ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 一眼レフの故障・・・ニコンプラザ大阪へ行ってみる | トップページ | 猛暑と大雨、不安定な夏の神戸散歩-真夏の雪遊びほか- »

2012年8月18日 (土曜日)

淡路島から神戸、そして大阪南部まで-関西、大阪湾岸の観覧車-

遊園地などで手軽に展望を楽しめる観覧車。実は大阪府、そして兵庫県は日本でも有数の観覧車の多設置地帯で、今でもたくさんの観覧車が存在しています。都道府県別の設置数では、日本一の北海道、第二位の愛知県に次いで、兵庫県が3位、そして大阪府が4位。平坦な地形で展望が得られにくい愛知県に多いのは分かるような気がしますが、六甲山、生駒山など展望地の多い大阪、兵庫に多いのは意外。今回は、大阪湾岸の観覧車を一挙に紹介してみたいと思います。

Up12081801_2

ということで、大阪湾岸の地図です。大阪湾に面している(もしくは近い)観覧車を全て挙げてみました。近いものだけでも、なんと8ヶ所もあり、内容は下記の通り。

①・・・淡路ワールドパークONOKORO「大観覧車ONOKORO」
②・・・淡路サービスエリア「大観覧車」
③・・・神戸ハーバーランド・モザイクガーデン「大観覧車」
④・・・神戸市立王子動物園「アニマル大観覧車」
⑤・・・梅田・HEP FIVE「観覧車」
⑥・・・天保山大観覧車
⑦・・・りんくうプレジャータウン大観覧車「りんくうの星」
⑧・・・みさき公園「観覧車」

★印は、ちょっと海岸から離れていますが、大阪府堺市、ハーベストの丘にある「観覧車」の位置です。他にも図の範囲外とはなりますが、和歌山マリーナシティ、ポルトヨーロッパ「WAKKA」もあります。更に海岸から離れると、神戸市立フルーツ・フラワーパークや、ひらかたパークにも観覧車があり、これだけですでに10基以上となって、さすが日本有数の観覧車地帯。それでは①番から⑧番まで一気に紹介しましょう。

Up12081802

まずは1番、兵庫県淡路市、淡路島にある「淡路ワールドパークONOKORO」です。園内への入場は大人1人800円。大観覧車ONOKOROは別途500円となります。

Up12081803_2

観覧車の直径は53m。乗車位置の高さは6mで、全高は59m。

Up12081804

もちろん観覧車からは、大阪湾の海が一望。ワールドパークONOKOROの大観覧車でした。

Up12081805

続いては2番、同じ淡路島にある観覧車、淡路サービスエリア「大観覧車」です。明石海峡大橋を望む絶好の立地。高速道路にあるのは、他には愛知県の刈谷サービスエリアだけで全国2ヶ所だけ。

★↓参考写真↓★

Up12081806

上写真は、刈谷SAの観覧車です。直径は53m。

Up12081807

淡路SAの方は直径62.5m、乗車位置の高さは2.5mで、全高は65m。乗車は大人1人600円。下りSA部分に設置されていますが、上りSAからでもハイウェイオアシスの連絡道を通って来ることが出来ます。

Up12081808

夜間の電飾は、緑色のみですが、観覧車内からは明石海峡大橋の夜景も。全国異色のサービスエリアの観覧車、淡路サービスエリアでした。

Up12081809

続いては3番、神戸市中央区、神戸港モザイクガーデンの大観覧車です。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up12081810b

直径は45m。乗車位置の高さ5mで全高は50mと、今となっては小ぶりですが、設置当時は世界初の電飾観覧車として有名となりました。神戸港での存在感は格別です。最新の価格は、通常ゴンドラが大人1人700円、透明タイプのスカイハーバーが800円。なおモザイクガーデン(遊園地)は、現在この観覧車を残して閉鎖中で、2013年4月にアンパンマンミュージアムとしてリニューアルオープンの予定。モザイクの観覧車については、別記事で紹介していますので、下記も参照下さい。

リフレッシュ工事中のモザイクガーデン大観覧車が試験点灯を実施

神戸港モザイクガーデン大観覧車がリニューアルオープン

Up12081811

そして、続いては4番、神戸市立王子動物園です。動物園内に遊園地があり、ここに観覧車が。

Up12081812

観覧車は王子動物園内にありますので、動物園の入園料(大人1人600円)が必要です。大観覧車自体の料金は別途大人1人300円。直径は32m、乗車位置の高さは3mで、全高は35mと、ちょっと小さめ。

Up12081813

しかし、王子公園そのものが少し高台にありますので展望は抜群です。神戸の市街地と海の眺めを楽しむことができます。また大変機会は少ないものの、ナイター営業時には夜景も。

★王子動物園の夜間開園と夜の観覧車はこちらをどうぞ★

歩みの遅い春-神戸市立王子動物園の夜桜通り抜け-

Up12081814

そして大阪に入って、次は5番、梅田のHEP FIVEにある観覧車です。

Up12081815

JR大阪駅、各線梅田駅から東へすぐ。都心のビルの中、7階から乗車する異色の観覧車で、直径は75m。乗車口の高さがすでに約30mありますので、全高は約105mとなり、大阪の展望を楽しむことができます。

Up12081816

ゴンドラは冷暖房完備で、乗車料金は大人1人500円。ゴンドラ内にはiphoneドックも設置されていて、好きな音楽を聞きながら乗れるなど、サービスも充実。

Up12081817

続いて6番は、同じ大阪市内、天保山にある天保山大観覧車。

Up12081819

直径は100m、乗車位置の高さは12.5mで、全高は112.5m。1999年7月まで日本一の大きさの観覧車でした。シースルー(透明)タイプと通常の2種類のゴンドラがありますが、料金はどちらも大人1人700円。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up12081818b

こちらはUSJから見た天保山大観覧車です。観覧車の電飾は赤、緑、青の3種類があり、赤は「晴れ」、緑が「曇り」、青が「雨」・・・その色で翌日の天気予報を示しています。

★天保山大観覧車の記事はこちらもどうぞ★

USJから天保山へ。日本最大級の観覧車

Up12081820

そして残るは、あと2つ。7番はりんくうプレジャータウンにある大観覧車「りんくうの星」です。

Up12081821

りんくうプレジャータウンSEACLEという複合商業施設(ショッピング街)に設置されていて、買い物客のすぐ真上をゴンドラが通過していきます。料金は大人1人700円。

Up12081822

直径は82.5m。乗車位置の高さは2.5mで、全高は85mあり、大阪湾や関西空港、そして大阪府南部の街並みを一望することができます。

Up12081823

そして最後の8番は大阪府の南端、大阪府泉南郡岬町にある遊園地「みさき公園」です。起伏のある遊園地内。高台へと登ると、そこに小さな観覧車がありました。

Up12081824

直径は28m、全高でも30.3mしかない観覧車ですが、高台にあるため広がる眺めは最高です。眼下には青々とした海が広がっていました。料金は大人1人300円。ただし「みさき公園」という遊園地内にあるため、遊園地の入場料1,300円が必要です。

Up12081825

まだまだ続く暑い夏(2012年8月16日撮影)。プールの子供たちの歓声が響く、みさき公園の観覧車、そして大阪湾岸全ての観覧車紹介でした。

★おまけ写真です★

Up12081826

近隣の観覧車も少し紹介しておきます。写真は大阪府堺市にあるハーベストの丘の観覧車。入園料は大人1人900円(冬季は500円)で観覧車は別途300円。直径は32mで全高は36m。

Up12081827

そして、こちらは和歌山マリーナシティ、ポルトヨーロッパの「WAKKA」です。神戸のモザイクガーデン大観覧車と雰囲気がそっくり。それもそのはずで、直径は同じ45m。ゴンドラ数も全く同じ28基となっています。また開業日も、こちらが1995年6月、神戸が1995年12月と半年違いで、製造はどちらもサノヤス・ライド株式会社。兄弟のような観覧車ですね。ポルトヨーロッパの入園料は大人1人1,400円。観覧車は大人1人600円。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up12081829b

あと神戸市の須磨海浜水族園に子供用の日本最小観覧車があったのですが、残念ながら撤去されてしまいました。訪問した時にはすでになかったのですが、係員の方も覚えておられて親切に解説して頂けました。この場をかりてお礼申し上げます。一応、存在していた当時の写真を掲載しておきます(上写真、矢印の部分)

以上、関西、大阪湾岸の観覧車でした。

★滋賀県にあった観覧車、イーゴス108はこちらをどうぞ★

雨に沈む春の近江路-10万本のチューリップと世界一の観覧車-

★神戸の話題は、こちらもどうぞ★

【神戸】の地域ネタ一覧(新しい記事順に表示します)

★大阪の話題は、こちらもどうぞ★

【大阪】の地域ネタ一覧(新しい記事順に表示します)

ブログトップページブログトップページはこちら

« 一眼レフの故障・・・ニコンプラザ大阪へ行ってみる | トップページ | 猛暑と大雨、不安定な夏の神戸散歩-真夏の雪遊びほか- »

コメント

いそしずさん、はじめまして。
記事を拝読しました。大阪湾岸にはこんなにもたくさんの観覧車があったのですね。知りませんでした。私が乗ったことのある観覧車はすべて遊園地の閉園でなくなってしまいましたが…。
そういえば、堺ハーベストの丘にある観覧車は、南海高野線沿線にあった「さやま遊園」の観覧車を移築したものだそうです。

ひかりさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。大阪湾岸には観覧車が多いと気付いて、乗りに行ってみました。この時は大阪湾岸をまわりましたが、兵庫県単独でも多くて、神戸市内だけではなく、姫路から赤穂にかけて観覧車があります。
さやま遊園の件は知りませんでした。移設されたものだったのですね。遊園地は全国各地で減っていますが、幼い頃に遊んだ場所が消えていくのは、寂しいものがあります。観覧車、これからも残って欲しいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449627/46732767

この記事へのトラックバック一覧です: 淡路島から神戸、そして大阪南部まで-関西、大阪湾岸の観覧車-:

« 一眼レフの故障・・・ニコンプラザ大阪へ行ってみる | トップページ | 猛暑と大雨、不安定な夏の神戸散歩-真夏の雪遊びほか- »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ