ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 越前大野の新そばまつり-紅葉の越前大野城- | トップページ | 石川県白山市鶴来町を訪ねて-獅子吼高原と白山比咩神社- »

2013年12月 7日 (土曜日)

北陸鉄道石川線【鶴来-加賀一の宮】の廃線跡を訪ねて

石川県白山市。2005年(平成17年)に元の松任市を中心として合併により新たに誕生した市で、合併した町の1つである元の鶴来(つるぎ)町には、加賀を代表する加賀國一宮「白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)」があります。そして、金沢方面と元鶴来町を結ぶ鉄道が、北陸鉄道石川線で、元々「加賀一の宮」駅まで運転されていましたが、2009年(平成21年)11月に、鶴来駅から加賀一の宮駅までの区間2.1kmが廃止されました。廃止から、ちょうど4年。廃線跡の様子を見に、北陸鉄道鶴来駅に向かってみることにしました。

Up13112401

ということで、北陸鉄道石川線の終着駅、鶴来駅です。北陸鉄道は、かつて石川県内、特に北陸本線各駅から分岐するように大変多くの鉄道路線を有していましたが、現在はこの石川線と浅野川線の2路線を残すのみ。特に石川線、能美線、金名線は石川総線とも呼ばれた基幹路線でした。それでは、ここ鶴来駅から加賀一の宮に向かって出発です。

Tsurugi01a

鶴来駅からの地図(図1)です。鶴来駅前には、白山市鶴来支所があり、ここで「おししサイクル」というレンタサイクルを借りることができます。レンタサイクルと言っても、実は無料。廃線散策に・・・いえ、市内散策に大変便利ですね。

Up13112402

1番地点です。鶴来駅から先も急カーブで線路が続いていますが、ここで線路は寸断。ど真ん中に電柱(架線柱)が建てられてしまっていました。

Up13112403

同地点から振り返ったところ。草だらけとなった廃線跡が、空しく左カーブしていきます。実は、ここから直進方向にも更に古い廃線跡があるのですが、それは1980年(昭和55年)に廃止された能美線の跡。この付近に本鶴来駅がありました。図1の青線部分になります。

Up13112404

そして2番地点。石川線の方は、踏切部分の線路も未だにそのまま。

Up13112405

その先に行くと、駅跡がありました。3番地点、中鶴来駅です。片面ホームの小さな駅ですが、ホームの雰囲気はまるで現役のよう。唯一、草に覆いつくされた線路が、ここにはもう電車が来ないことを伝えていました。

★↓写真をクリックすると、拡大表示します↓★

Up13112406b

しかし、同地点から加賀一の宮方向を臨むと、ホーム上まで植物に覆い尽くされようとしていました。ワンマン運転用に設置されていたと思われる鏡・・・そこに写るのは、もはや植物だけ。

Up13112407

その中鶴来駅を出ると、再び現役のような線路が復活しました。

Up13112408

しばらく廃線跡とは思えない区間が続くものの、それも4番地点まで。再び、線路は草の中に消えていきます。

Tsurugi02a

4番地点から先の地図(図2)です。

★↓写真をクリックすると、拡大表示します↓★

Up13112409b

5番地点です。まさに廃線跡といった趣き。朽ち果てていく鉄路。。。

Up13112410

その先は、完全に深い藪に覆われてしまっていました。架線柱の列がなければ、どこが線路なのかも分かりません。(6番地点)

Up13112411

そして7番地点、4年前までの終点、加賀一の宮駅跡に到着です。駅舎はそのまま残っていました。ここから加賀國一宮である「白山比咩神社」は、すぐそこ。

Up13112412

年末年始は終夜運転まで行われ、参拝客で賑わった、かつての終着駅。実は、ここから先にも1984年(昭和59年)に休止、その3年後には廃止となった金名線が伸びていました。

★↓写真をクリックすると、拡大表示します↓★

Up13112413b

金名線は、ここから更に16.8km先の白山下駅までを結んでいた路線です。石川線としての廃線跡はここまで。ここから先は廃止後からでも26年が経っている区間となります。

Up13112414

8番地点です。金名線の築堤跡が残っていました。

Up13112415

しかし、その先は立派なサイクリングロードに。金名線の路盤を利用した手取キャニオンロードとなっていました。

Up13112416

その探索は、またの機会に。白山比咩神社に参拝して帰ります。

Up13112417

最後にこちらは、もう1つの廃線跡、能美線の跡地から鶴来方向を望んだところ。1980年代に多数が消えた北陸鉄道の路線。わずかに残された2路線でしたが、2.1kmとは言え、今回新たな廃線跡が生まれてしまいました・・・。

歴史ある町並みを見ながら。北陸鉄道石川線のミニ廃線跡巡りでした。

★廃線跡、未成線関連は、こちらもどうぞ★

現存日本最古の鉄道トンネルと連続する明治隧道-旧北陸本線、柳ヶ瀬越えから山中越え-【前編】

現存日本最古の鉄道トンネルと連続する明治隧道-旧北陸本線、柳ヶ瀬越えから山中越え-【後編】

休止から70年-いまだに痕跡を残す国鉄有馬線を訪ねて-

幻の新幹線計画(大阪-神戸)-闇に消えた弾丸列車構想-【第一章】

廃線跡探訪ハイキング 福知山線(生瀬-武田尾)

旧国鉄五新線(阪本線)を訪ねて【第一部】

六甲山に眠るロープウェイ駅の廃墟-幻の六甲登山ロープウェイ-

愛媛県内子町に消えた盲腸線、内子線-過去への招待-

市街地に残る鉄の道-姫路市・飾磨港線-

鍛冶屋線の廃線跡サイクリング【前編】-西脇市⇔鍛冶屋26.4km-

鍛冶屋線の廃線跡サイクリング【後編】-思い出の鉄路とともに-

廃線跡ハイキング-テーマパークに消えた桜島線-

廃線跡ハイキング・福知山線支線、尼崎港線

横浜臨港線から山下臨港線を訪ねて

廃線跡ハイキング・神戸臨港線

Iso4zblog_2ブログトップページはこちら

« 越前大野の新そばまつり-紅葉の越前大野城- | トップページ | 石川県白山市鶴来町を訪ねて-獅子吼高原と白山比咩神社- »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449627/54171597

この記事へのトラックバック一覧です: 北陸鉄道石川線【鶴来-加賀一の宮】の廃線跡を訪ねて:

« 越前大野の新そばまつり-紅葉の越前大野城- | トップページ | 石川県白山市鶴来町を訪ねて-獅子吼高原と白山比咩神社- »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ