ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 兵庫県内ひまわりドライブ-柚遊農園のひまわり祭りと神鍋高原- | トップページ | 耕して天に至る、水荷浦(水ヶ浦)の段々畑-愛媛県宇和島市- »

2011年8月17日 (水曜日)

四国ドライブ、愛媛県南西部の宇和島へ-天に至る段々畑-

8月16日、お盆休みもほぼ終盤ですが、四国は愛媛県宇和島市へ。ロングドライブとなりますが、Uターンの渋滞が心配なのは上り方向なので、あまり心配はありません。ETC休日上限1,000円は終了しましたが、土日祝日は終日半額、平日は30%OFF(通勤割引など時間帯によっては半額まであり)という割引制度は実施されています。この割引制度は本四架橋にも適用されていますので、少しは負担が軽くなりますね。今回は「しまなみ海道」経由で、愛媛県へと向かってみることにしました。

Up11081601

九州では雨となっているようですが、こちらの天気は今日も晴れ。しまなみ海道の多々羅大橋を渡ると、対岸は愛媛県の大三島です。

Up11081602

伯方島、大島と渡って、3連続の吊橋、来島海峡大橋を渡ると、今治市街地に到着です。以前は、大島から今治へ格安フェリーが運航されていましたが、休日1,000円の打撃で利用が半数ほどとなり、2011年2月28日を最後に廃止されました。一応は休止との発表のようですが、休止と発表した明石海峡のフェリーも現時点で再開の見込みが立っていませんし、高速1,000円の実施が瀬戸内海航路に与えた影響は、かなり大きなものがあるようです。

Up11081603

来島海峡SAの観光案内図。左下が本日の目的地。まだまだ遠いですね。しまなみ海道(正式名称は西瀬戸自動車道)は今治が終点となっていて、松山道とはまだつながっていません。

Up11081604

ということで、国道196号線で松山へ。瀬戸内海沿いを行く国道の方が、景色は最高です。

Up11081605

松山市内に入りました。正面の山の上に見えているのが松山城。道路には、伊予鉄道の路面電車が頻繁運転しているので、車は注意が必要。伊予鉄道は、松山市内を中心に、路面電車と普通鉄道を運行しており、路面電車を市内電車、普通鉄道を郊外電車と呼んでいます。

Up11081606

その郊外電車が、こちら。ビルの中から出てくるような珍風景。松山市駅から出てくる、横河原線の電車です。他にも、路面電車と郊外電車が直角に交差する、全国でも珍しい平面クロスも存在。伊予鉄道は、地方都市の鉄道でありながら、1888年(明治21年)開業という大変古い歴史を誇っています。国鉄松山駅の開業が1927年(昭和2年)ですから、その歴史の古さが分かりますね。

Up11081607

寄り道が多くなりました。宇和島方面へと更に進みます。松山市から大洲市を経て西予市までは、片側1車線の対面高速。ここは高速道路の無料化社会実験が行なわれていた区間ですが、こちらもETC休日上限1,000円と同時に終了となりました。

Up11081608

そして高速は西予市で尽き、あとは国道56号線を進みます。こちらは宇和盆地で見つけた、ひまわり畑。さすがに南国だけあって、ほぼ終わりかけとなっていました。

Up11081609

そして関西から約400km、養殖いかだの浮かぶ宇和海が美しい、宇和島市に到着です。

Up11081610

この周辺は、山の斜面まで段々畑が続いていました。

Up11081611

山が海に落ち込み、複雑な地形を作るリアス式海岸のため、平地はほとんどありません。美しい光景です。

Up11081612

しかし光景とは裏腹に、開拓は大変だったに違いありません。急峻な山の斜面で一斉に動くスプリンクラー。斜面はみかん畑となっていました。

Up11081613

その山の斜面、石垣の段々畑で活躍するのが、こちら。無数の1本のレールが、至る所に敷かれています。

Up11081614

そう、これは運搬用のモノレール。荷物を載せて、信じられないような急勾配でも進めるようになっています。

Up11081615

荷台部分の車輪は、こんな感じ。簡素な構造に見えますが、これぐらいの幅のレールでも、転覆しないものなんですね。

Up11081616

動力部分は、こちらです。急勾配に対応するため、歯車式となっていました。ある意味ラック式モノレールという存在。

Up11081617

これが愛媛県内では無数に敷設されていて、半ば当たり前のように山の斜面に見ることができます。知られざるモノレール王国と呼べるかもしれません。

Up11081618

山の稜線、頂上まで続く段々畑。斜面に植えているだけではなく、これらは全て石垣で出来ています。土の流出を防ぐために石垣を組んだのが始まりなんだとか。先人の苦労が偲ばれますね。

Up11081619

一方、海の水も大変澄み切っています。近くの湾内、漁港の岸壁から海の中をのぞくと、そこには魚がたくさん泳いでいました。手を伸ばせば、本当に捕まえられそうなくらいです。

Up11081620

美しい自然と、そこに生活する人々。山と海、豊かな自然に育まれた、四国西部、愛媛県宇和島市への長距離ドライブでした。

★翌日は、水ヶ浦の段々畑へ(下記に続きます)★

耕して天に至る、水荷浦(水ヶ浦)の段々畑-愛媛県宇和島市-

★宇和島周辺の話題は、こちらもどうぞ★

キラッと南レク・愛媛県最南端の愛南町散歩

四国ドライブ~松山道の無料実験区間~

関西~四国ドライブ 松山道終点と「坂の上の雲」

四国ドライブ 宇和海と宇和島天赦園

高速1,000円 本州~四国 長距離ドライブ

ブログトップページブログトップページはこちら

« 兵庫県内ひまわりドライブ-柚遊農園のひまわり祭りと神鍋高原- | トップページ | 耕して天に至る、水荷浦(水ヶ浦)の段々畑-愛媛県宇和島市- »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四国ドライブ、愛媛県南西部の宇和島へ-天に至る段々畑-:

« 兵庫県内ひまわりドライブ-柚遊農園のひまわり祭りと神鍋高原- | トップページ | 耕して天に至る、水荷浦(水ヶ浦)の段々畑-愛媛県宇和島市- »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ