ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 「大阪市営地下鉄」全線を1日で乗ってみる-中編- | トップページ | 寒さの続く1月-第8回六甲山氷の祭典- »

2012年1月25日 (水曜日)

「大阪市営地下鉄」全線を1日で乗ってみる-後編-

日本最大の公営地下鉄「大阪市営地下鉄」、その全線138.5kmを訪ねて。乗車は「1回限り」ルール。スタートの西梅田から8時間以上かかって鶴橋に到着しました。中編からの続きです。

★3部構成記事です。前回までの記事は、こちらをどうぞ★

「大阪市営地下鉄」全線を1日で乗ってみる-前編-

「大阪市営地下鉄」全線を1日で乗ってみる-中編-

Up12011443

ということで、JR鶴橋駅の改札です。残るはいよいよあと2路線。ここから環状線を使って天満駅へと移動です。

Up12011444

天満駅からは天神橋筋商店街を通って、天神橋筋六丁目へ。ここは日本一長いことでも知られるアーケード街。激安店も多いので、ゆっくり見ていきたいところですが、予想以上に時間がかかってしまい、もう夜となっていましたので、とにかく先を急ぎます。

★天神橋筋商店街は、こちらをどうぞ★

アーケードの長さは日本一?-大阪、天神橋筋商店街-

Up12011445

天神橋筋六丁目から天下茶屋(てんがちゃや)までが地下鉄堺筋線となります。地下鉄としては、いよいよ7路線目。

Up12011447

堺筋線は大阪市営地下鉄としては珍しく、他私鉄(阪急電鉄)との相互乗り入れが実現しており、規格もこれまで見てきたような第三軌条方式や鉄輪式リニアモーター方式など特殊なものではなく、架線のある普通の電車方式となっています。

Up12011446

阪急の車両も、そのまま乗り入れて線内で使用。大阪市営地下鉄の車両は4ドア車が標準ですが、堺筋線だけは阪急電鉄に合わせて市営地下鉄所属の車両でも3ドア車となっています。

Up12011448

終点の天下茶屋駅では南海電鉄と接続。地下鉄建設の際には、阪急電鉄と南海電鉄とどちらが乗り入れするかで協議(激戦?)があったようですが、結局阪急電鉄と決まりました。阪急電鉄の軌間(線路の幅)は新幹線などと同じ1,435mmですが、南海電鉄はJR在来線などと同じ1,067mmですので、双方からの相互乗り入れは不可能だったようです。

Up12011449

その天下茶屋では、南海電鉄と地下鉄は比較的スムーズに乗り換えできるように配慮されています。こちらは南海電鉄側の駅階段から地下鉄の改札口を振り返ったところ。

Up12011450

今度は19:23発、南海電鉄の和泉中央行き準急で中百舌鳥(なかもず)駅へと向かいます。

Up12011451

中百舌鳥までの距離は10.4kmで、所要は15分。ここは南海電鉄と泉北高速鉄道、そして市営地下鉄の集まる、鉄道の要衝。

Up12011452

そして南海電鉄の中百舌鳥(なかもず)駅前に、地下鉄御堂筋線の「なかもず」駅入口がありました。それにしても泉北高速鉄道から市営地下鉄に乗り換えられると南海電鉄に利益はありませんので、乗り入れができなかった天下茶屋といい、どうも南海電鉄は大阪市営地下鉄に縁がない感じ。乗り入れ構想のある地下鉄なにわ筋線が現実化すれば違うのかも知れませんが。泉北高速鉄道の建設に大阪市営地下鉄が技術協力していることを考えると、これも市営モンロー主義の遺産とも言えるでしょうか。

Up12011453

そして、いよいよ8路線目。最後の地下鉄御堂筋線へ。

Up12011454

本日のラストは、19:46発の千里中央行きです。

Up12011455

地下鉄御堂筋線は、関西の主要私鉄(阪急、阪神、京阪、近鉄、南海)すべてのターミナルと接続する路線で、まさに大阪の大動脈とも言える基幹路線であり、御堂筋線内には日本の地下鉄で最大の利用客数を誇る区間(梅田-淀屋橋)が存在します。ラインカラーの赤色も、大動脈をイメージしたもの。

Up12011456

地下鉄路線図の掲げられた車内。いよいよ最後の電車となりました。地下鉄御堂筋線の北側は、北大阪急行電鉄と一体化した運行となっていますが、大阪市営地下鉄としては江坂駅が終点となります。

Up12011457

そして、なんば、梅田を越えて江坂駅に到着しました。中津駅から先は地上区間となりますので、最後の駅は地下ではなく高架駅。

Up12011458

夜になってしまいましたので、昼の写真を掲載しておきます。

Up12011459

そして最後の改札。20:30、大阪市営地下鉄全路線、無事にゴールとなりました。南港ポートタウン線を含む全線138.5kmを、休憩なく移動を続けて10時間30分。梅田から江坂まで、普通に来ればわずか6.4kmで10分、230円のところを壮大な無駄ルート、ある意味、労働よりキツイとも思える時間と労力を費やし、一筆書きでの到着です。

Up12011460

大阪市営地下鉄は、その歴史からか三線軌条方式での建設路線が多く、今となってからでは他の私鉄との直通や相互乗り入れは難しそうです。民営化問題が出ていますが、他の私鉄との連携やサービスなどを深め、より市民や観光客に分かりやすく使いやすい、便利な存在となることを期待したいと思います。

★写真をクリックすると拡大表示します★

Up12010704b

前回までのルートと、今回の移動ルートはこちら。

★写真をクリックすると拡大表示します★

Up12010799b

全行程のまとめはこちらです。赤数字・矢印は大阪市営路線、紫数字・矢印は一筆書きのつなぎ部分です。それでは大阪市営部分の行程を抜粋しておきます。

①四つ橋線(11.8km)

 西梅田-住之江公園(10:12→10:38)

②南港ポートタウン線(7.9km)

 住之江公園-コスモスクエア(10:49→11:17)

③中央線(17.9km)

 コスモスクエア-長田(11:23→11:51)

④長堀鶴見緑地線(15.0km)

 門真南-大正(13:03→13:32)

⑤千日前線(13.1km)

 野田阪神(※)-南巽(14:10→14:33)

⑥谷町線(28.3km)

 八尾南-大日(15:48→16:39)

⑦今里筋線(11.9km)

 井高野-今里(17:42→18:06)

⑧堺筋線(8.1km)

 天神橋筋六丁目-天下茶屋(18:58→19:14)

⑨御堂筋線(24.5km)

 なかもず-江坂(19:46→20:29)

その他のつなぎ部分は、近鉄バス2区間(計480円)、JR西日本3区間15.1km(計490円)、大阪モノレール1区間6.6km(320円)、阪急電鉄1区間5.7km(180円)、南海電鉄1区間10.4km(250円)、あとは徒歩での連絡でした。大阪市営地下鉄1日乗り放題のエンジョイエコカード(土日祝用)600円と合わせた全運賃は2,320円。

地下鉄の歴史、市営モンロー主義、他私鉄との関係、そして大阪の広さを改めて実感した大阪市営地下鉄全線訪問の旅でした。

※駅名の誤記がありました。ご指摘ありがとうございます。お詫びして訂正致しますm(_ _)m※

★3部構成記事です。前回までの記事は、こちらをどうぞ★

「大阪市営地下鉄」全線を1日で乗ってみる-前編-

「大阪市営地下鉄」全線を1日で乗ってみる-中編-

★鉄道の話題は、こちらもどうぞ★

市街地に残る鉄の道-姫路市・飾磨港線-

和歌山電鐵のたま電車-駅長はたまちゃん?-

新しくなった関空展望ホールスカイビューと「りんくうタウン」駅

鍛冶屋線の廃線跡サイクリング【前編】-西脇市⇔鍛冶屋26.4km-

新しくなった大阪駅の周辺散歩-駅上のハイキングコース-

廃線跡ハイキング-テーマパークに消えた桜島線-

廃線跡ハイキング・福知山線支線、尼崎港線

開業準備進む阪急摂津市駅と周辺散歩

紅葉の京都・嵐山へ 神戸から阪急臨時直通列車運転

廃線跡探訪ハイキング 福知山線(生瀬-武田尾)

★大阪の話題は、こちら★

【大阪】の地域ネタ一覧(新しい記事順に表示します)

ブログトップページブログトップページはこちら

« 「大阪市営地下鉄」全線を1日で乗ってみる-中編- | トップページ | 寒さの続く1月-第8回六甲山氷の祭典- »

コメント

こんにちは。突然のコメントすみません。体を動かすことの大切さや楽しさを伝えようと「フィットネスの勧め」というサイトを立ち上げています。
内容は、ヨガ、エアロ、バレエ、ボクササイズなどのスタジオレッスンを始め・・・

フィットネス 様

コメントありがとうございます。
当ブログでは、内容に関係のないコメントは削除させて頂いております。また内容に無関係のリンク、トラックバックも認めておりませんので、よろしくお願い致します。

 こんばんは 大変楽しく地図を見ながら前・中・後編一気に読みました(笑)

仰る通り地下鉄は極く一部を除き風景が視えない為、記事に成り難いものと思ってました。
「全線を一日で一筆書き乗車」…終点駅から次の路線の起点駅への乗り継ぎ道中を写真と文章で…目から鱗でした。

お疲れ様でした(感謝)
流石にバス路線は無理でしょうね(笑)

難波のやっちゃんさん

こんにちは、初めまして。コメントありがとうございます^^

最初は軽く考えていましたが、長堀鶴見緑地線を終わったあたりで、意外と時間がかかることに(ようやく)気付いて、ちょっと焦り始めました。谷町線あたりが焦りのピークでしたが、日が落ちてしまうと逆に冷静になれました。今となっては、もう少し出発時間を早くしておくべきだったと反省しております^^

地下鉄路線図を眺めていて、一筆書きを思いついたのがきっかけでしたが、その時は本当に実行しようなどとは思いませんでした(笑)。一筆書きにしたことで、各私鉄との連絡なども実感でき、良かったと思っています。また何か無駄なことに挑戦して、無駄な記事が増えるかも知れません^^;
今後ともよろしくお願い致します^^

お疲れさまでした。地下鉄の一筆書き移動は思いつきませんでしたね。その発想と行動力は素晴らしいです。Y・M

六甲Y・Mさん

コメントありがとうございます^^
路線図を見ていて思いついたことを、そのまま実行してしまいました(笑)鉄道の一筆書き乗車はJRでは、全国規模のものが有名ですし、関西都市圏の大回り乗車などもありますので、また何か思いついたら実行してみようと思います^^
六甲山の主な登山ルートを一筆書きで・・・これは無理ですね^^;

訂正とお詫びのお知らせ(誤)阪神野田ー南巽(14:10→14:33)とあるのは(正)野田阪神ー南巽(14:10→14:33)の誤りでした、なお関係者の皆様にはご迷惑をおかけ致しました事についてお詫びを申し上げます。

また前編から中編も、全て誤っておりました。ここに訂正の上、重ねてお知らせ申し上げます。この度は、申し訳ございません。今後とも、よろしくお願い申し上げますm(_ _)m
>巽孝一郎様、ありがとうございました。

真冬にはきつい旅でしたね
阪神間に住んでいますが、大阪地下鉄は中心部を除き、全然乗らないんです
東京やベルリン、パリの地下鉄は全線何度も乗っているのに、なぜか大阪だけは乗る気がしません
地下道の空気が濁っているようで、子供の頃は駅で寝ている人も多く、また駅の乗り換えが遠く、不便ですね
周辺都市に住んでいると、地下鉄代かからないようになんとかJRや阪神で行こうとしますしね
でもこんな一日券の使い方もあるとわかって楽しいレポでした

細雪 様
コメントありがとうございます。お返事が遅くなりました。
大阪市営地下鉄は、私もほとんど利用する機会がなく、一部の路線はまったく乗ったこともない状態でしたので、一筆書き乗車で全線を乗ったのは、貴重な経験となりました。
この一筆書きのルート以外にも、もっと効率的なルートがあるかも知れません。また、私は写真撮影のため途中駅でホームに降りたりと、無駄な動きを繰り返しており、つなぎのルートも、一番いい形だったのかは疑問ですので、本当の全線乗車のみでしたら、これほど時間はかからないのではないかと思います。
私も幼い頃、両親によく梅田に連れて行ってもらっていましたが、阪急電車から大阪市営地下鉄に乗り換えた際は、だんだん雰囲気が暗くなるのを幼な心に感じたのを覚えています。地下の怖い世界に行くような・・・まあ、少し大げさですが。
今後とも、よろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449627/43863663

この記事へのトラックバック一覧です: 「大阪市営地下鉄」全線を1日で乗ってみる-後編-:

« 「大阪市営地下鉄」全線を1日で乗ってみる-中編- | トップページ | 寒さの続く1月-第8回六甲山氷の祭典- »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ