ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« レトロバスちゃがまる号で行く100年前の町並み-愛媛県内子町- | トップページ | 陸上と海上の苦難の歴史-由良半島の船越運河- »

2013年5月 5日 (日曜日)

日本唯一の海上ロープウェイの跡-御荘湾ロープウェイ-

愛媛県南宇和郡愛南町。四国南西部に位置する、風光明媚な小さな町ですが、ここは足摺宇和海国立公園内に位置しており、観光施設も多く、観光ホテルのサンパールやジャンボプール、宇和海展望タワーにグラスボートなど、南予レクリエーション都市公園(南レク)の中心的存在となっています。

Up13042901

こちらは、そのホテルサンパールの全景です。御荘湾に面して建つ観光ホテルで、奥には南レクジャンボプールも見えています。そして、よく見るとホテルの左斜め上、御荘湾の海の中に、何やら奇妙な構造物が・・・

Up13042902

それが、こちら。真四角のコンクリートの構造物。そう、これが日本唯一だった海上ロープウェイ、御荘湾ロープウェイの支柱、その基礎部分の跡なのです。

Up13042903

そして、こちらはジャンボプールを含めた南レク御荘公園の案内図。写真ほぼ中央、水の広場右側に、海へと斜めに伸びる線の跡(当時のロープウェイの表示の跡)が残っていました。

Up13042904

その位置に接近してみると、そこにはロープウェイ駅の跡が。当時の山麓駅です。建物前方にはロープウェイの支柱も。

Up13042906

そして、こちらがかつてのロープウェイ乗り場の入口。御荘湾ロープウェイの廃止は2006年(平成18年)で、今から約7年前。現在、駅舎は倉庫として利用されているようですが、入口上には、まだうっすらと文字が。

Up13042905

全景は、こちら。なんとなく書いてある文字が分かるでしょうか・・・

Up13042907

限界まで画像処理してみると、見事に当時の文字が浮かび上がりました。上から順に、「日本で最長の海を渡る」「ゴンドラリフト」「展望タワー」「紫電改行き」「ロープウェイのりば」となっていました。

Up13042908

海側から見た駅舎です。ロープウェイの構造部分がそのまま残っていますが、開口部には網が掛けられており、内部はよく見えません。

Up13042909

ロープウェイの構造部分は、ほぼそのまま残されているようです。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up13042910b

そして振り返ると、残された支柱の先に、宇和海展望タワーが見えました。

Up13042911

海を渡っていた様子が、よく分かりますね。前方に見える展望タワーの右下に山頂駅跡があります。うっすらと駅が見えているのが分かるでしょうか・・・

Up15060102

こちらは、在りし日の乗車券。海を渡っていた様子が、よく分かります。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up13042912b

そして対岸へと移動して、その宇和海展望タワーからの眺め。こちら側へは従来、西海有料道路を経由しなければなりませんでしたが、2006年(平成18年)に無料化されました。そして、この道路無料化と同時に、御荘湾ロープウェイは廃止されたことになります。先ほどまでいた山麓駅跡から海の中を一直線、飛び石のように残る支柱の土台跡が見えました。

Up13042913

山頂駅跡付近から見ると、こんな感じ。

Up13042914

宇和海展望タワーの切符売り場は、御荘湾ロープウェイの山頂駅舎が利用されており、当時のホームへの通路は塞がれていますが、まだ駅舎としての名残も留めています。

Up13042915

有料道路無料化により消えることとなった、全国異色の海上ロープウェイ。名残を惜しむかのように、風光明媚な観光地に、その存在を留めていた、御荘湾ロープウェイの跡でした。

★宇和海展望タワー、紫電改の話題は、こちらをどうぞ★

キラッと南レク・愛媛県最南端の愛南町散歩

★愛媛県の話題は、こちらもどうぞ★

レトロバスちゃがまる号で行く100年前の町並み-愛媛県内子町-

四国宇和島まで完成した高速道路-「神戸-宇和島」全線350km-

穏やかな年越し-大晦日の四国松山へ-

耕して天に至る、水荷浦(水ヶ浦)の段々畑-愛媛県宇和島市-

四国ドライブ、愛媛県南西部の宇和島へ-天に至る段々畑-

四国ドライブ~松山道の無料実験区間~

関西~四国ドライブ 松山道終点と「坂の上の雲」

四国ドライブ 宇和海と宇和島天赦園

高速1,000円 本州~四国 長距離ドライブ

ブログトップページブログトップページはこちら

« レトロバスちゃがまる号で行く100年前の町並み-愛媛県内子町- | トップページ | 陸上と海上の苦難の歴史-由良半島の船越運河- »

コメント

おもしろいですね、ここにロープウェイがあったんですね。
海上を渡るって凄い規模ですね。
子供の頃に連れて行ってもらった鹿島の海のキレイだったこと
いまでも覚えています。
中村から来るまで遠かったように思いましたが
地図で見るとそれほどでもない感じがしますね。
中村から足摺岬へ行くのも子供には苦痛のドライブでした。
酔って酔ってホンマしんどかったです。

まさるさん、こんにちは。

御荘湾の海を渡るゴンドラは、大変魅力的で、面白い存在だっただけに、廃止されてしまったのは残念です。子供のころ、この海を渡るロープウェイに何度か乗りましたが、真下に広がる海に感動したのを覚えています。
旧西海町の鹿島も美しいところですね^^ サンゴ礁と言えば南の海のイメージで、愛媛県にサンゴの海があるのが、小さい頃は不思議に感じていました。宿毛から足摺は、大変遠いイメージで、大堂海岸に行った時も、大変辛かったのを覚えています。当時は道も悪かったので、宇和島から御荘に行くのさえ車酔いと戦いながらの行程でした。本当に苦痛のドライブでした・・・今ではずいぶん近く感じられるようになりましたが、相変わらず鉄道も高速道路も、愛南町には無縁の存在ですね^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449627/51493722

この記事へのトラックバック一覧です: 日本唯一の海上ロープウェイの跡-御荘湾ロープウェイ-:

« レトロバスちゃがまる号で行く100年前の町並み-愛媛県内子町- | トップページ | 陸上と海上の苦難の歴史-由良半島の船越運河- »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ