410

そして、乗客も降りてきました。

Up15050411

「伊予灘ものがたり」は、全席グリーン指定となっていますが、普通列車の扱いのため、伊予大洲-松山で乗車料金は2,000円ほど。

Up15050412

車両はキハ47の改造で、キロ47となっています。松山から伊予大洲を1往復した後、再び松山から八幡浜を1往復する運用となっており、片道ずつ全4パターンで、それぞれ趣向を凝らした旅が楽しめるという列車です。

Up15050413

そして12時19分発の、宇和島行き普通列車も入線。

Up15050414

伊予上灘駅には、跨線橋がありません。普通列車からの乗客は、線路上の通路を通って改札へ。ローカルな駅が、観光列車と普通列車の乗客で、大変賑やかになりました。

Up15050416

出迎えの旗振りをしていた方も、今度は「じゃこ天」販売に、忙しそうです。本当は土産物の販売もあるとのことですが、本日は人出不足のため、無理となってしまったとのこと。

Up15050420

駅には、その旨の案内も出ていました。手書き文字が、いいですね。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up15050417b

そして、出発時間が近付いてきました。

Up15050418

今度は、見送りです。音楽を鳴らしながら、出発。

Up15050421

今回は見物だけでしたが、またいつか乗ってみたいと思います。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up15050419_2

再び、旗を振る中、ゆっくりと列車は去っていきました。

Up15050422

伊予灘に面した旧双海町を行く、海岸経由の予讃線。優等列車が走らなくなって久しいですが、新たな観光列車の登場で、華やいだ雰囲気の伊予上灘駅でした。

★おまけです★

ここから、昔の(貴重な?)秘蔵写真を少しだけ。

Up15050431

こちらは1986年10月5日、キハ185系特急「しおかぜ」の安全祈願(宇和島駅)の写真です。キハ185系特急気動車は、四国向けの新型特急車両として1986年11月から運転を開始しました。まだJRではなく、国鉄時代となります。

Up15050432

この日は、松山-宇和島間を1往復。すでに内子経由の新線は開業していたため、内子経由で運転され宇和島駅に到着した後、安全祈願が行なわれました。写真は、宇和島駅に停車中の特急「しおかぜ」安全祈願列車。

※一般ではあり得ないアングルからの写真が続きますが、これらは全て許可の上、撮影されたものです※

Up15050433

キハ185系特急「しおかぜ」安全祈願列車は、宇和島駅を出ると、復路は海岸回りの予讃線へ。写真は伊予長浜駅に停車中の同列車。

Up15050434

内子経由の新線は開業済みのため、優等列車の走らなくなって久しい伊予長浜経由に、久々の特急列車運転となりました。キハ185系特急列車が、この区間を走った貴重な瞬間です。海岸回り線内の停車駅は伊予長浜、下灘、伊予上灘でした。

Up15050435

そして、伊予上灘駅に停車。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up15050436b

そして、伊予上灘駅と普通列車。国鉄時代の伊予長浜経由の予讃線と、キハ185系特急「しおかぜ」安全祈願、特別運転の模様でした。

★廃線跡と鉄道関連は、こちらもどうぞ★

紀伊半島(三重県)の山中、坑道跡を行く異色のレールマウンテンバイク-瀞流荘駅から湯ノ口温泉駅へ-

旧国鉄五新線(阪本線)を訪ねて【第一部】

クリスマス寒波で大雪の山口路-復興祈願のSLクリスマス号-

西宮市に残る日本最古の「ねじりまんぽ」と謎の貨物線ー近代化への痕跡ー【序章】

幻の新幹線計画(大阪-神戸)-闇に消えた弾丸列車構想-【第一章】

往年の名車から最新のリニアまで-JR東海のリニア・鉄道館-

しあわせランド四国-坊っちゃん列車と旧内子線-

愛媛県内子町に消えた盲腸線、内子線-過去への招待-

六甲山に眠るロープウェイ駅の廃墟-幻の六甲登山ロープウェイ-

休止から70年-いまだに痕跡を残す国鉄有馬線を訪ねて-

市街地に残る鉄の道-姫路市・飾磨港線-

鍛冶屋線の廃線跡サイクリング【前編】-西脇市⇔鍛冶屋26.4km-

鍛冶屋線の廃線跡サイクリング【後編】-思い出の鉄路とともに-

廃線跡ハイキング-テーマパークに消えた桜島線-

廃線跡ハイキング・福知山線支線、尼崎港線

横浜臨港線から山下臨港線を訪ねて

廃線跡ハイキング・神戸臨港線

Iso4zblog_2ブログトップページはこちら

« 日本一のミニ私鉄だった紀州鉄道に残る廃線跡-西御坊-日高川を訪ねて- | トップページ | 松山からの離島航路・瀬戸内海に浮かぶ中島へ-沖に浮かぶ島々とダッシュ島- »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449627/60036667

この記事へのトラックバック一覧です: JR四国の観光列車「伊予灘ものがたり」ー大漁旗で出迎えと国鉄時代の伊予上灘駅-ほか:

« 日本一のミニ私鉄だった紀州鉄道に残る廃線跡-西御坊-日高川を訪ねて- | トップページ | 松山からの離島航路・瀬戸内海に浮かぶ中島へ-沖に浮かぶ島々とダッシュ島- »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ