ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 2014年、西宮神社の十日戎-宵えびすとのこり福- | トップページ | 災害から4ヶ月、復旧・復活運転した六甲ケーブル »

2014年1月19日 (日曜日)

2014年の登り初め-禅昌寺から高取山を経て長田神社へ-

今年も新年から寒い日が続いています。風邪などで体調も崩しやすい時期ですが、1月18日は登り初めとして高取山へ。今回は、これまで登ったことのない禅昌寺からの登山道で山頂を目指すことにしてみました。

Up14011801

ということで、板宿駅から少し北にある禅昌寺バス停前です。高取山への登山道としては、ここから更に北にある妙法寺小学校前から、有名な六甲全山縦走路がありますが、禅昌寺からの登山道は、登山口への案内標識もありません。まずはバス停名にもなっている近くの禅昌寺へ。

Up14011802

バス停から東へ。妙法寺川にかかる橋を渡って坂道を登ると、すぐに禅昌寺に到着です。禅昌寺は室町時代からという古い歴史を持った寺ですが、禅を重んじる臨済宗のお寺のためか境内は大変静か。人の気配はありませんでした。高取山への登山道は、ここからではなく、妙法寺川沿いに北へ少し行ったところ。橋のところまで戻ります。

Up14011803

そして、妙法寺川の東側に沿う道を北へ。ここは以前、萩の寺から高取山へと登る旧六甲全山縦走路探索でも訪れた道。

★萩の寺から高取山へ、旧六甲全山縦走路はこちらもどうぞ★

神戸市須磨区、萩の寺から高取山へ-幻の旧六甲全山縦走路-

Up14011804

そして禅昌寺から北へ少し。案内標識はありませんが、このお地蔵様の場所が、今回の高取山への登山道入口です。この写真は禅昌寺方向を振り返って撮影。禅昌寺側から来ると死角になり、見落としやすいのでご注意下さい。

Up14011805

住宅地の坂道を登っていきます。

Up14011806

道はすぐに山道となりました。森林を抜ける快適な登山道です。

Up14011807

登山道脇には、ヤマツツジが数輪だけ花を咲かせていました。狂い咲きでしょうか。本日の神戸の最高気温は1ケタの8℃・・・春が待ち遠しいですね。

Up14011808

森を抜けると、道は次第に急斜面の岩場となってきました。そして巨大な鉄塔が目の前に迫ってきます。

Up14011809

鉄塔の真下を通過して、更に上へ。

Up14011810

須磨アルプスのような花崗岩の尾根筋となりました。さえぎる物のない尾根線上は、風が強く、北から冷たい風が吹き付けてきます。

★↓写真をクリックすると、拡大表示します↓★

Up14011811b

しかし展望は最高。荒れた岩肌と立ち枯れた木の向こうに、神戸市街地のビルが見えました。山と都会が隣り合わせ。

Up14011812

こちらは北方向です。山の上に築かれた須磨の住宅街が見えました。

Up14011813

急坂の多い岩場を抜けると、再び森の中へ。しばらく急坂を頑張ると、道はいったん平坦となり、最後に少しだけ登りを頑張ると、荒熊神社の下で六甲全山縦走路と合流です。

Up14011814

高取山は、西半分が須磨区、東半分が長田区となっており、荒熊神社は須磨区側の山頂に建つ神社です。

Up14011815

荒熊神社の境内には三等三角点があり、ここの標高は312.8m。

Up14011816

しかし神社本殿からすぐ上にあるテレビ塔横には、明治時代計測の三角点が。こちらの標高は319.9mとなっていました。

Up14011817

そして荒熊神社から緩やかな山頂の道を東に行くと、長田区に入って、今度は高取神社へ。

Up14011818

こちらの標高は328.8m。いつもは登山道をそのまま通過しがちですが、上まで登ると、こちらも展望は素晴らしいの一言。

Up14011819

神戸市街地を眼下に見下ろします。

Up14011820

寒い1日となりましたが、ネコはベンチで日向ぼっこ。

Up14011821

そして下山。高取山から長田神社方面へと下っていきます。途中には、毎朝6時30分、誰でも自由に参加できるラジオ体操広場がありました。

Up14011822

途中のベンチで一休み。

Up14011823

そして市街地へ向けてラストスパート。

Up14011824

神戸珈琲物語のお店の前に、無事に到着です。

Up14011825

高取山の登山は無事に終了しましたが、本日は、そのまますぐ近くの長田神社へ。

Up14011826

本日は人の姿も少なく閑散としていましたが、境内には古式追儺式神事や各種祈祷など受付の案内も。

★長田神社の古式追儺式神事は、こちらをどうぞ★

神戸の節分、古式追儺式神事-神戸市長田区の長田神社-

Up14011827

節分も近いので、厄除けしていきます。こちらは割符。住所、氏名を書き、息を吹きかけ厄を移して割るというもの。

Up14011828

長田神社は「KOBE七福神」の1つともなっており、専用の色紙や朱印帳などを用いてまわることができます。七福神めぐりの模様は、また別の機会に。2014年、無病息災を祈って。登り初めの高取山から長田神社でした。

★神戸の話題は、こちらもどうぞ★

【神戸】の地域ネタ一覧(新しい記事順に表示します)

Iso4zblog_2ブログトップページはこちら

« 2014年、西宮神社の十日戎-宵えびすとのこり福- | トップページ | 災害から4ヶ月、復旧・復活運転した六甲ケーブル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年の登り初め-禅昌寺から高取山を経て長田神社へ-:

« 2014年、西宮神社の十日戎-宵えびすとのこり福- | トップページ | 災害から4ヶ月、復旧・復活運転した六甲ケーブル »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ