2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

Remember BOX

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

※お知らせ※

無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月29日 (日曜日)

盆踊りの始まった神戸市内-東灘区・灘区-

2012年7月28日。神戸市内では盆踊りの時期は7月下旬からとなっており、早くも市内各地で盆踊りが始まりました。全国的には8月開催の所も多く、またその名の通り、宗教的色彩の濃い行事となっている所もあるようですが、大半は地域交流の夏祭りムードが濃いものとなっています。

Up12072801

ということで、神戸市東灘区にあるサンシャインワーフ神戸(旧東神戸港跡地)です。夏休み、そして盆踊りとあって、たくさんの人が集まっていました。

続きを読む "盆踊りの始まった神戸市内-東灘区・灘区-" »

2012年7月28日 (土曜日)

梅雨明け夏到来-神戸港入港の飛鳥Ⅱと須磨海岸-

7月17日に近畿地方に梅雨明けが発表(速報)されてから、7月21日まで不安定な天気もありましたが、7月22日からは夏本番のような暑さとなりました。当初は冷夏も予想された今年の夏でしたが、内陸では猛暑日となるなど、さっそく暑い日が続いています。

Up12072201

こちらは7月22日午後3時過ぎの、神戸港です。大型客船の飛鳥Ⅱが入港してきました。気温は30℃を少し超えたくらい。大阪や京都では猛暑となるような日でも、海風の入る神戸市内は、いつも少し気温は低め。

続きを読む "梅雨明け夏到来-神戸港入港の飛鳥Ⅱと須磨海岸-" »

2012年7月23日 (月曜日)

2012年大正筋商店街ふれあい夏祭り―神戸市長田区―

7月21日土曜日。17日に梅雨明けが発表されて、真夏のような天候が続いていたと思ったら、21日は昼ごろから各地で激しい雷雨に見舞われました。気温も下がって、梅雨に逆戻りのような天気です。

Up12072101

こちらは神戸市長田区、大正筋商店街入口です。JR新長田駅から南へすぐ、国道2号線を渡ったところ。この時期は、神戸市内各地で地域の夏祭りが開催されています。7月21日土曜日は、大正筋商店街と六間道商店街で「ふれあい夏祭り」が開催されました。

続きを読む "2012年大正筋商店街ふれあい夏祭り―神戸市長田区―" »

2012年7月22日 (日曜日)

猛暑の大津市内歴史散策-石山寺と三井寺-

2012年7月15日、梅雨の末期で不安定な天候(速報では7月17日に関西は梅雨明け)なものの、この日は、太平洋高気圧に覆われて気温は一気に上昇、大阪市で34.1℃、京都市で34.8℃、滋賀県の大津市では35.0℃と、この夏初めての猛暑日を記録しました。

Up12071501

そんな夏のような猛暑の中、今回は滋賀県は大津市にある石山寺へ。訪れた日は海の日の祝日による3連休の真ん中で、関西の高速道路も各地で渋滞が発生。ここは大変歴史のある古いお寺で、大津市の観光名所とも言える場所ですが、猛暑のせいか、「あの問題」のせいか、訪れている人は少なめ・・・。

続きを読む "猛暑の大津市内歴史散策-石山寺と三井寺-" »

2012年7月15日 (日曜日)

第7回神戸大学七夕祭(7月8日)と敏馬神社の夏祭り(7月13日・14日)-神戸市灘区-

近付く夏。大変蒸し暑く、ぐずついた天気が続いています。今年は梅雨明けはまだ見えていませんが、神戸市内では夏本番を前に、各地で様々な催しが行なわれています。今回は、神戸市灘区から神戸大学で7回目の開催となった七夕祭と、敏馬神社の夏祭りの様子を見てみたいと思います。

Up12071401

ということで、神戸大学六甲台第一キャンパス、神戸大学六甲台本館前です。7月8日は神戸大学六甲台七夕祭と題した催しが行なわれ、構内は一般に開放されて、多くの人々が訪れていました。

続きを読む "第7回神戸大学七夕祭(7月8日)と敏馬神社の夏祭り(7月13日・14日)-神戸市灘区-" »

2012年7月11日 (水曜日)

神戸港に過去最大の客船「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」が初入港

2012年7月9日月曜日、神戸港に過去最大となる客船、ボイジャー・オブ・ザ・シーズ(VOYAGER OF THE SEAS)が初入港しました。入港したのは「4突」と呼ばれる、神戸港第四突堤。

Up12070901

こちらは、その第四突堤、ポートターミナルを望む、神戸大橋下の岸壁です。入港した客船を一目見ようと、多くの見物人が岸壁に列を作っていました。さっそく、そちらを見てみると・・・

続きを読む "神戸港に過去最大の客船「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」が初入港" »

2012年7月 9日 (月曜日)

2012年、神戸の七夕散歩-ロビーコンサートとライトダウンほか-

2012年7月7日、降ったり止んだり、時には激しい雷雨となっていたりと、不安定な天候が続いていましたが、七夕の日は午後から爽やかな晴れの天候となりました。今回は、神戸市内各地の七夕の様子を、少しずつ見てみることにしたいと思います。

up12070701

まずは、神戸市東灘区の甲南本通商店街です。

★甲南本通商店街の七夕は、こちらもどうぞ★

【点描】甲南本通商店街の七夕フェスタ(2010年)

今年も、地域の小学生が書いた短冊が飾られていました。自分の書いた短冊を探す子供たちの姿も見られます。

続きを読む "2012年、神戸の七夕散歩-ロビーコンサートとライトダウンほか-" »

2012年7月 2日 (月曜日)

混沌と矛盾の新大阪駅-戦時下に隠された弾丸列車構想-【第四章】

戦前に計画され、現在の新幹線に結びついたと言われる弾丸列車構想。大阪以西は昭和30年代に破棄されたため、その建設予定地がどこだったのか、概要は歴史に消えようとしています。西宮市大谷町の序章から始まった、前回第三章までの考察で、兵庫県側の六甲山に至る区間については、ルートが浮かび上がり始めました。これが大阪側までつながる時、遂に阪神間の全体像が見えてくることになります。果たして、現在も残る現地の様々な状況証拠から、ルートを推定することは可能なのか。。。阪神間の全貌を目指して。第三章からの続きです。

400_2

ということで、いきなり現在の新大阪周辺の地図(図1)です。ポイントとなりそうな場所を、まず着色してみました。1番はこの地区に古くからある蒲田神社。2番は明治43年まで、この地にあった須賀神社跡・・・この神社は弾丸列車計画時には、当然すでに存在していないのですが、この件はまた後ほど。3番は左側が淡路中学校、右側が淡路小学校。4番は1925年(大正14年)に完成した国次霊園、5番が延原倉庫、6番は1934年(昭和9年)創立の西淡路小学校、そして7番が淡路地区の住宅街となっています。そして第二章でも述べましたが、JR東淀川駅付近が当初の新大阪駅予定地であったこと、そして現在の新幹線が新大阪駅に向かって左急カーブ(7番の枠内のカーブ部分)となっているのは、新大阪駅の位置を(現在の位置に)変更したためと言われています。

続きを読む "混沌と矛盾の新大阪駅-戦時下に隠された弾丸列車構想-【第四章】" »

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »