ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 「大阪市営地下鉄」全線を1日で乗ってみる-後編- | トップページ | 厳冬の節分と春を祝う春節祭-節分の鬼に金棒パン- »

2012年1月30日 (月曜日)

寒さの続く1月-第8回六甲山氷の祭典-

気温の低く、寒い日が続いています。1月24日からは最高気温が6℃~8℃という日が続き、最低気温も24日1℃、25日0℃、26日-1℃、27日1℃と厳しい冷え込みとなりました。寒さ続く1月28日土曜日、氷の祭典の開催されている六甲山へ行ってみることにしました。

Up12012801

こちらは、六甲ケーブルの六甲山上駅前です。時刻は午前8時。28日の神戸の最低気温は3.3℃と、前日までより少し緩んだものの、それでも山上は雪景色。気温は-1℃です。

Up12012802

こちらは記念碑台です。人の気配もなく、しんしんと雪が降り積もっていました。神戸の市街地から30分程度で、このような景色となるのですから、本当に変化が激しいですね。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up12012804b

そして、手すりなどに積もる雪には、星型の結晶が。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up12012803b

雪の結晶。雪印。自然の造形美です。

Up12012805

美しい、自然の氷の祭典でした。

Up12012806

一方、時刻は午後8時。こちらは人間の手による氷の祭典です。第8回六甲山氷の祭典が、1月26日から29日まで六甲ガーデンテラスの会場で開催されました。

Up12012807

時間は午前10時から午後9時まで。夜間はライトアップされていますので、美しさも格別です。駐車場は満車となり、ピーク時には六甲山上を走る県道にまで長い渋滞が発生しました。通過するだけの人は、要注意。

Up12012809

こちらは兵庫県知事賞の「世界に羽ばたく」です。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

Up12012808b

続いては神戸市長賞の「激」。今年は龍の作品が多く見られました。

Up12012810

その名もズバリ、「ドラゴン」です。

Up12012811

「怪獣あらわる」

Up12012812_2

この氷の彫刻の数々は、「日本氷彫刻会」の会員の方が、開催前日から徹夜で作り上げたもの。こちらの作品は「舞」。

Up12012813

現在放送中のNHK大河ドラマに因んで、平清盛の作品も。現在、神戸では「KOBE de 清盛」と題した観光PR活動も行われています。それにしても、今回の大河ドラマは視聴率とか知事の発言とか、最初から話題に事欠かなかったようですね。

Up12012814

会場は午後9時ぎりぎりまで、観光客で賑わっていました。

Up12012815

氷の祭典と雪の結晶。自然と人工の造形美。真冬の六甲山で楽しむ、六甲山氷の祭典でした。

★六甲山の氷の祭典は、こちらをどうぞ★

六甲ガーデンテラス・氷の祭典とホール・オブ・ホールズ六甲

第6回六甲山氷の祭典~六甲ガーデンテラス~

第7回六甲山氷の祭典-関西でも積雪-

★ほか六甲ガーデンテラスの話題はこちら★

六甲山で出会うスヌーピー-巨大な姿は日本一-

六甲ガーデンテラスに光のアート-Lightscape in Rokko-

年越し寒波襲来。六甲山は真っ白に

六甲山のガーデンテラスと夏の高山植物園

★神戸の話題は、こちらもどうぞ★

【神戸】の地域ネタ一覧(新しい記事順に表示します)

ブログトップページブログトップページはこちら

« 「大阪市営地下鉄」全線を1日で乗ってみる-後編- | トップページ | 厳冬の節分と春を祝う春節祭-節分の鬼に金棒パン- »

コメント

いそしず 様
こんばんは、冬の六甲は縦走トレーニングで何度か歩いたことがあります。私はライトアップされた氷の彫刻よりも、やはり小さな雪の結晶の方が好きですね。
雪の結晶の研究で知られる、中谷宇吉郎の言葉に「雪は天から送られた手紙である」と云う名言があります。

ころぼっくる様、こんにちは。

きれいな雪の結晶が楽しめました。衝撃で崩れていくものの、うまく形の崩れていないものは、とてもきれいですね。次第に溶けていく様子に、自然の美しさと儚さを見るような思いでした。中谷宇吉郎の言葉通り、素敵ですね。朝、早起きして登ってみて、とても良かったと思います^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449627/43918696

この記事へのトラックバック一覧です: 寒さの続く1月-第8回六甲山氷の祭典-:

« 「大阪市営地下鉄」全線を1日で乗ってみる-後編- | トップページ | 厳冬の節分と春を祝う春節祭-節分の鬼に金棒パン- »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ