ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 北九州へ山陽道の長距離ドライブ-GWの高速道路は大渋滞- | トップページ | がんばろう!!日本-第50回博多どんたく港まつり- »

2011年5月 7日 (土曜日)

福岡の湾岸周遊散策-無料開放で賑わう海の中道海浜公園-

5月4日、ゴールデンウィーク真っ只中。人口145万人を超える九州最大の街、福岡市にやってきました。前日の激しい渋滞の苦労が報われるように、本日の福岡は快晴。「博多どんたく」開催もあって一層の賑わいとなりそうです。まずは、博多湾を中心に市内の散策に出かけてみることにしました。

★前日の移動記事はこちらをどうぞ★

北九州へ山陽道の長距離ドライブ-GWの高速道路は大渋滞-

Up11050401

ということで、福岡市の福岡タワー前にやってきました。博多どんたく港まつり開催に合わせて、本日は市内各地で様々なイベントを実施。こちらでも、さっそくバザー市が開かれており、多くの人で賑わっていました。

Up11050402

そしてこちらは福岡タワー前の早良区(さわらく)百道浜(ももちはま)演舞台です。博多どんたく祝賀大パレードは午後3時頃からですが、市内には30ヶ所以上の演舞台が設けられ、朝から踊りが続いています。

Up11050403

そして、その福岡タワーには何やら行列が。

Up11050404

福岡タワーの非常階段を登る、チャリティー階段のぼり大会です。参加料は大人1人500円。今回は東日本大震災の復興支援イベントとして実施されました。

Up11050405

福岡タワーの高さは234m、最上部の展望台までは123mあります。その階段数は577段で、見ているだけでも大変そう。そう言えば、神戸のポートタワーでも似たようなイベントがありましたね。

★参照★★神戸ポートタワーの非常階段開放の様子です★
ポートタワーのチャレンジ476と賑わう中突堤(2010年)

Up11050406

百道浜(ももちはま)の砂浜から見た福岡ドーム。シーサイドももちとも呼ばれるこの一帯は、福岡を代表する観光スポットでもあります。

Up11050407

そして海に突き出すように設けられた複合商業施設のマリゾン。ここから博多湾を横切る高速艇が運航されており、海の中道まで行くことができます。

Up11050408

その高速艇がこちら。乗船料金は大人1人1,000円。

Up11050409

そして出航。

Up11050410

海の中道までは、所要わずか20分。

Up11050411

海の中道にある水族館マリンワールドの前に到着しました。海の中道は、玄界灘と博多湾を分けるように伸びる、細長い砂丘で形成された陸繋砂洲(りくけいさす)です。志賀島を陸繋島として伸びるその全長は約8km、幅は0.5km~2.5kmあり、この広大な土地に様々なレジャー施設が設けられ、福岡市民の憩いの空間となっています。

Up11050412

そして中心にあるのが広大な海の中道海浜公園。入園料は大人1人400円ですが、本日は都市緑化推進運動として、なんと無料で開放されていました。

Up11050413

海の中道海浜公園は、1981年に開園した国営公園です。「うみなか」とも呼ばれて親しまれている公園の面積は、実に290ヘクタール。現在も整備が続いていて、次第に規模が拡大してきています。最終的な計画では540ヘクタールにもなる予定。

Up11050414

大観覧車の直径は60mちょうど。本日は数台に1台の割合で、くまのプーさんのぬいぐるみが置かれており、子供たちの人気を集めていました。

Up11050415

くまのプーさんゴンドラがちょうど私の順番にまわってきましたが、小さなお子さんを連れた家族連れに譲ります^^。一周約12分の空中散歩に出発です。

★くまのプーさんと観覧車はこちらもどうぞ★

淡路SAの観覧車とハイウェイオアシス淡路島公園

Up11050416

さすが観覧車、見晴らしは最高。広大な国営公園を見渡すことができました。下に見える花畑には、上から見ると蝶が3匹描かれており、なかなか心にくい演出。右手に見えるのが、金印でも有名な志賀島です。

Up11050417

開園から、今年でちょうど30年。家族連れで賑わう海の中道海浜公園でした。

Up11050418

高速艇でやってきましたが、博多への帰りはJRを利用してみます。博多までの運賃は450円で船の半額以下です。香椎線の終点、西戸崎駅では気動車が2両で発車を待っていました。福岡市内の路線ですが、ここはとてもローカルな雰囲気。

Up11050419

出発すると砂嘴(さし)に沿って進みます。玄界灘に沿う区間では、まさに砂丘の裏側を走っており、ほとんど砂浜を行くような雰囲気。ちなみに西戸崎駅ではガラガラでしたが、次の海ノ中道駅には多くの観光客がホームを埋めており、たった2両の気動車は、すぐに満員になってしまいました。博多へは香椎駅で鹿児島本線の電車に乗り換え。こちらは8両編成のきれいな電車で、その落差に驚きます。

Up11050420

そして3月3日に新博多駅ビル、JR博多シティとして誕生した、九州の玄関JR博多駅に到着しました。美しいコンコースが迎えてくれます。今年は九州新幹線開通もあって、注目度は抜群。そして、本日は博多どんたくも開催されています。

いよいよ次回は、博多どんたくの様子を見に、ここ博多駅から福岡の中心部、中州・天神へと移動してみたいと思います。

★続きの記事は、こちらをどうぞ★

頑張ろう日本!!−第50回博多どんたく港まつり−

ブログトップページブログトップページはこちら

« 北九州へ山陽道の長距離ドライブ-GWの高速道路は大渋滞- | トップページ | がんばろう!!日本-第50回博多どんたく港まつり- »

コメント

いそしずさんへ
GWを満喫されてますね。
海の中道は以前ある方のコンサートで行った事がありますが、こんなに広くて観覧車があるとか知りませんでした。福岡は屋台がたくさんあるそうですが、いそしずさんは行かれましたか?
この続き楽しみにしていますね^^

大盛りさん、こんにちは。

福岡は、とてもいい街でしたよ^^ 祭りの様子や、海に面した所などは神戸ともよく似た雰囲気を感じました。そう言えば、人口もほとんど同じですね。夜の雰囲気は、神戸より大阪に似てるかも知れません。

ホテルを遠方に取っていたため、夜の時間は十分ではなく、今回は屋台を楽しむことが出来ませんでした。祭りだったので、夜店はたくさんありましたけど…f^_^;)
海の中道には、確かに野外コンサートが出来る場所がありましたね…福岡市内をゆっくり歩いたのは15年ぶりくらいで、海の中道は初めてでした。また、訪ねてみたいと思います^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福岡の湾岸周遊散策-無料開放で賑わう海の中道海浜公園-:

« 北九州へ山陽道の長距離ドライブ-GWの高速道路は大渋滞- | トップページ | がんばろう!!日本-第50回博多どんたく港まつり- »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ