ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 岩梯子から荒地山へ-芦屋川→荒地山→風吹岩→岡本- | トップページ | 新しくなった関空展望ホールスカイビューと「りんくうタウン」駅 »

2011年8月30日 (火曜日)

神戸の日本庭園に幻想の光-相楽園にわのあかり2011-

8月28日、夏休み最後の日曜日。今年も神戸市の中心部にある日本庭園、相楽園では「にわのあかり2011」が開催され、幻想的な光景を見せていました。

Up11082801

神戸市中央区、中山手通にある相楽園です。8月27日と28日の2日間は、特別に午後9時まで開園。兵庫県庁の北側に位置し、市営地下鉄の県庁前駅からは徒歩5分、JR・阪神の元町駅、神戸高速(阪急直通)の花隈駅からは、それぞれ徒歩約10分で到着できます。

Up11082802

入場は大人1人300円。中に入ると、そこには幻想的な光と影の世界が広がっていました。

Up11082803

まず目を引くのが、こちら「傘のあかり」です。

Up11082804

光源は、傘の下に置いた蝋燭。

Up11082806

闇に浮かぶのは「LED作品」。雲雀丘中学校の皆さんの作品です。

Up11082805

一方、こちらは「瓦のある光景」

Up11082807

瓦に映像を映すというユニークな試みも、実施されていました。

Up11082810

そして「にわのあかり」開催中は、園内に移築、保存されている異人館「旧ハッサム住宅」も特別に夜間公開。

Up11082811

旧ハッサム住宅は1902年に、今の異人館街、ラインの館の近くに建てられた、明治時代の洋風建築を代表する建造物です。

Up11082812

国の重要文化財にも指定されており、門前には現存するものでは日本最古というガス燈も保存されています。それにしても夜間に入れるというのは、ちょっと新鮮な気分。

Up11082813

そして、そのとなり。うまや劇場(旧小寺家厩舎)では、何やら意味深な光景が。まるで絵を見ているような雰囲気ですね。

Up11082814

外から見ると、こんな感じ。本当に、夜の闇に浮かぶ1枚の絵のようです。この隣では、笑顔の似顔絵を描いた「こころのあかり」の展示も行われていました。

Up11082808

しかし、何と言っても美しいのは、園内を埋め尽くす1,300本の蝋燭のあかり。

Up11082809

園内を幻想的に彩ります。

Up11082815

相楽園は、1911年に完成した私邸の庭園。空襲により消失したため、当時より現存する建物は、先ほどの厩舎(築1908年)のみとなっていますが、この広さからも当時の繁栄ぶりが伺えます。

Up11082816

日本庭園に点在する洋風建築物と和の光。都会の中心部に広がる貴重な庭園。和洋折衷、新旧混在、そして光と影の彩る、神戸の相楽園でした。

★相楽園の記事は、こちらもどうぞ★

神戸相楽園の夜間開園 にわのあかり2009

★神戸の話題は、こちらもどうぞ★

【神戸】の地域ネタ一覧(新しい記事順に表示します)

ブログトップページブログトップページはこちら

« 岩梯子から荒地山へ-芦屋川→荒地山→風吹岩→岡本- | トップページ | 新しくなった関空展望ホールスカイビューと「りんくうタウン」駅 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449627/41426037

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸の日本庭園に幻想の光-相楽園にわのあかり2011-:

« 岩梯子から荒地山へ-芦屋川→荒地山→風吹岩→岡本- | トップページ | 新しくなった関空展望ホールスカイビューと「りんくうタウン」駅 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ