ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 六甲高山植物園の特別開園と梅の花-春を告げる花々- | トップページ | 池田動物園と京山ロープウェイ遊園(岡山スカイガーデン)跡を訪ねて »

2014年3月17日 (月曜日)

春を告げるセツブンソウとザゼンソウ-米原市から近江今津へ-

2014年3月15日土曜日。伊吹山の麓にある滋賀県米原市の大久保地区では、第5回セツブンソウふれあい祭りが開催され、貴重な自然のセツブンソウを見ようと、多くの人がカメラを手に訪れていました。

Up14031601jpg

ということで、セツブンソウ祭りの青いノボリも見える米原市大久保地区です。到着時は朝が早いせいもあってか、人出も少なめ。この日も小雪が舞い、まだ新緑にもならない季節…眠る森の中、セツブンソウは最初に春を告げる花として知られています。

Up14031602jpg

地区内には、セツブンソウの自生地へようこそ、と案内も充実。案内係の人もいて、詳しく解説を聞くこともできます。それにしても4年前に訪れた時より、PRも本格的となっており、その変貌ぶりには驚くばかり。

Up14031603jpg

元は田畑だったという場所には、遊歩道が整備され、そこには一面の白い花が咲き乱れていました・・・

Up14031604jpg

セツブンソウです。大群落となっていました。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up14031605bjpg

マクロで接写。直径は、わずか2~3cm。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up14031606bjpg

F4.0、1/500秒、ISO400、マクロ撮影です。いつもあまりレンズなどの紹介はしていませんが、こちらは、花の撮影に重宝する、愛用のニコン純正レンズで撮影。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up140316065bjpg

そして、この写真は、ちょっと風味が違うと思いますが、こちらは、かなり古いレンズを使用して撮影。1980年頃に発売されたTEFNONの80~200mmレンズです。F4.0、1/400秒、ISO800。このレンズは、開放では独特のボケ味になるのが特徴。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up14031607bjpg

近くに咲いていたスハマソウもTEFNONで撮影。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up14031608bjpg

同じスハマソウです。こちらは、いつもの純正レンズで。

Up14031609jpg

セツブンソウ祭りの会場での撮影も楽しいのですが、そこからは、近くの森の中へ。森の中で自然に咲いているセツブンソウを求めて移動します。こちらは4年前にも訪れた場所ですが、詳細については控えさせて頂きます。ご了承ください。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up14031610bjpg

森の中には、セツブンソウが今年も元気に花を咲かせていました。こちらは、セツブンソウのつぼみです。

Up14031612jpg

木の根元を、まるで取り囲むように咲くセツブンソウ。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up14031611bjpg

コケとセツブンソウの群落。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up14031613bjpg

森の中、静かに春の訪れを告げていました。

Up14031614jpg

祭り会場の群落から、訪れる人も少ない森の群落まで。

Up14031615jpg

伊吹山の麓に広がる、セツブンソウの里でした。

こちらのセツブンソウ撮影は、ころぼっくる様と久々の同行となりました。この場を借りましてお礼申し上げます^^

★セツブンソウの話題は、こちらもどうぞ★

近江長浜と春を告げるセツブンソウ(2010年3月)

Up14031617jpg

そしてセツブンソウ撮影の後は、琵琶湖沿いをドライブ。午後からは天候も安定し、春を感じさせる快適な陽気となりました。

Up14031618jpg

そして、こちらは琵琶湖の西岸、近江今津です。

Up14031619jpg

一面のザゼンソウの群落となっていました。ここは自然のザゼンソウ群生地として有名で、最寄のバス停名は、その名も「ざぜん草前」・・・そのままの名前となっています。

Up14031620jpg

これだけ生えていると、壮観ですね。

Up14031621jpg

セツブンソウもザゼンソウも、先日、六甲高山植物園の特別開園で見た花ですが、自然の群落となっているのを見ると、また違う感じに見えます。

Up14031622jpg

自然豊かな琵琶湖畔の一周ドライブでした。

★六甲高山植物園のセツブンソウは、こちらもどうぞ★

六甲高山植物園の特別開園と梅の花-春を告げる花々-

★その他、滋賀県の話題は、こちら★

復旧を目指す信楽高原鉄道-信楽焼の里の窯元めぐり-

猛暑の大津市内歴史散策-石山寺と三井寺-

多賀大社の古例大祭(多賀まつり)と滋賀県警のパトカー電車

雨に沈む春の近江路-10万本のチューリップと世界一の観覧車-

近江長浜の盆梅展

過ぎ行かぬ夏。琵琶湖の夏。

2010年初詣 多賀大社【滋賀】

Iso4zblog_2ブログトップページはこちら

« 六甲高山植物園の特別開園と梅の花-春を告げる花々- | トップページ | 池田動物園と京山ロープウェイ遊園(岡山スカイガーデン)跡を訪ねて »

コメント

いそしず 様
里山に春を告げるセツブンソウ、独特の表情を見せるザゼンソウ、今年も春が来ますね。この後は福寿草、カタクリ、桜、ツツジなど野山は一斉に自然の美しさで満ち溢れて行きます。またどこか訪れたいですね。

ころぼっくる様
こんばんは。2度目のセツブンソウ里、とても楽しかったです。ありがとうございました。厳しい季節が過ぎ、いよいよ山は生命の息吹に満ちていきますね。空気も、景色も最高で、とても癒されました。滋賀県は時々来ますので、近々、またどこかを訪れたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449627/55396750

この記事へのトラックバック一覧です: 春を告げるセツブンソウとザゼンソウ-米原市から近江今津へ-:

« 六甲高山植物園の特別開園と梅の花-春を告げる花々- | トップページ | 池田動物園と京山ロープウェイ遊園(岡山スカイガーデン)跡を訪ねて »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ