ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« がんばろう!!日本-第50回博多どんたく港まつり- | トップページ | 10周年で賑わうユニバーサルスタジオジャパン »

2011年5月10日 (火曜日)

音楽祭で賑わう新開地と周辺散歩-神戸の台所、東山商店街-

5月8日、日曜日。ちょうど良い気温を通り越して、少々蒸し暑ささえ感じるものの、よく晴れた1日になりました。本日は、音楽祭で賑わう神戸の新開地周辺へ。湊川公園から北に広がる東山商店街一帯と含めて、散策に出かけてみることにしました。

Up11050801

神戸の新開地商店街です。第11回神戸新開地音楽祭の開催で、商店街の中でも演奏が行なわれていました。この付近は、昭和30年代まで神戸市役所が置かれ、現在の湊川公園の場所には、高さ90mで当時日本一の神戸タワー(建設当時は新開地タワーという名称)が建つなど、名実ともに神戸の中心地として栄えていた所です。ここは、もともと湊川という川が流れていた所で、明治38年の流路変更によって埋め立てられ、新しく誕生した土地。新開地という地名も頷けます。

Up11050802

その湊川公園では、バザー市なども開かれていました。正面に見えるのが新開地商店街のアーケード入口です。その右手に見えるのが、高さ8mのカリヨン時計塔で、先述の神戸タワーの跡地に記念碑として建てられたもの。それにしても、1963年(昭和38年)に建てられ、今や神戸のシンボルとも言える神戸ポートタワーの高さが108mなのですから、1924年(大正13年)に建てられた神戸タワーの高さ90mというのは、驚くべき値です。

Up11050803

湊川公園のメインステージでは、次々と演奏が行なわれ、多くの人で盛り上がりを見せていました。今年は5つのステージで合計130組のアーティストが演奏。

★新開地音楽祭の模様は、こちらも参照下さい★
第10回神戸新開地音楽祭(2010年の記事です)

Up11050804

そして、こちらは音楽祭メインステージ北側の木陰です。こちらには将棋に興じる、たくさんの方々の姿がありました。実は湊川公園ではすっかりお馴染みの光景で、もはや名物とも言える存在です。そのレベルも半端ではなく、ちょっと力試しに対戦申し込み、などという訳にはいかないようで^^

Up11050805

そして、こちらが湊川公園周辺の案内図です。東側には神戸パークタウンや湊川プラザなどがある、湊川商店街があります。北側には兵庫区役所を挟んで、ミナイチ(湊川市場)とハートフル湊川、更に東山商店街が広がっています。図では湊川中央市場と書かれている部分が、現在のハートフル湊川です。また図では切れていますが公園の南側には、先ほどの新開地商店街がありますので、この周辺は市場と商店街が集中。正に神戸の台所と言われる所以ですね。

Up11050806

パークタウンに入りました。高台となっている湊川公園の横に接するように、1階、2階に分かれて回廊のように続いています。

Up11050807

そして、そのパークタウンの2階から外に出ると、今度は湊川商店街のアーケードにそのまま出てきました。地上だけでなく、一部2階部分も移動可能となっています。反対側の湊川センタービルやダイエー湊川プラザなどに行き来できる構造になっていますので、慣れていなければ迷宮に迷い込んだような感覚になりそう。

Up11050808

40周年の文字が揺れるミナイチ入口。この一帯の市場自体は1918年(大正7年)に神戸初の湊川公設市場として誕生しました。40周年と合わない感じがしますが、これは1970年に再開発されてからの年数です。1968年に神戸電鉄の湊川駅は地下化され、神戸高速鉄道を介して新開地まで延伸開業しました。その後、元々あった地上駅と線路跡が再開発されて現在に至っています。

Up11050809

そして、東山商店街です。

Up11050810

ここには昔ながらの風情が未だにいっぱい。(だん福菓子店)

Up11050811

懐かしい冷やし飴も健在です(鼻知場商店)。左側が「レモン」、右側が「あめ」で、コップ一杯の値段は50円。麦芽水飴に生姜で風味を付けたもので、熱いままの場合は、飴湯と呼ばれます。

Up11050812

こちらも人気。稲田串かつ店。全品80円。

Up11050813

それでは、近くの日之出庵のかしわ餅と一緒にいただきます^^

Up11050814

商店街や市場が元気な街は、本当にいいものですね。三宮とは一味違った、懐かしい神戸。音楽祭で賑わう新開地と、湊川公園の周辺散歩でした。

★神戸の商店街は、こちらもどうぞ★

神戸市東灘区唯一のアーケード街、甲南本通商店街

魅力あふれる水道筋商店街の「春のアメフトえびす祭」

いたやど2009夜店まつり

★おまけ記事です★

Up11050815

同日の神戸市内です。ポートアイランドに続く、第4突堤には「ふじ丸」が入港していました。総トン数は23,235トンで、1988年に三菱重工業の神戸造船所で建造。当時は日本籍で最大となる客船でした。現在、チャーター専用のクルーズ船として使用されています。

Up11050816

こちらは中公園駅から見た、神戸大橋とポートライナー。

Up11050818

更に南の方では、新しい市民病院も着々と建設中です。

Up11050817

そして近くでは、踊りの練習が行なわれていました。神戸まつりメインフェスティバルの開催は5月15日。1週間前で好天とあって、5月8日は市内各地で練習風景が見られたようです。こちらもその練習だったのでしょうか。開催当日は、いい天気になるといいですね^^

Up11050819

GW後も、祭りで賑わう神戸市内でした。

★神戸まつりはこちらも参照下さい★

2010年 第40回 神戸まつり

緑と海そして愛 第39回 神戸まつり

ブログトップページブログトップページはこちら

« がんばろう!!日本-第50回博多どんたく港まつり- | トップページ | 10周年で賑わうユニバーサルスタジオジャパン »

コメント

いそしずさん、こんばんは。

新開地音楽祭は、少し前に出かけました。
その際に案内を希望したので、毎回パンフレットをいただいております。
今年になって、**ツアーなどに申し込みました。
残念ながら直前になって行けなくなったのですが、とても楽しい街ですね~。
私より少し上の世代は新開地というと男の街(特に夜の)というイメージですが、私はよく知りません。(ホントです・笑)

ちゅたさん、こんばんは。

新開地界隈は、今でも男の街でしょうか(笑)
近くには福原桜筋や福原柳筋などがありますし、新開地にはCinema KOBE(2009年にCINEMAしんげきから名称変更)の2番館など、今ではとても珍しくなった映画館が現存しています。私も行ったことはないので、あまり詳しくはないのですが。。。(笑)

しかし新開地音楽祭は、なかなかいい雰囲気で盛り上がっていましたよ^^ 神戸の旧市街という感じが素敵な街ですね。ここに来るとモダンで華やかな現在の中心部とは違う、もうひとつの神戸。。。B面の神戸なんて言うのも分かる気がします。機会がありましたら、東山商店街付近も、ぜひ立ち寄って見て下さいね^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449627/39942436

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽祭で賑わう新開地と周辺散歩-神戸の台所、東山商店街-:

« がんばろう!!日本-第50回博多どんたく港まつり- | トップページ | 10周年で賑わうユニバーサルスタジオジャパン »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ