ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 春の福山・鞆の浦から玉野・渋川海岸へ-流星ワゴンのロケ地を訪ねて- | トップページ | 斑鳩の里の美味しいパン屋さん-あるちざん- »

2015年4月23日 (木曜日)

運行再開から数か月-春を迎えた信楽高原鐵道-ほか

2013年(平成25年)9月、台風による大雨で橋梁が流されるなど、大きな被害を受け、長く運休が続いていた、信楽高原鐵道ですが、2014年(平成26年)11月29日に運転を再開しました。運転再開から4ヶ月あまり。春の信楽高原鐵道を訪れてみました。

★↓写真をクリックすると、拡大表示します↓★

Up15041101b_2

ということで4月11日、信楽高原鐵道、雲井駅です。標高が高く、内陸にある分、桜はちょうど見頃を迎えていました。やってきたのは、特別展「北欧スウェーデンの動物のやきもの リサ・ラーソン展」に合わせて運転されている「マイキー・トレイン」です。6月7日までの運転。

Up15041102

乗客は、まばら・・・。

Up15041103

のどかな風景が、車窓を流れていきます。

Up15041104

信楽焼のたぬきと共に、駅ホームに掲げられている看板。

Up15041105

運行再開を祝うものもありました。

Up15041106

そして、終点「信楽駅」に到着。

Up15041107

駅前には名物の「大たぬき」が、まさかのセーラー服姿で、お出迎え。冬は、サンタクロースの格好をしていましたし、面白いですね。

Up15041108

まさかのセーラー服と徳利^^;

Up15041109

信楽駅で、線路は途切れます。

Up15041110

しかし線路が途切れてからも、少しだけ空き地が西へと続いていました。信楽高原鐵道の前身は、国鉄の信楽線。特定地方交通線、第一次廃止対象線に指定され、1987年(昭和62年)7月に第三セクター鉄道として移管され、現在に至っています。ちなみに1987年(昭和62年)は国鉄が分割民営化されJRが発足した年。4月から7月のわずか3ヶ月ですが、JRとして営業した期間がありましたので、正確にはJR信楽線が前身とも言えます。

Up15041111

近くにはレールを使用した、簡易的な橋も。信楽線は、関西本線の加茂駅まで至る延伸構想もあったようですが、今となっては遠い過去の話ですね。

Up15041112

満開となった桜が美しい、信楽駅前でした。

Up15041113

そして、復路。団体が入ったのか、信楽発、貴生川行きの列車は満員御礼となっていました。

★↓写真をクリックすると、拡大表示します↓★

Up15041114b

満開の桜と信楽高原鐵道。再び雲井駅です。

★↓写真をクリックすると、拡大表示します↓★

Up15041115b

そして復旧した杣川(そまがわ)橋梁。

★↓写真をクリックすると、拡大表示します↓★

Up15041116b

信楽の里の足として再び。復活した、信楽高原鐵道でした。

Up15041117

一方、ところ変わって、こちらは滋賀県守山市にある、複合商業施設「ピエリ守山」です。実はこのショッピングモールは、いったん2014年2月に閉鎖され、同年12月に再オープンしたもの。

Up15041118

店内の撮影は禁止となっているため、外観だけですが、多くの専門店が入っており、この日も多くの買い物客で賑わっていました。

Up15041119

しかし、この「ピエリ守山」が、ある意味有名だったのは、実は閉鎖前。写真は、閉鎖前のピエリ守山です。巨大なショッピングモールでありながら、店舗の閉鎖が相次ぎ、閉鎖前は、ほとんど営業している店がない状態に。最後は、ペットショップと喫茶店、そして宝くじ売り場など、3~4店舗まで減り、店内はほぼ廃墟状態となっていました。そのため「廃墟モール」とか「明るい廃墟」とか、様々な呼び名で紹介されることに。

Up15041120

こちらも閉鎖前、見渡す駐車場。ほとんど車の姿は、ありません。閉鎖された店舗ばかりが続くショッピングモールは、その巨大なスペースだけに、歩いていても不思議な感覚に。

Up15041121

そして、同地点の現在です。車は満車。まさに月とスッポン、雲泥の差となりました。屋上まで、ほぼ満車状態で、変われば変わるものですね。

Up15041122

こちらは、閉鎖前のピエリ守山。

Up15041123

同地点の現在です。

Up15041124

廃墟モールから生まれ変わった、盛況のピエリ守山でした。

★信楽ほか、滋賀県の話題は、こちらもどうぞ★

桜ほころぶ信楽の里-復旧を待つ信楽高原鐡道-

春を告げるセツブンソウとザゼンソウ-米原市から近江今津へ-

復旧を目指す信楽高原鉄道-信楽焼の里の窯元めぐり-

猛暑の大津市内歴史散策-石山寺と三井寺-

多賀大社の古例大祭(多賀まつり)と滋賀県警のパトカー電車

雨に沈む春の近江路-10万本のチューリップと世界一の観覧車-

近江長浜の盆梅展

過ぎ行かぬ夏。琵琶湖の夏。

2010年初詣 多賀大社【滋賀】

Iso4zblog_2ブログトップページはこちら

« 春の福山・鞆の浦から玉野・渋川海岸へ-流星ワゴンのロケ地を訪ねて- | トップページ | 斑鳩の里の美味しいパン屋さん-あるちざん- »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449627/59714673

この記事へのトラックバック一覧です: 運行再開から数か月-春を迎えた信楽高原鐵道-ほか:

« 春の福山・鞆の浦から玉野・渋川海岸へ-流星ワゴンのロケ地を訪ねて- | トップページ | 斑鳩の里の美味しいパン屋さん-あるちざん- »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ