ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 酷道(国道)157号線を訪ねて-越前大野から岐阜の根尾谷へ-【前編】 | トップページ | 三田市の相野あじさい園と篠山玉水ゆり園 »

2013年6月30日 (日曜日)

酷道(国道)157号線を訪ねて-越前大野から岐阜の根尾谷へ-【後編】

主要都市間を網の目のように結ぶ国道。しかし、その中には「酷道」とも呼ばれ、幹線道路の役割を果たしているとは思えない隘路も存在しています。そんな「酷道」157号線を福井県側から岐阜県側へ。福井県大野市の真名川ダムを抜けて行くと、2車線だった国道はいきなり1車線となり、深い山へと入ってきました。いよいよ「酷道」157号線の真っ只中へ・・・前編からの続きです。

★2部構成記事です。前編記事は、こちらをどうぞ★

酷道(国道)157号線を訪ねて-越前大野から岐阜の根尾谷へ-【前編】

Up13062831

ということで中島地区を抜け、対向車を避ける待避所も少ない、1車線の隘路(あいろ)を進みます。

Up13062832

静かな森の国道157号線。

Up13062833

確かに道幅は狭いですが、難所と言うほどでもありません。開けた谷筋を行く田舎の一本道といった趣です。

★↓画像をクリックすると拡大表示します↓★

Up13062834b

杉木立に続く一本道。

Up13062835

そして久しぶりに集落が。大野市温見(ぬくみ)地区です。この周囲も廃村となって久しいようですが、わずかながらも家が建ち並んでいました。橋から下をのぞいていますが・・・どうやら釣りをしているようです。

Up13062836

そして、国道157号線は集落の名ともなっている温見(ぬくみ)峠へ。

Up13062837

ブラインドカーブでも、もちろんカーブミラーなどはありません。右へ、左へとカーブを繰り返し、高度を少しずつ上げていきます。

Up13062838

時々現われる標識に、国道であることを再認識。

Up13062839

しかし、国道を示す標識とは裏腹に、道は悪路と化してきました。

Up13062840

舗装は荒れ放題で、もうとても国道とは思えない状況に・・・

Up13062841

最後の集落を抜けましたし、ここまで来ると、もうあまり手入れもされていないようですね。舗装を直しに来るだけでも大変そうです。

Up13062842

ひび割れた道が続く国道157号線・・・しかし、高度はかなり上がってきました。

Up13062843

そして、温見峠に到着^^。福井県と岐阜県の県境です。写真は振り返って福井県方向を撮影。ここは能郷白山への登山ルートともなっており、車の姿もちらほら。大型車通行不能の標識が、わざわざ設置してありますが、岐阜県側から来ても、とても大型車がここまで来れるような道ではありません・・・この標識を、ここで確認できる大型車は、いないと思いますが・・・?

Up13062844

ということで温見峠を越えても、まだまだ狭い酷道は続きます。

Up13062845

そして下っていくと、いきなり道路に水が・・・

Up13062846

川です。舗装された道路の上を川が横切っていました。

Up13062847

橋で越えずに、そのまま道路上に水を流して、川を横断しています。「洗い越し」と呼ばれる方式ですが、これは日本中でも大変少なく、かなり稀な光景。

Up13062848

川の横断も凄いですが、道の幅も凄いことになってきました。もう車1台がやっとの幅です。離合は不可能。待避所も少ない区間が延々と続きます。

Up13062849

とにかく、少し広い場所以外では対向車が来ないことを信じるのみ。

Up13062850

そして、また川が・・・

Up13062851

横の斜面から、当たり前のように道路上にあふれ、横断しています。前方の注意書きは「落石注意」ですが、そんなことより「水に注意」では??

★↓画像をクリックすると拡大表示します↓★

Up13062852b

酷道を象徴するような、連続での川の横断。登山道や林道なら分かる気もしますが、ここは国道157号線です。

Up13062853

しかし日本有数の酷道・・・やはり半端ではありません。狭い道は、終わりがないかのように延々と続きます。

Up13062854

狭い切り通しを抜けて。(福井県方向を撮影)

Up13062855

そして再び、通行不能の標識が。だから、福井県側からここまで来れる大型車はいないと思いますって・・・

Up13062856

実は、ここは昨年まで、災害で通行不能となっていた区間。修復の跡が生々しく目前に迫ってきます。左側は断崖絶壁で、正に崖っぷちを行く酷道。

Up13062857

舗装も新しい部分があり、補修した様子が分かります。しかし、道幅は過酷なほど細いまま。

Up13062858

本当に深い山を行く国道157号線。峠の前後だけでなく、この付近も、狭い崖の上で大変な難所となっています。

Up13062859

途中で、野生のサルにも出会いました^^

Up13062860

そして、絶壁の酷道区間を抜けました。振り返ってゲートを撮影。大きく警告表示が掲げられています。ちなみに有名な「落ちたら死ぬ」標識も、この付近。

Up13062861

もう少し下った集落で、ついに酷道区間は終了です。こちらは岐阜県側から来た時の、酷道区間入口。

Up13062862

そして、広く快適な道に変わりました。根尾谷へはもう少し。

Up13062863

こうして、大野市から2時間30分。国道157号線の酷道区間を抜け、無事に岐阜県の根尾谷へ。非常に長く深い山、そして谷筋を行く、酷道157号線の森林浴ドライブでした。

★根尾谷断層の話題は、こちらをどうぞ★

根尾川と根尾谷断層 (2009年訪問・撮影)

★北陸地方の不思議な道路は、こちらもどうぞ★

現存日本最古の鉄道トンネルと連続する明治隧道-旧北陸本線、柳ヶ瀬越えから山中越え-【前編】

現存日本最古の鉄道トンネルと連続する明治隧道-旧北陸本線、柳ヶ瀬越えから山中越え-【後編】

魅惑の石川、金沢へのドライブルート-兼六園と砂浜の道-

★その他ドライブの話題はこちら★

ドライブ&旅行 (新しい順に表示します)

Iso4zblog_2ブログトップページはこちら

« 酷道(国道)157号線を訪ねて-越前大野から岐阜の根尾谷へ-【前編】 | トップページ | 三田市の相野あじさい園と篠山玉水ゆり園 »

コメント

いそしずさん、こんばんは。

国道157号線と温見峠は能郷白山の登山口でもあり、以前から行ってみたいと思っておりましたが、いつも通行止めというイメージがあってなかなか行けませんでした。
記事、写真を興味深く拝見しました。
やはり酷道というだけのことはありますね。しかも結構長そうです。

ちなみに私は同じ日に1号違いで少し東の国道156号線を走っていました。
こちらは富山まで整備が進んでおり、また高速道路もできて同じ岐阜県でも雲泥の差といったところですね~。

岐阜県の飛騨に12年住んでいました。
飛騨萩原~下呂温泉と住みましたが、配達で濁河(にごりご)温泉にも行ってたので
横に入ればこういう道はよくありました。
気をつけて走って下さいね、なんかあっても連絡もできませんし
冬なんて滑って危険ですから絶対行かないでください。
本当に怖いしたことも何度かありますから。

ちゅたさん、こんばんは。

国道157号線を初めて走りましたが、大変狭い区間が長く、特に岐阜県側から行くと、県境の温見峠まで、かなりの難所が続いていました。単純に温見峠まで行くのであれば、福井県側からの方がアクセスし易いように感じます。
温見峠は能郷白山の登山口とあってか、訪れた時も登山者のものと思われる車が何台も停められていました。確かに長年通行止めになっていたようですので、登山者にとっても今回の開通は朗報だったのではないかと思います。同じ時期に、となりの158号線で、1号違いで似た場所を走られていたのですね。岐阜県は私も縁のある土地ですので、またニアミスなどあるかも知れません。温見峠に行かれる際は、気をつけて行ってきて下さい~^^

まさるさん、こんばんは。

今回は、酷道ということで、福井県から岐阜県の根尾谷へ抜ける国道157号線を走ってみましたが、確かにこのような狭い難所の道は、全国にたくさんあるかと思います。四国も1つ脇に入れば、信じられないような狭い道ばかりですし・・・県道などの山間区間では、かなり当たり前の光景かも知れません。ここは国道、しかも150番台という番号であるにも関わらず、かなりの難所の道だった訳ですが、想像以上に山が深く、また維持管理に大変な労力が払われていることを実感するドライブになりました。
登山などでもそうですが、都市部以外などでは、通信手段、対処手段などが限られますので、十分気をつけて行きたいと思います。濁河温泉は知りませんでした・・・下呂温泉も行ったことがありません。下呂温泉や飛騨高山は、もう一度ゆっくり訪れたいと思っています^^

はじめまして。
「国道157号線」というキーワードでたどり着きました。
この7月にバイクツーリングにてこの国道を走り、ツーリングの様子をUP
しようと思っておりまして、
いそしずさんのBlog記事が詳細に書かれておりましたので、リンクを張らせて
頂きたいのですが、よろしいでしょうか?
道路の状況を多くの写真入りで紹介されており、ツーリングに参加していないメンバー
にも状況の説明ができそうなので、よろしくお願い致します。

keepkさん、はじめまして。
当方のブログを参考にして頂き、ありがとうございます。
基本的にリンクはフリーですので、関連する内容であれば問題はございません。時折現われる150番台という、立派な国道標識と、現実の道路状態のミスマッチが面白いルートと思います。
当ブログでは、廃止された鉄道関連の話題の方が多く、国道などの話題は少ないかとは思いますが、他にも気になっている道もありますので、これからも何か参考になる場面があれば幸いです。国道157号線は、ブラインドカーブも多く、断崖絶壁区間もありますので、十分注意してツーリングを楽しんできて下さい~^^
あ、7月でしたか。もう走破して来られたんですね・・・^^;

いそしずさん、リンクの件ですが快諾頂きましてありがというございます。
ツーリングでは走ってきたのですが、非常に道も細く砂利や道路を横切る川など、
あまり経験のない道でしたので、戻ってきてから思い出していたところでした。
参考にさせて頂きました事にお礼申し上げます。ありがとうございました。

本当に国道157号ってこんなにすごい場所を走っているんですね
こんな悪路区間がある一方金沢の片町と岐阜の柳ヶ瀬と両市を代表する繁華街もシェアしていてこの繁華街区間ではウソみたいに車も多く交通量も多いです
ただ岐阜から金沢へ行くには米原・福井を経由して北陸道へ行くか白川郷・砺波を経由して東海北陸道を使うのが一般的です

kitachanさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
国道157号線は、路面は荒れ、道は細く、また川の横断があったりと、想像以上の隘路でした。金沢市内や岐阜市内は、確かに繁華街を通っていますね・・・金沢-岐阜の全線を走破して変化を見るのも楽しそうです。
全国には、このように国道とは思えないような、細く険しい道がたくさんありますね。関西では大阪から奈良へ行く「酷道」が有名ですし、倉敷市からの国道429号、四国の国道439号も、どこまで続いているのか、という感じで、地図を見ていると一度は全線走破してみたい気分になってしまいます。国道は奥が深いですね^^

つい先日何も知らずにこの道を走ったものです。
ちょっと気になって後で調べたら、すごく有名なところでびっくりしました。

最初、地図で調べたときにはそれなりにしっかりした道路で
ちょっと狭くてもスムーズにける道だと思っていましたが大違い。

しかも夕暮れ時に入ったものですからすごく危険でした。
途中で道路が通行止めになっていたりと散々でしたが、なんとか
2,3時間かけて根尾谷まで来れたといった感じでした。

我ながらよく生きて帰ってこれたと思ったものです。
(ついでに、何とか通り終えた帰りには、シカの死体らしきものがお出迎えと
びっくり要素が最後まで満載でした。さすがにもう二度と通らないでしょう。)

よしだ様、コメントありがとうござます。
地図だけ見ると、そのまま快適に走れるのではないか、と錯覚しそうですね。というより、国道なのですから、このような状態は想像できませんね・・・
私も、このブログ記事の時に初めて走りましたが、想像以上で大変驚きました。峠を越えてからも、一体いつまでこの狭い状態が続くのかと思いました。夜に走るなど、ちょっと想像できません。。。考えただけでも、ぞっとしますね^^; 大変、お疲れ様でした。鹿は、ぶつかったりとか大丈夫でしたか。道が道だけにシカタないですね・・・シカだけに・・・お後がよろしいようで^^;

妻の実家が名古屋のため、約30年近く年2回、金沢名古屋を157号線、158号線、156号線を通って往復してきました。ナビアプリでは157号線だけで金沢から岐阜市を通って名古屋のほうが5.1km短いみたいで一度157号線を使ってみたいと思っており、どんな道か検索していたらこちらに行き当たりました。いつも5月と8月の連休に行くので雪の心配はないのですが、157号線は想像以上の酷道ですね。一家5人蒸発したかなんて、谷底に落ちて事故すらも認識されずにこの世から抹消されるのも怖いですから、やはり安全に158号線を通ることにします。20年ほど前まで158号線も油坂峠がこの157号線のようでした。ほんの2,3km約15分くらいの距離でしたから我慢できましたが2時間以上はきついですよね。その後、高速道路のような油坂トンネルができてから怖い思いはしなくなりました。貴重なブログありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449627/52230522

この記事へのトラックバック一覧です: 酷道(国道)157号線を訪ねて-越前大野から岐阜の根尾谷へ-【後編】:

« 酷道(国道)157号線を訪ねて-越前大野から岐阜の根尾谷へ-【前編】 | トップページ | 三田市の相野あじさい園と篠山玉水ゆり園 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ