ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 日本唯一の海上ロープウェイの跡-御荘湾ロープウェイ- | トップページ | レールの上を自転車で走る!?-岐阜県飛騨市、神岡鉄道跡のレールマウンテンバイク- »

2013年5月 6日 (月曜日)

陸上と海上の苦難の歴史-由良半島の船越運河-

四国と九州を隔てる海峡、豊後水道。愛媛県側からは宇和海とも呼ばれる海で、典型的なリアス式海岸となっています。ほとんどが急斜面で海に落ち込む形状であり、また大変細長い半島もいくつか存在しますが、その中でも最大のものは日本一長いとも言われる佐田岬半島。全長は約40kmにもなります。他にも、いくつもの細長い半島が海へと突き出しており、宇和島市より南側に位置する由良半島も、その1つ。全長は13kmほどで佐田岬半島には及びませんが、宇和海を分断するように突き出しており、昔から交通の難所となってきました。

Up13042921

その由良半島です。国道から離れると、半島突端への県道は、山の中腹を海を見下ろしながら進むルート。急カーブが連続し、しかも離合も困難な場所の多い、典型的な悪路です。海上ルートも、前述の通り、反対側の海域に抜けるのに大変な遠回りを強いられるため、陸と海、どちらから見ても厄介な難所となってきました。

★今回の地域は下図を参照下さい★

公共交通としては、宇和島自動車のバスが突端の集落である網代まで運行されていますが、対向車が問題とならないのか心配になるほどで、毎日運転する乗務員の苦労が偲ばれます。

Up13042922

今回は、その由良半島の突端へ。海に面した小さな集落が続きます。

Up13042924

カーブの向こうから路線バスが来たら、と心配になりながら走る狭い県道。見事にカーブばかりで、直線区間はほとんどありません。

Up13042923

途中で、はるか沖合いまで続く由良半島の全容が見渡せました。景色としては最高ですが、同時に気の遠くなるような風景です。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up13042925b

次々と現れる断崖絶壁。車に弱い方は、酔い止め薬などが必須です。

Up13042926

そして、急に半島が途切れました。ここには橋がかかっています。

Up13042927

その名も、船越橋(ふなこしばし)

Up13042928

こちらは、その船越橋から見下ろした海。

Up13042929

そして船越橋の全景は、こちら。橋の下は海となっていました。そう、ここは船越運河。由良半島は中間付近のこの地点で、運河により真っ二つとなっているのです。

Up13042930

反対方向(南方向)を望むと、まるで川のように流れる潮が見えました。船越の名の通り、運河が開削されるまでは、ここで船を陸に揚げ、人力で反対側へ越しては往来していたとのこと。船越運河の完成は1966年(昭和41年)で、これにより由良半島を越える苦労は解消され、安全に南北の往来が可能となりました。

Up13042931

その船越運河を過ぎて、更に半島突端部へと進んで行きます。

Up13042932_2

こちらは、手作り感いっぱいの待合所と、椅子代わり(?)のビールケース。荒樫バス停です。

Up13042933

そして、本網代バス停、由良半島最後の集落へ。

Up13042934

最寄の国道56号線から、隘路の県道を走ること、約1時間。美しい海と山に囲まれた、静かな漁村に到着しました。

Up13042935

もう、この先に道はありません。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up13042936b

澄み切った海の水。今年は水が悪い、と地元の漁師さんが教えてくれました。澄み切り過ぎていて、かえって魚が取れないとのこと。心洗われるような景色ですが、そこに暮らす人にとっては、大変な海ですね・・・。

Up13042937

突端の町に、折り返しのバスがやって来ました。奥深い自然に囲まれた、由良半島。「えんぐりこんぐり」(※注)の道で行く、陸と海の難所・・・そこでの自然の美しさと厳しさ、そして先人の苦労を垣間見た、由良半島突端への旅でした。

※注・・・えんぐりこんぐり

地元で、曲がりくねった道の様子を表す方言です。オノマトペの一種でしょうか。このような言葉があること自体、この地域の道の悪さを示しているようですね・・・^^

★愛媛県の話題は、こちらもどうぞ★

キラッと南レク・愛媛県最南端の愛南町散歩

レトロバスちゃがまる号で行く100年前の町並み-愛媛県内子町-

四国宇和島まで完成した高速道路-「神戸-宇和島」全線350km-

穏やかな年越し-大晦日の四国松山へ-

耕して天に至る、水荷浦(水ヶ浦)の段々畑-愛媛県宇和島市-

四国ドライブ、愛媛県南西部の宇和島へ-天に至る段々畑-

四国ドライブ~松山道の無料実験区間~

関西~四国ドライブ 松山道終点と「坂の上の雲」

四国ドライブ 宇和海と宇和島天赦園

高速1,000円 本州~四国 長距離ドライブ

ブログトップページブログトップページはこちら

« 日本唯一の海上ロープウェイの跡-御荘湾ロープウェイ- | トップページ | レールの上を自転車で走る!?-岐阜県飛騨市、神岡鉄道跡のレールマウンテンバイク- »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449627/51506389

この記事へのトラックバック一覧です: 陸上と海上の苦難の歴史-由良半島の船越運河-:

« 日本唯一の海上ロープウェイの跡-御荘湾ロープウェイ- | トップページ | レールの上を自転車で走る!?-岐阜県飛騨市、神岡鉄道跡のレールマウンテンバイク- »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ