ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 淡路島の南に浮かぶ兵庫県最南端の島-春迫る沼島へ【前編】- | トップページ | 桜咲く春の山陽路-神戸から岡山、そして広島へ- »

2015年3月29日 (日曜日)

淡路島の南に浮かぶ兵庫県最南端の島-春迫る沼島へ【後編】-

淡路島の南に浮かぶ沼島。周囲10kmもない小さな島ですが、淡路島と旅客船だけが結んでいる島には、業務以外の車の姿はほとんどなく、時を止めたような島の風景が広がっていました。島の中心部から、更に南へ。前編からの続きです。

★↓前編の記事は、こちらをどうぞ↓★

淡路島の南に浮かぶ兵庫県最南端の島-春迫る沼島へ【前編】-

Up15032121

郵便局から、すぐ。左手に、また大きな神社が見えてきました。沼島八幡神社です。

Up15032122

階段は門までの42段と、門から本殿までの33段に分かれており、それぞれ男坂、女坂と呼ばれています。

Up15032123

創建は1436年と言われ、祭神は誉田別命(ほむたわけのみこと)。

Up15032124

海の生活と関わりの深い絵馬が奉納されており、天井には大変珍しい「逆さ羅針盤」があります。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up15032125b

境内から見る、青い海と淡路島。島の歴史を見続けて。沼島八幡神社でした。

Up15032126

と、終わりではなく、島の散策を続けます。細い路地の入り組む島内。喧騒から離れた自然の時間が流れていくよう・・・。

Up15032127

漁船を利用して、島を一周する観光遊覧(要予約)もありますが、徒歩で島の南側を目指していきます。しばらく歩くと、学校が見えてきました。

Up15032128

沼島小学校と沼島中学校です。同じ敷地、同じ入口となっており、右側が小学校、左側が中学校。

Up15032129

道端にはカタバミの花が咲いていました。

Up15032130

葉はクローバーとよく似ています。黄色い花が綺麗ですね。

Up15032131

次第に細くなる道を、さらに南へ。

Up15032132

森を抜けると、突然視界が開けました。緩やかな上り坂から、今度は急な下り坂となっており、一気に海へと降りていきます。地元の方が、軽トラックでワカメを取りに来ていました。

Up15032133

大変急な下り坂を進むと、海がもう目の前。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up15032134b

大変、荒々しい磯が続く、海岸に到着です。縞模様のある変成岩がほとんどで、独特の景観。正面左に見える大きな岩は、亀岩と呼ばれているそうです。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up15032135b

そして、注目はこちら。反対側を見ると、切り立った緑色の岩が見えました。上立神岩(かみたちがみいわ)です。高さは約30m。天の御柱とも言われ、ここはイザナギとイザナミが婚姻した場所。竜宮城の入口とも言われており、神話の世界にも登場する、神聖な場所となっています。

Up15032136

そして注目すべきは、この上立神岩、中央部の凹み。見事なハートマークとなっていました。今は全国で、恋人の聖地やパワースポットなどが流行し、多くの案内板や標識が建てられ、観光名所と化している所も多いようです。そんな流行とは無縁のような静かな島ですが、ここは正に壮大なパワーを秘めた聖地なのかも知れません。

Up15032137

この先は、広大な太平洋。島の南に、もう陸の姿はありません。

Up15032140

そして再び、島の中心部に戻ってきました。

Up15032139

日本神話「国生み神話」で、最初に出来たとされる淡路島。その神話の舞台が、その南に浮かぶ沼島にも伝わっていました。

Up15032138

早くも咲き始めていた桜の花。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up15032141b

桜前線も、ここから兵庫県内をスタートですね。

Up15032142

そして、帰り。

Up15032143

再び旅客船で、淡路島へ。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up15032144b

淡路島の南に浮かぶ小さな島・・・日本国生み神話の舞台を今に伝え、美しい自然と、そこに暮らす人々の姿を見た、沼島の旅でした。

★おまけです★

Up15032145

そして、その日の日没です。淡路島より。鏡のような瀬戸内海に、日が落ちていきます。

Up15032146

撮影日は、ちょうど春分の日。絶景の夕景でした。

★↓淡路島の話題は、こちらもどうぞ↓★

日本最大級の温室-夕暮れの奇跡の星の植物館-

お線香の一大産地、淡路島-薫寿堂の工場見学-

淡路島の周遊ドライブ-イングランドの丘は無料開放-

さようなら明石淡路フェリー(たこフェリー)。-明石海峡の航路は運休へ-

Iso4zblog_2ブログトップページはこちら

« 淡路島の南に浮かぶ兵庫県最南端の島-春迫る沼島へ【前編】- | トップページ | 桜咲く春の山陽路-神戸から岡山、そして広島へ- »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449627/59436417

この記事へのトラックバック一覧です: 淡路島の南に浮かぶ兵庫県最南端の島-春迫る沼島へ【後編】-:

« 淡路島の南に浮かぶ兵庫県最南端の島-春迫る沼島へ【前編】- | トップページ | 桜咲く春の山陽路-神戸から岡山、そして広島へ- »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ