ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 台風通過の神戸-雨の1日と芸術の秋【作品紹介】- | トップページ | 敦賀まで全線開通した舞鶴若狭自動車道-中国道と北陸道を直結- »

2014年10月22日 (水曜日)

定期便ゼロの不思議な空港-福井県、福井空港-

全国各地に点在する空港、特に地方空港は、その県の、地方の玄関として重要な役割を担っています。北陸地方には、富山県に富山空港(富山きときと空港)、石川県には小松空港があり、羽田便を中心に、たくさんの定期便が就航。石川県には能登空港(のと里山空港)もあります。そんな中、仲間はずれなのが福井県・・・空港が存在しない・・・と思ったら、実は空港があるとのこと。その名も堂々の福井空港。正に県を代表するネーミングとなっています。しかし、福井空港への便は、どこの時刻表を見てもありません。そう、福井空港は1976年(昭和51年)を最後に定期便は全廃。もう40年近くも定期便のなくなった空港は、果たして現在どうなっているのか。今回は、福井空港を訪ねてみることにしました。

Up14102001

ということで、福井県の坂井市へ。福井市のすぐ隣の町で、福井市中心部からも、立派な県道が走っており、空港へのアクセスは比較的容易。ちなみに最寄駅は、えちぜん鉄道三国芦原線の西春江駅か、北陸本線の春江駅となります。

Up14102002

そして目的の福井空港の標識が現われました。立派な標識なのですが、ちょっと薄汚れており、ちょっと寂れた雰囲気・・・

Up14102003

県道29号線から交差点を曲がると、すぐに福井空港のターミナルに到着です。定期便のない空港・・・今さらですが、用のない人が入ってもいいのでしょうか・・・いえ普通は、用がないのなら、来ることもないのですが。。。^^;

Up14102004

福井空港ターミナル前です。駐車場は無料。

Up14102005

空港のターミナルビルには電気も付き、入口は開いていました。定期便はありませんが、福井空港は現在でも、ちゃんと運営されており、出入りは自由。もちろん見学でもOKです。

Up14102006

その入口には福井県や、気象庁の文字も。

Up14102007

そして、ターミナルビル1階です。もちろん航空会社のカウンターはありません。人も少なく、閑散とした雰囲気。

Up14102008

定期便はなくとも、やはり空港。飛行機の模型が飾られていました。

Up14102009

福井空港を一般利用できるとすれば、この遊覧飛行でしょうか。セスナで飛ぶ遊覧飛行の案内が出ていました。料金は1人6,500円から。全部で4つのコースがあるようです。

Up14102010

別に遊覧飛行に乗りに来た訳でもなく、ただの見学を続けます。2階には飛行場を一望できる展望デッキがありました。

Up14102011

上がると、すぐに小型機の姿が。福井グライダークラブの所属機、ロータックス・ファルケです。福井空港はグライダーの利用が盛んなことで、知られているのだとか。

Up14102012

こちらは、スーパーディモナ。

Up14102016

グライダーを曳航して飛んでいきました。2機はワイヤーでつながっています。青空に映えて、気持ちの良い光景ですね。

Up14102013

福井空港には、個人所有のセスナ機など、小型飛行機の姿も多く見えました。駐機場からの移動は「手押し」です。

Up14102015

こちらでも「手押し」。このような光景は、小型飛行機ならでは。

Up14102014

次々と離発着する小型飛行機。福井空港は規模が小さい反面、本当に飛行機を、空を、身近に感じることの出来る場所となっています。

Up14102017

そして、しばらく見ていると、それまでの小型機と違って、大きなエンジン音が聞こえてきました。

Up14102018

福井県防災ヘリコプター、ブルーアローです。福井県防災航空隊の所属で、ここ福井空港が基地となっています。

Up14102019

本日は、和歌山から帰着した様子。

★↓写真をクリックすると、拡大表示します↓★

Up14102020b

そして更に、大きなエンジン音を響かせて、もう一機、着陸してきました。

★↓写真をクリックすると、拡大表示します↓★

Up14102021b

アジア航測所属、ガルフストリームコマンダー式695型(JA8600)です。主に航空写真などを撮る飛行機ですが、航続距離は3,700kmにもなり、主力機として活躍しています。1995年から活躍しており、阪神淡路大震災では、被災状況の調査にも活躍しました。

★↓写真をクリックすると、拡大表示します↓★

Up14102022b

滑走路は、わずか1,200m。定期便廃止から長い年月が経ちましたが、福井空港は確かに現役の空港として機能していました。

Up14102023

小型飛行機の姿が楽しい、福井県の福井空港でした。

★福井県の話題は、こちらもどうぞ★

酷道(国道)157号線を訪ねて-越前大野から岐阜の根尾谷へ-【前編】

現存日本最古の鉄道トンネルと連続する明治隧道-旧北陸本線、柳ヶ瀬越えから山中越え-【前編】

現存日本最古の鉄道トンネルと連続する明治隧道-旧北陸本線、柳ヶ瀬越えから山中越え-【後編】

厳冬続く冬の北陸、越前大野へ-JR越美北線の旅-

越前大野の新そばまつり-紅葉の越前大野城-

Iso4zblog_2ブログトップページはこちら

« 台風通過の神戸-雨の1日と芸術の秋【作品紹介】- | トップページ | 敦賀まで全線開通した舞鶴若狭自動車道-中国道と北陸道を直結- »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449627/57748658

この記事へのトラックバック一覧です: 定期便ゼロの不思議な空港-福井県、福井空港-:

« 台風通過の神戸-雨の1日と芸術の秋【作品紹介】- | トップページ | 敦賀まで全線開通した舞鶴若狭自動車道-中国道と北陸道を直結- »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ