ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 秋の摩耶山登山-上野道で摩耶山掬星台へ- | トップページ | 2014年、第2回シム記念・摩耶登山マラソン大会 »

2014年12月 5日 (金曜日)

福知山線(生瀬-武田尾)廃線跡ハイキング2

2009年10月に福知山線の旧線跡(生瀬-武田尾)を訪れ、歩いている人の多さに驚いてから、早くも5年。関西一とも言える程の、廃線跡観光(?)ハイキングスポットと化していた、福知山線の廃線跡を、5年ぶりに訪ねてみました。

★↓2009年の時の記事は、こちらをどうぞ↓★

廃線跡探訪ハイキング 福知山線(生瀬-武田尾)

Up14113001

ということで、福知山線(愛称・JR宝塚線)の生瀬駅に到着。5年前と風情は、ほとんど変わっていません。福知山線の廃線区間への入口は、まだ少し先ですが、ここから川沿いに、国道を歩いていきます。

Up14113002

駅から国道へ出ると、すぐに複線の現在線から、単線の旧線が分かれているのが分かります。手前の橋が、旧福知山線の廃線跡。

Up14113003

続いて、国道176号線から左へと県道51号線が分岐しますが、この部分は、交差点部分の道路を拡幅する工事が進められており、旧線跡ギリギリまで山が削られていました。

Up14113004

削られた斜面の向こうに、旧福知山線の城山隧道(62m)が見えました。コンクリートで補強されています。トンネルぎりぎりまで削ったことが分かります。

Up14113005

しばらく国道沿いに歩いて、振り返ると、またトンネルの坑口が見えました。当田隧道(209m)です。

Up14113006

そして中国自動車道の巨大な橋の下をくぐった地点で、国道右側から下を見ると、目的の廃線跡が見えました。国道から、廃線跡へと降りる舗装道路がありますので、接近は簡単。

Up14113007

廃線跡には入りました。来た方向を振り返ります。

Up14113008

そして、福知山線廃線跡のウォーキング開始。

Up14113009

前回と同じ、警告板が見えてきました。廃線跡区間のため、一切の責任を負わない旨が書かれています。

Up14113010

渓谷に沿って、進みます。

Up14113011

武庫川を見下ろす、美しい区間。鉄道橋の跡が、非日常の世界へといざなうかのよう・・・

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up14113012b

廃線跡をたどって。

Up14113013

そして北山第一トンネル(318m)に到着。トンネルは改良のため後から掘られたもので、トンネル右側にも廃線跡が続いていますが、柵がしてあり立入禁止となっています。15年ほど前に訪れた時には、柵はなく通過可能でしたが、がけ崩れの痕跡が何ヶ所かあり、道床が失われている部分がありました。

Up14113014

何人もの人とすれ違いながら、北山第一トンネルを抜けました。内部は照明はなく、真っ暗のため懐中電灯は必須となります。漆黒のトンネルをのぞく人々。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up14113015b

そんな暗いトンネルの多い廃線跡ですが、老若男女、訪問者は相変わらず多く、まさに不動の人気。

Up14113016

枕木と、落ち葉を踏みしめて。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up14113017b

次の北山第二トンネルです。全長413mでカーブしているため、とても長い間、漆黒の闇が続きます。煤けたトンネルは怪しさ満点。

Up14113018

当時の「待機禁止箇所」を示す標識が残っていました。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up14113019b

この区間の開通は明治32年(1899年)のため、トンネルも明治時代の建築ということになります。100年以上前の真っ暗なトンネルに、何のためらいもなく次々と入っていく人たち・・・シュールな光景ですね。

Up14113020

北山第二トンネルを過ぎると、明るい区間が続きます。

Up14113021

途中にロックシェルターがありました。

Up14113022

近くには、コンクリート製に混ざって、古いレンガ製の擁壁(ようへき)も残っていました。苔むしていく姿が、ここに流れた歳月を感じさせます。

Up14113023

廃線跡に残る24キロポスト。福知山線が東海道本線と分かれる尼崎駅からの距離を示しています。

Up14113024

溝尾滝トンネル(149m)を抜けると、全長275mの旧第二武庫川橋梁です。

Up14113025

無骨ながら美しい、曲弦トラス橋。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up14113026b

橋を渡ると長尾第一トンネル(307m)を抜けます。このトンネルは、枕木がないだけでなく、バラスト(砂利)も少なく、一番歩きにくい状態となっていました。

Up14113027

そして、歩いて行くと、前方にがけ崩れの場所が。上を越えて、通れるようになっていましたが、修復されるのかは、よく分かりません。

Up14113028

あと100m前後の短いトンネルが2ヶ所ありますが、公園としても整備された区間となり、現在の武田尾駅が近付いてきます。

Up14113029

ハイキングコース入口の案内を見て、舗装道路へ。

Up14113030

旧武田尾駅前に到着です。ここから現在の武田尾駅までは、もうすぐ。大変多くの人とすれ違いながら、近代産業遺産とも言える価値も感じた、5年ぶりの福知山線旧線、生瀬-武田尾のハイキングでした。

★廃線跡と鉄道関連は、こちらもどうぞ★

旧国鉄五新線(阪本線)を訪ねて【第一部】

クリスマス寒波で大雪の山口路-復興祈願のSLクリスマス号-

西宮市に残る日本最古の「ねじりまんぽ」と謎の貨物線ー近代化への痕跡ー【序章】

幻の新幹線計画(大阪-神戸)-闇に消えた弾丸列車構想-【第一章】

往年の名車から最新のリニアまで-JR東海のリニア・鉄道館-

しあわせランド四国-坊っちゃん列車と旧内子線-

愛媛県内子町に消えた盲腸線、内子線-過去への招待-

六甲山に眠るロープウェイ駅の廃墟-幻の六甲登山ロープウェイ-

休止から70年-いまだに痕跡を残す国鉄有馬線を訪ねて-

市街地に残る鉄の道-姫路市・飾磨港線-

鍛冶屋線の廃線跡サイクリング【前編】-西脇市⇔鍛冶屋26.4km-

鍛冶屋線の廃線跡サイクリング【後編】-思い出の鉄路とともに-

廃線跡ハイキング-テーマパークに消えた桜島線-

廃線跡ハイキング・福知山線支線、尼崎港線

横浜臨港線から山下臨港線を訪ねて

廃線跡ハイキング・神戸臨港線

Iso4zblog_2ブログトップページはこちら

« 秋の摩耶山登山-上野道で摩耶山掬星台へ- | トップページ | 2014年、第2回シム記念・摩耶登山マラソン大会 »

コメント

自分は武田尾から生瀬に歩いたことがあります。
懐中電灯を持ってなくてカメラのフラッシュを何度かたいて
それは困りました(笑)

まさるさん、こんばんは。
私も初訪問の時、懐中電灯を持たずに行ったので、参りました。
暗いトンネルを手探りで進みましたが、時々、懐中電灯を持った訪問者が、前方から歩いてきてくれたので、その光を目指して歩きながら、無事に突破出来ました。
正式に遊歩道として整備した方がいいのか、このままがいいのか…難しいところですね…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449627/58177206

この記事へのトラックバック一覧です: 福知山線(生瀬-武田尾)廃線跡ハイキング2:

« 秋の摩耶山登山-上野道で摩耶山掬星台へ- | トップページ | 2014年、第2回シム記念・摩耶登山マラソン大会 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ