ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 裏六甲の地獄谷から摩耶山へ-暑さも吹き飛ぶ沢登り- | トップページ | 塩屋発、もう1つの六甲全山縦走路-大会の歴史を求めて- »

2011年9月15日 (木曜日)

大阪探訪、鶴橋散歩-日本の中の異国の街-

9月11日、日曜日。朝から気温が高く、残暑が続いています。今回は、久々の大阪散歩。ころぼっくるさんの案内で、大阪の鶴橋を訪ねてみることにしました。

Up11091101

こちらはJR大阪環状線、鶴橋駅のホームです。ここは近鉄も交わる交通の要衝。それでは、さっそく駅前へ。

Up11091102

ということで駅前に出てきました。ここは駅の北側から南側を見たところ。南北に走る大阪環状線と直交するように、東西に近鉄が走っていて、その周辺に市場が広がっています。この写真の左手が市場の入口。

Up11091103

市場に突入すると、さっそく派手な看板がお出迎え。

Up11091104

大変古い市場です。昔の雰囲気そのままといった感じ。

Up11091105

昭和の時代にタイムスリップしたような街並みが続きます。内部は縦横の筋が迷路のように入り組んでいて、しばらく歩き回ると、もうどこがどこだか分かりません。

Up11091106

鶴橋周辺は、戦後の混乱期に韓国の人々が多く住み、現在のコリアタウン形成につながりました。

Up11091107

そのため市場内部にも、韓国らしいキムチや焼肉の店も大変多いのですが、同時に昭和時代、40~50年前の日本の市場風景のような雰囲気も混在しています。

Up11091109

こちらは駄菓子屋さん。

Up11091108

更に市場を奥へ、南東方向へと進んでみます。

Up11091110

韓国の雰囲気が、どんどん強くなって来ました。

Up11091111

お店の商品も、韓国のものがほとんどです。

Up11091112

ハングル文字の看板も増えてきました。こちらは아리랑(アリラン)食堂ですね。

Up11091113

ここは大阪市の行政区分で言えば生野区になりますが、区の人口の3分の1は韓国ゆかりの方たちと言われています。血縁などを考えたら、もっと多いのかも知れません。ゴミの出し方もハングル文字です。もはや日本語より優先で表記されています。

Up11091118

お店のメニューもハングル文字。

Up11091119

店の外、扉や壁に張り紙しているお店が目立ちます。右下の赤字のメニューは「총각김치」(チョンガクキムチ)と読むのかな。チョンガクとは、韓国特産の大根の一種ですので、大根キムチの意味なのかと。

Up11091114

そして御幸通商店街、その名も「KOREA TOWN」に到着です。

Up11091116

ここは、もはや韓国に旅行に来たような雰囲気。通りの人々の会話も韓国の言葉。ほとんど意味が分かりません。ハングル文字のみの表示も多いので、買い物にも注意が必要なほどです。右下に書かれているのは「상추」(サンチュ)で、韓国特産のレタスの仲間の名前。

Up11091117

これも日本語表記がありませんが「참이슬」(チャミスル)ですね。韓国では代表的な焼酎なんだとか。

Up11091115

「KOREA TOWN」は平野川に突き当たって終点となりますが、この平野川も昔は百済(くだら)川と呼ばれていたそうです。百済とは昔、朝鮮半島にあった国の名前ですね。そう言えば、ここから南に行った所にJRの百済貨物駅があります。古い時代のまま時を止めたような市場周辺と、韓国に来たかのようなKOREA TOWN。その混在ぶりが楽しい、大阪鶴橋の周辺散歩でした。

ご案内頂いた「ころぼっくる」さん、ありがとうございました^^

★大阪の話題は、こちらもどうぞ★

【大阪】の地域ネタ一覧(新しい記事順に表示します)

★神戸の話題は、こちらもどうぞ★

【神戸】の地域ネタ一覧(新しい記事順に表示します)

ブログトップページブログトップページはこちら

« 裏六甲の地獄谷から摩耶山へ-暑さも吹き飛ぶ沢登り- | トップページ | 塩屋発、もう1つの六甲全山縦走路-大会の歴史を求めて- »

コメント

いそしずさん、こんばんは。

鶴橋、楽しそうです。
ちょっと古いごった煮の街という感じで、そそられます~。
美味しいグルメもたくさんありそうですね。
食事はされたのでしょうか?
とにかく好みのパターンです。結構行ってみたくなりました~。

いそしず様
先日は暑い中、御付き合い頂きありがとうございました。市場の写真はかなり明るくきれいに仕上がっていますね。

鶴橋のイメージはもう少し薄暗く、何がお店に並んでいても受け入れられる、ショッピングセンターとはかなりかけ離れた、闇市のような雰囲気です。

一日歩いても飽きないような楽しさも秘めています、リボンの道のような路地迷宮探索ですね。

いそしず様
鶴橋楽しそうですね 韓国コスメはすごく興味あります~ 韓国旅行に行く人に頼まなくても鶴橋行ったら買えるんですね 一度行ってみたいです。

ちゅたさん、こんばんは。

大阪の鶴橋は、大阪の中でも特にごちゃごちゃ感が強くて、アクの強い街でした。日本の中のアジアという感じが、よく出ています。案内などもあって、最近は観光地としても注目を集めているようですね。迷宮のような街を散策していると、ここがどこだか本当に分からなくなりそうでした。

昼飯を食べてから落ち合いましたので、食事はしていません。(喫茶店でコーヒーを飲んだだけ・・・)次は食事も楽しめると面白そうです。ちゅたさんも、ぜひ、訪ねてみて下さいね^^

ころぼっくるさん、こんばんは。

鶴橋散策、ご案内頂きありがとうございました。鶴橋の市場は、戦後の闇市などが元となっているようですね。カメラは感度を上げていたせいもあり、明るく写ってしまいましたが、ディープな街並みを表現するには、暗く写した方が良かったかも知れません。

周辺の散策も、なかなか見所が多くて、とても1つにまとめ切れませんでしたので、今回はKOREA TOWNまでを中心としました。また夕方から夜も、訪ねてみると雰囲気が違いそうです。大阪は、深い魅力がいっぱいですね。また訪ねてみたいと思います^^

大盛りさん、こんばんは。

韓国コスメを写していたかな、と、すぐに分からなかったのですが、4枚目の写真のスミに文字だけ写っていましたね^^ 最近は、韓国旅行も国内旅行並みの安さで行けてしまうようですが、確かにここなら簡単に手に入りそうです。

KOREA TOWN内で少し商品などを写しているものの、全体としては商品が、ほとんど紹介できてませんね・・・なかなか普段は見ないような、珍しい商品も多そうです。また、その辺りまで紹介できたらと思います。大阪に行く機会がありましたら、ぜひ訪ねてみて下さいね^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪探訪、鶴橋散歩-日本の中の異国の街-:

« 裏六甲の地獄谷から摩耶山へ-暑さも吹き飛ぶ沢登り- | トップページ | 塩屋発、もう1つの六甲全山縦走路-大会の歴史を求めて- »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ