2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

Remember BOX

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

※お知らせ※

無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月21日 (日曜日)

愛媛県内子町に消えた盲腸線、内子線-過去への招待-

愛媛県の県庁所在地、松山市。そこから1時間ほど西へ行った山間に、内子町という小さな町があります。現在の内子駅は、予讃線(幹線)の特急が停車する立派な高架駅となっていますが、内子駅から西へ3駅先の新谷駅までの、わずか5.3kmだけが地方交通線の内子線として残っており、幹線である予讃線に両側から挟まれる形となっています。

Ehime014ca

こちらは、大洲市から内子町への地図(全体図)です。伊予大洲駅を出た予讃線の特急は、新谷駅から内子線を通って内子駅へと向かい、そこから再び予讃線に戻って、松山方面へと走ることになります。なぜこのような細切れとなったのか・・・それには理由がありました。元々の内子線は、予讃線の五郎駅から分岐して内子駅で終点となる盲腸線。五郎駅-新谷駅を廃止して、伊予大洲方面へ予讃線の支線を建設し、五十崎(いかざき)駅から内子駅周辺も路線を変更して、新しく建設した松山方面への予讃線と接続。新たな幹線ルートの一部として、生まれ変わった・・・ここは国鉄最後の新線開通区間。1986年(昭和61年)のことでした。

※今回は、趣向を変えて1989年へタイムスリップ。経路変更となってから3年後の世界へ・・・五郎駅から新谷駅へ、そして(新)五十崎(いかざき)駅から内子駅へと、この廃線跡をたどってみたいと思います。

続きを読む "愛媛県内子町に消えた盲腸線、内子線-過去への招待-" »

2013年4月19日 (金曜日)

生まれ変わった神戸ハーバーランド-ウミエ(umie)グランドオープン-

2013年4月18日、神戸ハーバーランドにウミエ(umie)がグランドオープンし、神戸港に新しい風景が誕生しました。4月19日には「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール」も開業し、更に賑わいそうです。ゴールデンウィーク直前、新しくなった神戸ハーバーランドを訪ねてみました。

Up13041801

ということで誕生した「umie」です。巨大な垂れ幕が迎えてくれました。イオンモールの新商業施設として、225の専門店が集まった専門店街としてオープン。昨年3月に閉店した神戸阪急が「SOUTH MALL」、Ha・Reの部分が「NORTH MALL」となり、両側をつなぐ通路も増やされました。そして、モザイクは「umie MOSAIC」となって、元のモザイクガーデン部分にアンパンマンこどもミュージアムが建設される形となっています。

続きを読む "生まれ変わった神戸ハーバーランド-ウミエ(umie)グランドオープン-" »

2013年4月14日 (日曜日)

摩耶山観光の活性化へ-新しくなった「まやビューライン」-

六甲山への観光ルート、そしてケーブルと言えば六甲ケーブルが有名ですが、神戸市灘区にも、六甲山系の1つ「摩耶山」への登山ケーブルがあります。それが摩耶ケーブル線で、摩耶ロープウェイと一体となり、まやビューラインとも呼ばれています。2013年3月30日からリニューアルされたとのことで、リニューアル2日目の3月31日、この摩耶ケーブル線を訪ねてみることにしました。

Up13041001

ということで、摩耶ケーブル線の摩耶ケーブル駅です。駅には、リニューアルオープンを祝う花束がたくさん飾られていました。摩耶ケーブル線は、六甲摩耶鉄道が運行していましたが、阪神淡路大震災での被災により運行再開を断念し、その後、神戸市都市整備公社が譲り受ける形で、運行が再開されました。しかし、赤字が続いたことから存続が危ぶまれる事態となり、昨年秋には社会実験として様々な活性化策なども実施され、今回のリニューアルに至っています。

続きを読む "摩耶山観光の活性化へ-新しくなった「まやビューライン」-" »

2013年4月13日 (土曜日)

新幹線「スーパーこまち」と「ドクターイエロー」

最初から、まったくバラバラのタイトルとなってしまいましたが、今回は新幹線の話題です。「スーパーこまち」とは、2013年3月16日のダイヤ改正で運転を開始した、JR東日本の新幹線の愛称。東京-秋田を結ぶ新幹線(盛岡-秋田は在来線を改軌したミニ新幹線方式)で、国内最高速(320km/h)で運転を開始した東京-新青森の「はやぶさ」と共に、注目が集まりました。

Up13041401

そのJR東日本「スーパーこまち」、E6系の姿が神戸市内にありました。鉄道車両メーカー、川崎重工の工場です。ここは構内を横切る一般道から敷地内を見物することが可能となっており、構内には茜色(あかねいろ)が目を引く、新しい秋田新幹線の雄姿が。

続きを読む "新幹線「スーパーこまち」と「ドクターイエロー」" »

2013年4月 7日 (日曜日)

ラインが結ぶ弾丸列車構想-神戸・明石建設の謎-【第七章】

シリーズを重ねて調査を続けている、戦前の高速鉄道計画、弾丸列車構想。大阪市内から尼崎市、西宮市、芦屋市まで(序章から第五章まで)の調査に続いて、前回第六章から、調査地点は神戸市内へ。しかしながら神戸市内で見たものは、弾丸列車計画の痕跡ではなく、神戸市から明石市、三木市へと放射状に計画された軍用道路「弾丸道路」建設の痕跡。。。そして、当時の新聞記事に示された地点にも、弾丸列車計画の痕跡を示すようなものは何も発見できませんでした・・・果たして、神戸市内の弾丸列車建設予定地は、どこだったのか。新幹線の原型となった知られざる高速鉄道の建設計画を求めて。第六章からの続きです。

Up13031001

まず、こちらは第六章で訪れた地点の1つ、元々の新神戸駅建設予定地だったという、兵庫区の平野、祥福寺周辺の地図(図1)です。「祥福寺北側」というのは、当時の新聞記事に唯一示された具体的な記述であることから、避けて議論することはできません。○印が祥福寺の位置。祥福寺「北側」というのが果たして、祥福寺からどの程度北側なのかは分かりませんが、「祥福寺」という具体的な名称を示す以上、それほど離れた場所ではないと考えられます。ここで問題となるのは、やはり西にある烏原貯水池(立ヶ畑ダム)の存在。図では、この貯水池を迂回するように矢印を示してみました。

まずは、この貯水池を避ける方法を考えてみることにしましょう。

続きを読む "ラインが結ぶ弾丸列車構想-神戸・明石建設の謎-【第七章】" »

2013年4月 4日 (木曜日)

桜満開の神戸市内-妙法寺川・桜トンネル・ひよどりごえ森林公園-

3月30日、31日の土日、今年も桜が満開となりました。神戸市内は高低差が大きいことから、市街地から山の方へと長く桜が楽しめますが、市街地周辺は、すでにほぼ満開。桜まつりも各地で予定されている4月最初の土日、6日、7日には、早くも散ってしまいそうな感じです。今回は、須磨区の妙法寺川公園から、桜を見に行ってみることにしました。

Up13040401

こちらは、板宿(いたやど)駅から徒歩数分、新しく移転した須磨区役所の近くにある妙法寺川です。川沿いの道は、桜並木となっており、満開の桜となっていました。

続きを読む "桜満開の神戸市内-妙法寺川・桜トンネル・ひよどりごえ森林公園-" »

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »