ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 2012年、神戸・長田神社への初詣 | トップページ | たかがお土産、されどお土産-大阪の恋人・面白い恋人ほか- »

2012年1月 3日 (火曜日)

雪と風と光と雲と-真冬の日本海、鳥取へ-

2012年1月2日、穏やかな年越しから一転、再び冬型の気圧配置となり、六甲山でも積雪、中国山地は大雪となり、次第に荒れた天候となってきました。そんな中、今回は中国道から新しく開通した鳥取道を経由するドライブコースで、一路日本海側の鳥取県へと向かってみることにしました。

★↓写真をクリックすると、拡大表示します↓★

Up12010201b

すいている中国道を一路西へ。前方に見事な虹のアーチが見えました。風が強く、みぞれのような雨が降ったり止んだり。時折、差し込む朝の太陽をバックに輝く虹は、正に天からの贈り物。

Up12010202

社PA付近、加西SA付近、そして安富PA付近と、まるで虹を追いかけるように、次々と虹がかかるのを見ることができました。そして、みぞれ混じりの雨の中、佐用JCTへ。ここから無料区間として開通した鳥取道を通って、鳥取方面へと向かいます。

Up12010203

鳥取自動車道に入っても、再び前方には虹が。鳥取自動車道は、2010年3月28日に、佐用JCT-大原IC・河原IC-鳥取ICが開通して、残すは大原IC-西粟倉ICのみとなっています。新直轄方式と呼ばれる、一般国道と同様に国土交通省地方整備局が整備して建設した路線のため、料金は無料。全線2車線の対面通行で、県境を越える志戸坂トンネル区間は自動車専用道路ではなく、一般道路を改修したものとなっており、また途中にはSAはなく、道の駅を利用する方式となっているのも異色ですが、それ以外は地方に多い対面高速道路と、ほとんど変わりありません。

Up12010204

大原ICからは、いったん地道へ。西粟倉ICまでは2012年度中の完成が予定されており、開通の暁には中国自動車道と鳥取ICが高速道路で結ばれることになります。西粟倉村にある智頭急行あわくら温泉駅にちょっと寄り道。次第に雪景色となってきました。鳥取自動車道の全線開通は、並行する智頭急行にも少なからず影響を与えるかも知れません。

Up12010206

更に鳥取県に入って、智頭町の芦津渓谷へも、ちょっと寄り道。こちらは、芦津渓谷手前にある山菜料理で有名な「みたき園」です。冬季は休業となっており、人の気配はありません。川音だけが響く、雪の世界となっていました。

Up12010205

そして、芦津渓谷への入口までやってきました。秋は紅葉が美しく、また渓谷美も楽しめるトレッキングの名所ですが、進めば進むほど深い雪に。雪のドライブとは言え、あまりの雪の多さに深入りはあきらめて、引き返すことにします。

Up12010207

そして、帰り道。この地区の中心部にある芦津簡易郵便局です。雪がまた強くなってきました。民営化により過疎地域の簡易郵便局は、その数がかなり減ってきているようですが、このように厳しい環境の地区にとっては、大変貴重な存在ですね。

Up12010208

更に強まる雪の中、元来た道を国道へと脱出します。

Up12010209

国道から、再び鳥取自動車道に戻って、鳥取市内へ。雪はすっかり少なくなり、平野部と山間部では、同じ日本海側でも降り方が全く違います。山の方で多く降るパターンや、里の方で多く降るパターンなど、降り方は一様ではないようですね。

★↓写真をクリックすると、拡大表示します↓★

Up12010210b

そして、有名な鳥取砂丘までたどり着きました。

Up12010211

そして砂丘に挑みます。遠くから見た目よりも大変な斜度。

Up12010212

しかし、本日は海から吹き付ける突風にも、登頂を阻まれます。砂丘の向こう側から吹き付けて来るため、上に行くほど砂混じりとなり、ますます厳しくなってきました。

★↓写真をクリックすると、拡大表示します↓★

Up12010213b

台風並の非常に冷たい強風が、砂と一緒に体に叩きつけてきます。強風のため、砂丘全体が砂煙に覆われたようになり、吹き抜けていくその様は、本当に日本離れした光景。

★↓写真をクリックすると、拡大表示します↓★

Up12010214b

それでも、なんとか登頂(?)に成功。打ち寄せる日本海の荒波が、眼下に広がりました。正に自然の厳しさと美しさが同居しているよう。

Up12010217

虹に彩られた山陽側から、深い雪の山間部、そして風雪と荒波の日本海へ。光と影、冬の自然の美しさと厳しさを見た、新年2日目の鳥取ドライブルートでした。

★大晦日の瀬戸内海はこちらをどうぞ★

穏やかな年越し-大晦日の四国松山へ-

★山陽自動車道、九州方面はこちら★

北九州へ山陽道の長距離ドライブ-GWの高速道路は大渋滞-

★日本海側の話題は、こちらもどうぞ★

雪の晴れ間の福知山散策-明智光秀の城下町-

兵庫県内ひまわりドライブ-柚遊農園のひまわり祭りと神鍋高原-

厳冬続く冬の北陸、越前大野へ-JR越美北線の旅-

ブログトップページブログトップページはこちら

« 2012年、神戸・長田神社への初詣 | トップページ | たかがお土産、されどお土産-大阪の恋人・面白い恋人ほか- »

コメント

いそしず 様
こんにちは、佐用から鳥取までの高速が出来たんですね、砂丘も近くなります。砂煙もすごいですね。

今回の冬旅の終わりには紀伊半島を回って来ました、厳寒の戸隠が信じられないぐらいの春の暖かさでした。日本は広いですね。

いそしず様
虹キレイですね。なかなか見れないですよね いそしずさんは素敵な事によく出会えますね 今年もたくさんキレイな写真やおもしろネタ 楽しみにしています。お体には気をつけてこれからもずっと続けて下さいネ

ころぼっくる様

こんにちは。寒い日が続いていますね。中国山地も深い雪となっていて、本当に厳冬の景観でした。山と里では降り方もずいぶん違いますし、1つ山を越えただけでも天気が変わってしまいます。北と南では、本当に景色が全然違いますね。この自然の豊かさ、懐の深さが日本の自然の素晴らしいところだと思います。

鳥取自動車道は、あと1区間を残すだけですが、鳥取市まで本当に早くなりました。山陽道から分岐している播磨道を伸ばして、山陽道からも鳥取道に行けるようにする構想もあるようですし、高速道路はどんどん便利になっていきますね。便利になればなるほど、風情や旅情が失われていくような気もするのですが^^;

大盛り様

こんにちは。行きの道中では、次々と5連続で虹がかかり、本当に美しい贈り物を頂くことができました。1つは、まさに目の前にかかっているような感じで、あり得ないと分かっていながら、下をくぐれるのではないかと錯覚したほどでしたよ。新年から、縁起の良いドライブとなってうれしかったです。

今年も、積極的に動いていきたいと思っています。ブログの方は、相変わらずの脈略のない放浪気味になるかも知れませんが、いつもご覧頂きありがとうございます。本年もよろしくお願い致します^^

いそしずさん、こんばんは。

鳥取道は私の実家を通っています。
最寄りは大原ICで、智頭急行では宮本武蔵駅です。
鳥取道は無料ですし、とても便利になりました。
未開通の一区間は、地主が頑張っていたようです。
ちなみにその地主は弁護士とやらです。なかなかしぶといようですが、自身の仕事柄公共性も考えてほしいものです。
こんな弁護士に弁護を頼むかというと、意外と…なのかもしれません(^_^;)。

ちゅたさん、こんばんは。

宮本武蔵駅ですか。珍しい人名駅としても有名ですね。一時は、日本唯一の人名駅として紹介されたこともあるようですが、同じ岡山県の方谷駅も人名に由来すると言われてますね。宮本武蔵駅周辺や大原駅周辺などは何度も遊びに行ったことがありますが、智頭急行が出来て、更には鳥取自動車道と隔世の感があります。
鳥取自動車道の全通の遅れは、弁護士さんが原因でしたか。西粟倉IC付近の用地買収の遅れと聞いた気がしますので、その辺の土地絡みなのでしょうか。利用者からすれば、一刻も早い全通を期待したい所ですね…^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449627/43601983

この記事へのトラックバック一覧です: 雪と風と光と雲と-真冬の日本海、鳥取へ-:

« 2012年、神戸・長田神社への初詣 | トップページ | たかがお土産、されどお土産-大阪の恋人・面白い恋人ほか- »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ