ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 体調不良でダウン・・・ | トップページ | 2011年、六甲全山縦走大会への参加-大会運営はボランティア- »

2011年10月16日 (日曜日)

和歌山電鐵のたま電車-駅長はたまちゃん?-

10月10日月曜日、体育の日の祝日です。晴れの日の特異日と言われるように、今日の天候も晴れ。快適な季候に恵まれました。本日は、ちょっと足を伸ばして和歌山県の和歌山市へ。面白い私鉄があるということで、ちょっと寄ってみることにしました。

Up11101001

ということで、JR和歌山駅にやって来ました。言わずと知れた和歌山県の県庁所在地であり、人口は約37万人。構内を見回しますが、ここはJR。和歌山電鐵の乗り場がよく分かりません。

Up11101002

よく見ると、JRの券売機で一緒に買えるようになっていました。私鉄の切符なのにJRの券売機で買うというのは、ちょっと意外。ここの標記は「わかやま電鉄貴志川線」となっていて、わかやま電鉄よりも貴志川線という名前の方が、なぜか大きく書かれています。終点「貴志駅」までの運賃は片道360円。1日乗車券は650円で販売されていますので、終点までの往復だけでも1日乗車券の方が安くなっています。

Up11101003

和歌山電鐵の和歌山駅はJRと共同使用となっていて、乗り場は9番線。JRの改札を抜けて、地下連絡通路を9番線へ。

Up11101004

それにしても階段、壁には、何やらいっぱい足跡が(笑)

Up11101005

足跡をたどると、自然に9番線に到着です。

Up11101006

階段には三毛猫のイラストがいっぱい。

Up11101007

ホームで待っていたのは、南海電鉄カラーの電車でした。和歌山電鐵は、元々南海電鉄の一支線だった「貴志川線」が前身。券売機で貴志川線という標記が大きく表示されていたのは、そのためですね。利用者減少のため2003年に廃止の方針を打ち出し、結局2006年4月1日、現在の和歌山電鐵株式会社に営業譲渡されて現在に至っています。

Up11101008

ローカルムード漂う、南海電鉄のままの車内。

Up11101009

単線の細道を、一路終点の貴志駅へと進みます。終点までは14.3km、所要時間は約30分。乗客は減っていき、次第に閑散とした雰囲気に。このローカル盲腸線をいかに活性化するのかが、和歌山電鐵の課題となりました。

Up11101010

営業譲渡に当たっては、適当な引き受け手の会社がなかなか見つからず、最終的に岡山市内で路面電車を運行している岡山電気軌道(両備グループ)に決定。和歌山電鐵は岡山電気軌道の100%子会社として設立されました。そして取り組み始めたのが、日本一心豊かな鉄道にすること。(上写真は終点貴志駅へ到着するところ)

Up11101011

終点「貴志」駅には、駅長に「たま」ちゃんが就任。

Up11101012_2

駅は三毛猫のたま駅長一色となっていました。

Up11101013

駅の時計も「たまちゃん」です。

Up11101014

駅舎内には「TAMA CAFE」も。

Up11101015

椅子も、たまちゃん。

Up11101016

そして、駅舎も猫に。「たま」と書かれていて、もはや貴志駅というより「たま」駅ですね。

Up11101017

そして「たま電車」が到着です。先ほどの南海カラーの電車とは雰囲気が一変。子供連れに、観光客、記念撮影で一気に賑やかになりました。

Up11101018

電車に描かれているのは「たま駅長」です。駅長のたまちゃんは勤務時間は不定期となっていますが、運が良ければ駅舎内に設けられたガラス張りの専用ルームにいる所を見ることが出来ます。

Up11101019

ということで、本日は、すやすやお休み中・・・^^

Up11101020

たま電車は、電車内も「たま」一色です。

Up11101021

三毛猫のたまちゃんは、南海電鉄の頃から貴志駅の売店で飼われており、駅舎に顔を出しては、利用客にかわいがられていたとのこと。

Up11101022

当時は駅舎の外に設けられた猫小屋を住処としていたようですが、和歌山電鐵への移管に伴い猫小屋のあった場所は、駅前広場と駐輪場の用地となり、住処を追われてしまいました。売店からの訴えを聞いた社長が、駅舎内に専用のスペースを設け、招き猫となる願いも込めて駅長に任命したのが、たま駅長の始まりと言われています。

Up11101023

2007年1月には正式に駅長として就任、2008年にはスーパー駅長に、2010年には執行役員に就任しています。年俸はキャットフード1年分なんだとか。猫を正式に採用し、駅長を任せた例は全国初のことでした。

Up11101024

こちらは電車の日除けです。

Up11101026

和歌山電鐵では移管直後の2006年に「いちご電車」(上写真)、2007年には「おもちゃ電車」と、車両そのものにも楽しいアイデアを盛り込んできました。

Up11101025

そして2009年に登場した「たま電車」。特に「たま」効果は絶大で、和歌山県そのものへの観光客増加、経済効果としても数字に現れ、2008年には和歌山県知事より和歌山県勲功爵の称号が、2011年には「和歌山県観光招き大明神」の称号も与えられ、名実共に本物の「招き猫」となったようです。

Up11101027

たまちゃんの存在が楽しい、和歌山電鐵貴志川線の旅でした。

★鉄道の話題は、こちらもどうぞ★

新しくなった関空展望ホールスカイビューと「りんくうタウン」駅

新しくなった大阪駅の周辺散歩-駅上のハイキングコース-

廃線跡ハイキング-テーマパークに消えた桜島線-

珍名所探訪、桑名のナロー鉄道と名古屋の喫茶マウンテンほか

紅葉の京都・嵐山へ 神戸から阪急臨時直通列車運転

廃線跡探訪ハイキング 福知山線(生瀬-武田尾)

ブログトップページブログトップページはこちら

« 体調不良でダウン・・・ | トップページ | 2011年、六甲全山縦走大会への参加-大会運営はボランティア- »

コメント

いそしずさん、こんばんは。

体調、大丈夫ですか?
昨年の秋は六甲全山縦走をとてつもない時間で完走されていたのに…。もう大丈夫なんですね?

たま電はテレビで見たことがありますが、ここまでこだわっているのは知りませんでした。
遊び心があって楽しいですね。
勤務先もこんな遊び心があると楽しいのになあ~。

ちゅたさん、こんばんは。

体調は、ゆっくりと回復して来ました。昨年のことを思うと、ちょっと寂しいですが、また徐々に無理しない範囲でハイキングや登山を楽しめたらと思います。紅葉のシーズン突入ですので、なるべく積極的に出歩きたいのですが・・・。(うーん、心と体のバランスが難しいです^^;)

たま電車は車内まで遊び心たっぷりで、とても面白かったです。こんな電車は、初めてかも知れません。ここまでとは正直思っていなかったのでびっくりでした。機会があれば、ぜひ寄ってみて下さいね^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449627/42537546

この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山電鐵のたま電車-駅長はたまちゃん?-:

« 体調不良でダウン・・・ | トップページ | 2011年、六甲全山縦走大会への参加-大会運営はボランティア- »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ