ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 午前5時46分-2012年神戸震災の日- | トップページ | 「大阪市営地下鉄」全線を1日で乗ってみる-前編- »

2012年1月21日 (土曜日)

厄除けの湊八幡神社・駒林神社、そして雨の門戸厄神へ

1月18日水曜日、寒い1日となりました。1月18日、19日(一部20日)は、関西各地では厄除大祭が多く行われ、終日多くの参拝客で賑わいます。神戸市内では灘区の六甲八幡神社や須磨区の多井畑(たいのはた)厄除八幡宮が有名ですが、今回は兵庫区、長田区、そして西宮市の門戸厄神を訪ねてみることにしました。

★六甲八幡神社と多井畑厄除八幡宮はこちらをどうぞ★

厄除け祈願で賑わう神戸の厄神さん-六甲八幡神社と多井畑厄除八幡宮-

六甲八幡神社の厄除祭と湯立ての神事

Up12011901

ということで、兵庫区の湊八幡神社です。兵庫区と言っても、JRの神戸駅や神戸高速の新開地駅が近い立地。七宮神社の近くと言えば、分かりやすいでしょうか。

★一宮神社から七宮神社は、こちらをどうぞ★

港神戸の守護神は連番で-一宮神社から八宮神社-

Up12011902

こちらでも1月18日と19日は厄除大祭ということで、境内には厄除けの参拝者が多く訪れていました。

Up12011903

こちらは「竹ふだ」です。1つ1,000円。「家内安全」「無病息災」など好きな厄除けの言葉と、名前などを記入してくれます。小さなお守り、魔よけの矢、大きなお札、祈祷の札などが竹に挟まれてセットとなっており、それぞれの祀り方など説明書も付属。

Up12011904

厄除けの参拝は、新年から節分までに行うのが良いとされており、基本的にはいつ参拝しても問題ありません。関東では有名な鶴岡八幡宮(鎌倉市)など、節分の直前の土日付近(今年は1月27日~29日)が厄除大祭となっていますが、神戸周辺では1月19日を中心とした日に多く設定されており、これは厄神明王の縁日(19日)に因むからだとか。

Up12011905

湊八幡神社前には、少ないながら夜店も出ていました。

Up12011906

子供たちの姿も多く、やはり地域の行事に夜店は欠かせない存在ですね。こちらはスマートボール。タテ、ヨコ、ナナメに上手く並べれぱOK。

Up12011907

そして変わって、こちらは長田区の駒林神社です。厄除大祭は18日から20日。初日で時間も遅めとあってか、すっかり落ち着いた雰囲気となっていました。

Up12011908

ゆっくり参拝して帰ります。健康で元気に過ごせますように。

Up12011909

そして、やはり駒林神社周辺にも、夜店が軒を連ねていました。

Up12011910

それぞれの地域に溶け込んだ、神戸市内の厄除け参拝でした。

★長田区の話題は、こちらもどうぞ★

神戸市長田区、丸五市場アジア横町のナイト屋台

神戸(長田区周辺)の地蔵盆

整備の進む新長田駅周辺と第27回くつっ子まつり

鉄人28号完成と神戸長田の琉球祭

Up12011911

一方、こちらは日付も変わって1月19日木曜日、西宮市にある門戸厄神への参道です。19日はあいにく冷たい雨の降る荒れた天候となってしまいましたが、それでも参道には多くの参拝者の列が続いていました。

Up12011916

近くの通りの名は、その名も「やくじんさん筋」。

Up12011912

あらゆる災厄を打ち払うという、強力な厄神明王(門戸厄神)で有名であり、こちらの厄除大祭は1月18日~19日。

Up12011913

本降りの雨のためか、人はちょっと少なめです。

Up12011914

それでも関西の厄除けに1月19日が多いのは、門戸厄神の影響と言っても過言ではありません。「やくじんさん」と言うだけで、ここを指すほど、厄除けとしてはある意味聖地とも言えるような存在です。

Up12011915

降り続く雨の境内。

Up12011917

門戸厄神から阪急の門戸厄神駅に至るまでの道沿いは、交通規制が敷かれて歩行者天国となり、老若男女それぞれ夜店での買い物を楽しんでいました。

Up12011918

混雑は境内の比ではなく、もはや厄払いというよりも、祭り、夜店目当ての人も多そう。正月の初詣に続いて、1月10日を中心とした「十日えびす」、そして1月19日を中心とした厄除大祭。神社仏閣での行事が次々と続く1月の阪神間の模様でした。

★神戸の話題は、こちらもどうぞ★

【神戸】の地域ネタ一覧(新しい記事順に表示します)

ブログトップページブログトップページはこちら

« 午前5時46分-2012年神戸震災の日- | トップページ | 「大阪市営地下鉄」全線を1日で乗ってみる-前編- »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449627/43817029

この記事へのトラックバック一覧です: 厄除けの湊八幡神社・駒林神社、そして雨の門戸厄神へ:

« 午前5時46分-2012年神戸震災の日- | トップページ | 「大阪市営地下鉄」全線を1日で乗ってみる-前編- »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ