ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 現存日本最古の鉄道トンネルと連続する明治隧道-旧北陸本線、柳ヶ瀬越えから山中越え-【前編】 | トップページ | 魅惑の石川、金沢へのドライブルート-兼六園と砂浜の道- »

2013年6月23日 (日曜日)

現存日本最古の鉄道トンネルと連続する明治隧道-旧北陸本線、柳ヶ瀬越えから山中越え-【後編】

敦賀駅を挟んで前後の区間、北陸本線の木ノ本駅から湯尾駅までの区間は、昔は柳ヶ瀬越え、山中越えと呼ばれる、鉄道の難所となっていました。新線への付け替えにより消えた、これらの旧北陸本線は、大部分が道路となりましたが、そこには鉄道時代のままのトンネルがそのまま残されていました。明治時代に完成した、古い隧道を訪ねて。前編からの続きです。

★2部構成記事です。前編はこちらをどうぞ★

現存日本最古の鉄道トンネルと連続する明治隧道-旧北陸本線、柳ヶ瀬越えから山中越え-【前編】

Hokuriku02d

こちらは敦賀駅の北側、今庄駅、湯尾駅まで続いていた旧北陸本線、山中越えの地図です。前編では6番の曽路地谷隧道(399m)を抜け、杉津駅跡まで走りましたが、今回はそこから先へ。雨の激しくなる中、今庄方面へと更に廃線跡をたどります。

Up13061530

杉津駅跡(北陸自動車道杉津PA)を出ると、まず現われたのは第一観音寺隧道(図の7番)です。全長は82mで、出口も見えているため、閉塞感はありません。

Up13061531

ポータルや下積部分は石造りで、上部はレンガ製となっています。

Up13061532

抜けるとすぐに、次のトンネルが見えてきました。

Up13061533

第二観音寺隧道(図の8番)です。照明は付いていますが、内部は少し霧がかかっていて、幻想的。カーブしていて出口が見えないため、対向車が確認できません・・・慎重に内部に入ります。

Up13061534

第二観音寺隧道の全長は310m。カーブを曲がると出口まで一直線です。

Up13061535

抜けると、すぐに次のトンネルが。

Up13061536

曲谷隧道(図の9番)です。こちらもカーブしていて、見通しが効きません。運悪く対向車が来れば、バックするしかないですね・・・

Up13061537

こちらの全長は260m。内部はカーブしたままで最後まで出口が見えません。そう長くはないトンネルですが、パッシングを繰り返し、存在を示しながらの通過は、なかなかのスリル。

Up13061538

そして、出口が見えてきましたが・・・

Up13061539

霧です。真っ白な世界になってしまいました。

Up13061540

そして霧の向こうから現われたのは、芦谷隧道(図の10番)。

Up13061541

中をのぞきますが・・・直線のトンネルなのに霧のせいで出口が見えません。吸い込まれそうな光景です。

Up13061542

このトンネルの全長は223m。途中からぼんやりと出口の光が見えてきました。

Up13061543

そして、更に霧の中から信号機付きの隧道が。

Up13061544

伊良谷隧道(図の11番)です。

Up13061545

こちらも、内部はカープ。しかも長い。。。全長は467m。信号機付きなので対向車の心配はありませんが、連続するトンネルは、本当に異次元、非日常の世界。どこかのテーマパークのアトラクションを体験しているような気分です。

Up13061546

そして、伊良谷隧道を抜けました。出口にも対向車はいません。天候のせいもあってか、杉津を出てから、ここまで1台とも出会わず、本当に静かな山道です。

Up13061547

そして、ついに現われたのが、山中隧道(図の12番)。トンネル進入時対向車注意の標識が、わざわざ掲げてありますが・・・

Up13061548

こちらの山中隧道の全長は、実に1,194m。1km以上にもなるトンネルです。暗い、長い、狭い・・・その上、本日は霧で見通しが効かない・・・1km先までの対向車を確認するなど不可能です。来ないことを信じて、突き進みます。

Up13061549

突き進むこと数分、待望の出口の光が見えました。

Up13061550

そして出口。やはり、誰もいません・・・山中越え最大、最長の隧道を抜けましたが、柳ヶ瀬隧道と同じ規模であり、このトンネルにも信号が欲しいですね。

Up13061551

抜けた場所は山中信号所の跡で、スイッチバックだった線路の跡などが残っています。ただ今回は、雨もひどいため、そのまま通過。

Up13061552

鉄道用のロックシェルターを抜け、今庄へと下っていきます。

Up13061553

谷も広がり、山を抜けたという感じがしてきました。当時、蒸気機関車が行き交った築堤の上を、快適なドライブ。

Up13061554

そして大桐駅跡(図の13番)に到着です。

Up13061555

そこからは道も広くなり、そのまま現在の北陸本線、南今庄駅へ。ここで現在の北陸本線と合流かと思いそうですが、ここはまだ合流地点ではありません。

Up13061556

旧北陸本線は、前方の山を避け、左へと迂回していました。

Up13061557

現在の北陸本線とは、今庄駅手前で合流。ちょうど、普通電車がやってきました。新型となった521系の普通電車です。

Up13061558

ということで、山中越えの旧線区間は終了しましたが、そこから先にも、廃線跡の明治時代のトンネルがあります。今庄駅から湯尾駅までの、ちょうど中間地点。

Up13061559

それが、こちら。湯尾隧道(図の14番)です。カーブがきついため、ここにも信号機が付けられていました。

Up13061560

湯尾隧道の全長は400m。ここは住宅地にあるトンネルのため、利用も多そう。

Up13061561

今回の明治隧道は、これで最後。最後のトンネルを抜けました。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up13061562b

明治期に作られた、旧北陸本線の鉄道用隧道ですが、文化財として大切に残されると嬉しいですね。

Up13061563

文明開化の明治時代に作られた、100年以上の歴史を持つ、旧北陸本線のトンネル群。それは、急峻な山並みを越えるための努力の結晶でした。

Up13061564

そして湯尾駅手前。現在の北陸本線に合流です。

Up13061565

特急が多数駆け抜ける、現在の北陸本線の改良の歴史。その苦闘の歴史を今に伝える、旧北陸本線柳ヶ瀬越え、山中越えの明治隧道でした。

★廃線跡、未成線関連は、こちらもどうぞ★

レールの上を自転車で走る!?-岐阜県飛騨市、神岡鉄道跡のレールマウンテンバイク-

休止から70年-いまだに痕跡を残す国鉄有馬線を訪ねて-

幻の新幹線計画(大阪-神戸)-闇に消えた弾丸列車構想-【第一章】

廃線跡探訪ハイキング 福知山線(生瀬-武田尾)

旧国鉄五新線(阪本線)を訪ねて【第一部】

六甲山に眠るロープウェイ駅の廃墟-幻の六甲登山ロープウェイ-

市街地に残る鉄の道-姫路市・飾磨港線-

鍛冶屋線の廃線跡サイクリング【前編】-西脇市⇔鍛冶屋26.4km-

鍛冶屋線の廃線跡サイクリング【後編】-思い出の鉄路とともに-

廃線跡ハイキング-テーマパークに消えた桜島線-

廃線跡ハイキング・福知山線支線、尼崎港線

横浜臨港線から山下臨港線を訪ねて

廃線跡ハイキング・神戸臨港線

Iso4zblog_2ブログトップページはこちら

« 現存日本最古の鉄道トンネルと連続する明治隧道-旧北陸本線、柳ヶ瀬越えから山中越え-【前編】 | トップページ | 魅惑の石川、金沢へのドライブルート-兼六園と砂浜の道- »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449627/52137472

この記事へのトラックバック一覧です: 現存日本最古の鉄道トンネルと連続する明治隧道-旧北陸本線、柳ヶ瀬越えから山中越え-【後編】:

« 現存日本最古の鉄道トンネルと連続する明治隧道-旧北陸本線、柳ヶ瀬越えから山中越え-【前編】 | トップページ | 魅惑の石川、金沢へのドライブルート-兼六園と砂浜の道- »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ