ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« コスモスを訪ねて-総合運動公園(神戸市)からひまわりの丘公園(小野市)へ- | トップページ | 年末まで約1ヶ月-クリスマスムードの神戸市内- »

2012年11月15日 (木曜日)

「萌える」秋-紅葉に染まる有馬温泉-

11月も半ば。11日に雨が降ったあと、一気に寒くなってきました。11月10日の土曜日は、次第に紅葉が進む有馬温泉へ。寒さ厳しい六甲山の裏側とあって、紅葉もちょうど見頃。

Up12111001

今回は、六甲山頂と有馬温泉を結ぶ六甲有馬ロープウェイで、有馬温泉へと向かいます。かつては、六甲ケーブル六甲山上駅への表六甲線も運行されていましたが、現在は有馬温泉への裏六甲線だけとなってしまいました。

Up12111002

そして、そのロープウェイから見た、雄大な六甲山の姿。全山、見事に紅葉。左側に見えるのが六甲山最高峰(931m)です。

Up12111003

出発から約6分、中間地点でのすれ違い。六甲有馬ロープウェイは全長約2.7km、所要は約12分。通常は20分毎の運転ですが、利用者が多い場合は15分毎に増発されます。運賃は大人1人980円。往復は1,770円。

Up12111004

中間地点を過ぎると、山の稜線を越えて一気に視界が開け、有馬温泉街へ向けて最大角度29度という急角度で一気に降下します。この高低差は、なかなかの迫力。

Up12111005

終点の有馬温泉駅が近付くと、紅葉も間近に見えてきました。

Up12111006

有馬温泉駅周辺は鼓ヶ滝公園となっていて散策を楽しむことが出来ます。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up12111007b

周囲は、一面の紅葉。ちょうど見頃を迎えていました。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up12111008b

まさに秋を彩る一面のもみじ。

Up12111009

鼓ヶ滝公園の名の通り、少し歩くと滝が見えてきます。ここから奥は紅葉谷(もみじだに)と呼ばれる谷で、その名の通り紅葉の名所。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up12111010b

有馬温泉中心部へ向けて、秋の散歩道。

Up12111011

有馬温泉は日本三古湯の1つにも数えられる歴史の古い名湯です。ぬるめで透明な銀泉、高温で茶色い金泉からなり、すぐ近くから違う特徴の湯が湧出するのが特徴。

Up12111012

金泉の泉源からは蒸気が吹き上がっていました。

Up12111016

反対に山の方へ行くと、冷たい冷泉も。古くから知られる有馬の炭酸泉源です。二酸化炭素を含んだ天然の炭酸水となっており、昔はこれに砂糖を入れて飲んでいたのだとか。現在では有馬サイダーや炭酸せんべいなど、有馬温泉のお土産品としても親しみがありますね。

Up12111017

また、温泉は豊富な塩分を含み、その濃度は海水の2倍ほどにもなります。こちらは、その塩味を生かした有馬の温泉たまご。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up12111013b

秋の有馬温泉は、多くの観光客で賑わっていました。

Up12111014

深まる秋と近付く冬。

Up12111015

燃えるというよりは、美しい紅葉と温泉街に「萌える」ような秋。ゆったりとした景色に和みと、吹き上がる蒸気に躍動、そして新しい季節への息吹を感じた秋の有馬温泉でした。

★本当に萌える春-有馬温泉の話題はこちらもどうぞ★

春本番、桜咲く神戸市内-遅れてきた桜の春とその聖地-

★神戸の話題一覧は、こちら★

【神戸】の地域ネタ一覧(新しい記事順に表示します)

ブログトップページブログトップページはこちら

« コスモスを訪ねて-総合運動公園(神戸市)からひまわりの丘公園(小野市)へ- | トップページ | 年末まで約1ヶ月-クリスマスムードの神戸市内- »

コメント

いそしず様
こんばんは、紅葉谷の奥には冬に凍結する「七曲滝」があります。いつも有馬ロープウエイから歩いていますが、動いているのは見たことがありません。
またここから縦走路の極楽茶屋跡に出ることもできます。

一度凍結した美しい滝をご案内したいですね。

いそしずさん、こんばんは。

有馬の紅葉、きれいですね~。
最近町並みも整備されて、いろんな雰囲気のあるお店も増えている感じで散策や被写体にはもってこいですよね。
温泉に海水の2倍の塩分を含んでいるのは知りませんでした。
ゆで卵、美味しそうです。
紅葉前線もあっという間です。もう神戸の町にも来ていますね~。

そしてあっという間にお正月です。
歳のせいか最近とくに季節の移ろいの早さを感じます~。

ころぼっくる様

こんばんは。六甲有馬ロープウェイは冬季は運休してしまいますので、氷瀑を見に行く季節でしたら、動いてないことがほとんどですね・・・紅葉谷の奥へ入ったことがありませんので、七曲滝は、ぜひ1度見てみたいと思っています。この冬は、氷瀑となってくれるでしょうか。
今回も、登山道とはほとんど無縁の観光コースで、わずか2時間ほどの滞在で、引き返すことになってしまいましたが、今度はゆっくりと訪れてみたいと思います^^

ちゅたさん、こんばんは。

今年は、紅葉の当たり年と言いますか、有馬温泉街も大変美しい紅葉を楽しむことができました。温泉街は情緒があって、少し散策するだけでも楽しめますね。
有馬温泉にはかなりの塩分が含まれているようです・・・というのも有馬の湯の源は、遠く太平洋(南海トラフなどから)の海の水とかで、地下に火山(マグマ)の熱源があるわけでもなく高温の金泉が沸いていますので、神秘的なものを感じます。炭酸泉源の水は塩水ではありませんので、ぜひ、味付けしてサイダーとして飲んでみて下さい。写真には出しませんでしたが、ビンで売られている昔ながらのサイダーも忘れたくないところですね。
今回は六甲ガーデンテラスから有馬温泉へ行きましたので、ロープウェイを下って遊びに行き、逆にロープウェイを上がって帰るという、ちょっと不思議な行程となりました。市街地から少し移動しただけで、このような自然を味わえるのは、とても贅沢。。。訪問時間は少しでしたが、とても楽しめた秋の休日でした^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449627/47846724

この記事へのトラックバック一覧です: 「萌える」秋-紅葉に染まる有馬温泉-:

« コスモスを訪ねて-総合運動公園(神戸市)からひまわりの丘公園(小野市)へ- | トップページ | 年末まで約1ヶ月-クリスマスムードの神戸市内- »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ