ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 災害から4ヶ月、復旧・復活運転した六甲ケーブル | トップページ | 明石周辺に乱立する鉄道計画の謎-軍事都市に消えた痕跡-【第九章】 »

2014年2月 2日 (日曜日)

【お知らせ】当ブログ内、弾丸列車構想記事の書籍化につきまして

当ブログ内で長期に渡って連載を続けている、戦前の高速鉄道計画、弾丸列車構想につきまして、この度、その内容の一部が書籍として掲載される運びとなりました。あくまで内容のみであり、文面が同じ訳でもなく、そういった意味では、このブログの書籍化ではありませんが、このブログを読んで頂いた方、またtwitterなどSNSでも交流頂いた方、そして書籍化にあたりご鞭撻を賜りました関係各所の方々に、この場を借りまして謹んでお礼申し上げます。

出版される書籍は下記の2冊です。

2014年2月1日発行 「歴史と神戸」 53巻1号(通巻302号)【神戸史学会】

2014年2月12日発売 「神戸謎解き散歩」(大国 正美編著)【新人物文庫】

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up12051718b

「歴史と神戸」は50年以上続く研究誌で、書店では販売されていません(※)。神戸史学会様の方に直接申し込みとなります。研究誌としての記事となりますので、このブログと文面は大きく違いますが、序章から第三章までの内容に沿った形で、掲載されています。

※ 神戸市内、元町の海文堂書店では販売されていましたが、昨年閉店となってしまいました。

Up12123005

一方、もう1つの「神戸謎解き散歩」は、全国書店にて発売となります。当ブログ記事の内容からは、新神戸駅の変遷についての1項目(3ページ)だけとなりますが、ブログで紹介した平野(ひらの)や、布引の地下などの話題が出てきます。下記にそれぞれの出版社のURLを載せて置きます。

↓「歴史と神戸」(申し込み先)↓

http://www.kobe-sigakukai.com/nc/htdocs/?page_id=34

↓「神戸謎解き散歩」(出版社、新刊案内)↓

http://www.chukei.co.jp/s_bunko/

それでは、改めましてブログ記事の流れを簡単に紹介しておきます。

Up12060501

日本が世界に誇る歴史ある高速鉄道、東海道・山陽新幹線。これは戦前にすでに計画されていた弾丸列車構想が母体となっています。東京-新大阪は、この構想の多くが生かされて、戦後、東海道新幹線となりましたが、新大阪以西は(土地返還要求などもあり)いったん計画を破棄。結局、白紙の状態から新たに山陽新幹線を建設することになったため、当初計画ルートは、加古川パイパスなどに転用されたごく一部の区間を除き、不明とされていました。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up12061720b

ブログ内では、その破棄された弾丸列車構想大阪以西のルートを追って、兵庫県の西宮市から、尼崎市内、新大阪駅周辺を探索。神戸市内、姫路市内も調査を進め、残った明石市周辺の調査を現在進めています。記事は現時点で下記の通りです。

西宮市に残る日本最古の「ねじりまんぽ」と謎の貨物線ー近代化への痕跡ー【序章】

幻の新幹線計画(大阪-神戸)-闇に消えた弾丸列車構想-【第一章】

よみがえる大阪-神戸の弾丸列車構想-知られざる近代化への道-【第二章】

日本最長のトンネル計画-国鉄の描いた弾丸列車構想-【第三章】

混沌と矛盾の新大阪駅-戦時下に隠された弾丸列車構想-【第四章】

阪神間の弾丸列車構想ルート完結編-そして舞台は神戸市へ-【第五章】

神戸の山中に眠る弾丸列車構想-新神戸駅と謎の軍用道路-【第六章】

ラインが結ぶ弾丸列車構想-神戸・明石建設の謎-【第七章】

神戸市内の弾丸列車建設ルートを訪ねて【第七章検証編】

姫路市内に弧を描く幻の新幹線ルート-加古川から新姫路駅へ-【第八章】

姫路市内の弾丸列車建設ルートを訪ねて【第八章検証編】

明石周辺に乱立する鉄道計画の謎-軍事都市に消えた痕跡-【第九章】

Up13032610

(昭和40年代、神戸市須磨区)

この中から分かってきたことは、弾丸列車の建設計画は大阪以西でも、かなり具体的に進められており、地域に様々な痕跡を残しているのではないか、ということでした。

Up14022205jpg

そして明石市周辺の調査も進みましたので、まもなく続編の第九章も公開できると考えています。そしてこの度、一部の内容のみではありますが、書籍として公刊されましたことは、私としては望外の喜びであり、ご協力頂いた地元の方々、読者の方々、そして支えていただいた全ての方々にお礼申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。今後とも、よろしくお願い致します。

2014年2月吉日 いそしず

Iso4zblog_2ブログトップページはこちら

« 災害から4ヶ月、復旧・復活運転した六甲ケーブル | トップページ | 明石周辺に乱立する鉄道計画の謎-軍事都市に消えた痕跡-【第九章】 »

コメント

 こんばんわ。

書籍化なんて、やっぱり、冴えた説得力のある文章は、さすがですね。

いそしずさん。
出版おめでとうございます。ますますのご活躍を期待してます。早速読ませて頂きます。

いそしずさん、こんばんは。

書籍化、すごいです!
おめでとうございます。
日頃のタイムリーなテーマ選定、するどいつっこみ、すばらしい文章力や写真、またそれらの継続のたまものと思います。
いずれはブログの書籍化も実現されるのではと思います。
今後のさらなるご活躍を期待しております。

いそしず 様
こんばんは、書籍化おめでとうございます。プライベートなフォトブックは何冊か作りましたが、テーマに沿った書物はすばらしいですね。書店で買い求めたいと思います。

南太郎様、六甲山人様、ちゅた様、ころぼっくる様

ありがとうございます。
どちらも、この内容を基本としていますが、別の文章としてまとめていますので、少し雰囲気が違うかとは思います。最初は歴史探索など分不相応とも考え、またこのようなテーマをブログで書いていくのも迷った部分もありましたが、このブログのテーマである「散策」に重きを置き、資料的な検証よりも実地を見ること、そして逆にそれを続けたことで、今回の掲載につなげることが出来たのかも知れません。
これを機会に、また新たな事実が判明し、幻と消えた戦前の計画の一端が少しでも明らかになればと思います。本当にありがとうございました。今後とも、よろしくお願い致します^^

いそしず 様
今日 発売日ですね! 買いましたよ!

大盛りさん、お久しぶりです。こんばんは。
「神戸謎解き散歩」は発売日を過ぎましたが、神戸市内の書店では、かなりアピールして売っているのが確認できました。このシリーズは各県に出ているせいか、周辺の市になると、あまり在庫がないようですね。尼崎市内の書店では神戸よりも大阪府謎解き散歩の方をアピールしているようです・・・
やはり尼崎は「大阪」なのかな^^;

はじめまして。
謎解き散歩を読んでこちらにたどり着きました。
平野に新神戸駅?!と驚きましたが、綿密な分析、恐れ入りました。

私は自転車に乗るのが趣味でして、特に鉄道、街道の痕跡をたどりながら走るのが好きです。
そんな時、『今昔マップ2』という埼玉大学の先生が作られた新旧地形図比較出来るフリーウェアを使って、旧街道の街並みや廃線を探しています。
http://ktgis.net/kjmap/index.php

以前お書きになっていた、夙川辺りの国鉄の引き込み線跡も、昔は鐵道省の官舎があったことが分かります。

調査の役にたつのでは……と紹介させて頂きましたが、ご存知でしたらご容赦下さい!

では、今後も調査結果を楽しみにしてます。

calcuttaさん、こんにちは。
はじめまして。コメントありがとうございます^^

「神戸謎解き散歩」を読んで頂き、またブログにも訪問頂きまして、ありがとうございました。神戸謎解き散歩では、文字数制限もあり、詳細な内容を書くことはできませんでしたので、こちらの記事を見て頂き、大変嬉しく思います。おかげさまで、明石周辺についても、このほどルートを確定させることが出来ました。大阪-姫路間の全体像は、そう遠くないうちに、当ブログ上で公開できると考えています。

弾丸列車のルートは、一種の未成線探索のような感じで、その行程は、大変楽しいものでした。この勢いで姫路-岡山も明らかにしたいところですが、現時点では正直難しい部分があると考えています。

埼玉大学の先生が作られたという「今昔マップ」、興味深く拝見致しました。情報、ありがとうございます。私も、昔の地図を見ながら、鉄道跡や道路跡、そして時代の変遷を追うのが、とても大好きです。サイクリングも好きですので、廃線跡サイクリングも、今後増えていくと思います。

今後とも、よろしくお願い致します^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449627/54836068

この記事へのトラックバック一覧です: 【お知らせ】当ブログ内、弾丸列車構想記事の書籍化につきまして:

« 災害から4ヶ月、復旧・復活運転した六甲ケーブル | トップページ | 明石周辺に乱立する鉄道計画の謎-軍事都市に消えた痕跡-【第九章】 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ