2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

Remember BOX

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

※お知らせ※

無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土曜日)

奥播磨の山奥に広がる不思議な町-姫路市安富町・かかしの里【後編】-

かかしの里として知られる、姫路市安富町。安富ダムの先、県道の終点に広がる集落には、案山子(かかし)とは思えない、表情豊かな人形たちが迎えてくれました。山間の集落を賑わせている、かかしたちの里へ。前編からの続きです。

★前編は、こちらをどうぞ★

奥播磨の山奥に広がる不思議な町-姫路市安富町・かかしの里【前編】-

Up13082421

こちらは、グリーンステーション鹿ヶ壺です。たくさんの案山子(かかし)が迎えてくれました。案山子(かかし)というと、田畑で野生動物から作物を守るためのものというイメージが強いので、もはや案山子の範疇を超えた存在となっている様子。それにしても、どれも素晴らしい出来栄え。

続きを読む "奥播磨の山奥に広がる不思議な町-姫路市安富町・かかしの里【後編】-" »

奥播磨の山奥に広がる不思議な町-姫路市安富町・かかしの里【前編】-

兵庫県西部、播磨地域の中心都市、姫路市。瀬戸内海に面し、また世界遺産の姫路城で有名な街ですが、市域は意外と広く、中国自動車道を越えた山間部地域まで広がっており、最北端となるのは、県道430号線沿いの安富町関地区。標高915mの雪彦山のふもとに位置し、県道も、ここで終点。この集落より北へ抜ける道はありませんので、この地区に用事がない限り、通過することもない地域となります。そんな町が、今、かかしの里として注目をあつめているそう。一路、姫路市安富町へと向かってみることにしました。

Up13082401

中国自動車道を西へ。安富地区へは山崎ICが最寄りとなります。安富PAにも、かかしが飾られており、かかしの里をアピール。ただ、かかしの里である安富町関地区は、この中国自動車道から、まだずいぶん北側。

続きを読む "奥播磨の山奥に広がる不思議な町-姫路市安富町・かかしの里【前編】-" »

2013年8月21日 (水曜日)

5年ぶりの復活野外コンサート-サザンオールスターズに沸いた神戸、ユニバー記念競技場-

前記事でも準備中の模様を取り上げましたが、2013年8月17日と18日は、神戸市須磨区の総合運動公園、ユニバー記念競技場でサザンオールスターズの野外コンサートが開催されました。5年ぶりの復活、しかも西日本唯一開催のコンサートとあって、注目度も抜群です。混雑は必至ですが・・・開催当日、2日間の模様を追ってみました。

Up13082001

こちらは、神戸市中心部から総合運動公園方面です。コンサート開始前から、周囲の道路には渋滞が発生。交通規制だけではなく、わき見渋滞も発生し、渋滞はコンサート終了まで続きました。まさに、サザン渋滞です。

続きを読む "5年ぶりの復活野外コンサート-サザンオールスターズに沸いた神戸、ユニバー記念競技場-" »

2013年8月16日 (金曜日)

5年ぶりの復活-ライブコンサート準備で厳戒の神戸市総合運動公園-

8月17日、18日の2日間、神戸市須磨区にある総合運動公園、ユニバー記念競技場で5年ぶりに活動を再開した「サザンオールスターズ」の野外ライブコンサートが開催されます。全国5ヶ所の公演で、神戸市は西日本唯一の開催となり、注目度も抜群。数万人規模の人出が予想される大規模野外コンサートですので、熱中症や雷雨などには厳重な警戒が必要となりそうです。準備も佳境となった開催前日の様子を見に行ってみました。

Up13081601

こちらは、神戸市営地下鉄の総合運動公園駅です。まだ盆休み期間中であり、またコンサート前日とあってか、閑散とした雰囲気。明日からは、大幅な増便で対応する予定となっています。

続きを読む "5年ぶりの復活-ライブコンサート準備で厳戒の神戸市総合運動公園-" »

2013年8月14日 (水曜日)

連日の猛暑-自宅で楽しむ2種類の線香花火-

2013年8月13日、引き続き日本列島を熱波が襲っています。特に高知県四万十市(の内陸の江川崎)では4日連続の40℃越えを観測、8月12日には41.0℃という日本観測史上第一位の高温を記録しました。

Up13081101

8月11日、猛暑に霞む淀川と大阪中心部。高気圧に覆われて風が弱く、また猛暑のため景色は白く霞み気味となり、すっきりとした青空ではありません。関西では、8月11日に神戸で37.2℃、8月12日に大阪で38.2℃、8月11日に京都で39.0℃と、いずれも大変な暑さとなりました。神戸の37.2℃は史上第8位、大阪の38.2℃は史上第7位、京都の39.0℃は史上第5位と、いずれも各地点の史上最高に迫る値でした。

続きを読む "連日の猛暑-自宅で楽しむ2種類の線香花火-" »

2013年8月10日 (土曜日)

猛暑、酷暑の神戸市内散歩-そごう神戸店と元町の海文堂ほか-

2013年8月10日土曜日、早い所は、もうお盆休みに入ったようで、早くも帰省ラッシュとなっているようですが、そんなお盆期間を襲いそうなのが、猛烈な暑さです。本日も各地で35℃以上の猛暑日となりましたが、高知県や山梨県では40℃を超え、もはや猛暑を通り越して、外にいるのが危険な位の暑さ。10日の最高気温は、神戸で35.8℃、大阪で36.8℃、京都では38.2℃と、関西各地でも大変な暑さとなってしまいました。

Up13081001

8月10日、正午のJR三ノ宮駅前です。すでに気温は32℃を超えていて、外は猛烈な日差し。土曜日ですし、本来は大変賑わう時間帯ですが、外を歩く人影はまばら。あまりの暑さのせいで外出を控える人も多くなっており、いつもは休憩している人なども多い駅前の「花のいずみKOBE」にも人影はありません。

続きを読む "猛暑、酷暑の神戸市内散歩-そごう神戸店と元町の海文堂ほか-" »

2013年8月 5日 (月曜日)

2013年、第66回淡路島まつり花火大会

8月に入って、花火シーズン真っ盛り。8月3日土曜日は神戸の花火大会でしたが、8月4日は、淡路島の洲本市で花火大会が開催されました。8月2日から4日まで続いていた淡路島まつりの最終、フィナーレを飾る花火大会とあって、たくさんの人が洲本市の海岸へと集まっていました。

Up13080401

8月4日午後7時30分、淡路島の洲本市です。周辺駐車場も含めて、すべて満車となっており、周辺道路は渋滞となっていました。会場周辺もかなりの混雑。人出は、かなり多そうです。淡路島は鉄道がありませんので、車で来ると停める場所に苦労することになりそうですね・・・

続きを読む "2013年、第66回淡路島まつり花火大会" »

2013年8月 4日 (日曜日)

2013年、第43回みなとこうべ海上花火大会

2013年8月3日、土曜日。今年も神戸の花火大会の日がやってきました。大変蒸し暑く、不安定な天候が続いていたものの、本日の天候は晴れ・・・相変わらずの猛暑の1日となりました。そんな厳しい暑さの続く今年の夏ですが、今回も花火を見に出かけてみることにしました。

Up13080301

こちらは、少し時を戻して7月21日の神戸港です。世界一周の航海を終え、国内クルーズで寄航中の飛鳥Ⅱの姿がありました。これから夏休みですし、豪華クルーズ船の寄航が増えそうですね。

続きを読む "2013年、第43回みなとこうべ海上花火大会" »

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »