ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 点描「阪神淡路大震災1.17のつどい」 | トップページ | 尼崎市街地散歩-尼崎寺町七福神巡り- »

2011年1月23日 (日曜日)

厄除け祈願で賑わう神戸の厄神さん-六甲八幡神社と多井畑厄除八幡宮-

寒い日が続いています。1月18日、19日は、厄神さんの日。女性は33歳、男性は42歳が大厄。これは数え年ですので、満年齢より、プラス1歳になります。つまり、女性は今年32歳の誕生日を迎える人が、男性は今年41歳の誕生日を迎える人が大厄の年と言う訳ですね。大厄の前後の1年は前厄、後厄と呼びますので、ここは厄年が3年間も続く事になります。

Up10012101

こちらは神戸市灘区、JR六甲道駅から北へ数分、阪急六甲駅のすぐ近くにある六甲八幡神社です。大勢の参拝者で、参道は早くも混雑が続いていました。

Up10012102

境内から見ると、こんな感じ。夜店の続く参道は、人でびっしり。拝殿へは長蛇の列となっていました。厄年は、上記の他にも女性が19歳と37歳、男性が25歳と61歳(いずれも数え年)とするのが一般的です。地域によっては、女性は61歳を付け加えたりもしますので、いろいろな年齢層の人が参拝に来る事になりますね。

Up10012103

巫女さんの舞う拝殿へお参りして帰ります。

Up10012104

六甲八幡神社では、1月19日の午後10時から「湯立ての神事」も行なわれ、夜遅くまで厄除けの人で賑わいます。

★湯立ての神事はこちらをどうぞ★
六甲八幡神社の厄除祭と湯立ての神事

Up10012105

本年も楽しく過ごせますように。厄除けで賑わう六甲八幡神社でした。

Up10012106

続いてこちらは、神戸市須磨区にある多井畑(たいのはた)厄除八幡宮です。こちらも、厄除けの人で境内の外まで長い列が。。。

Up10012107

と思ったら、境内入口にある「加島の玉子焼」への行列でした。。。(汗) もう、どんな人気なのかと、、、知らずに並んでいたら、目の前でコケる結末になりますね^^;

Up10012108

気を取り直して、こちらが参道です。日本最古の厄除の霊地との案内も見えました。

Up10012114

こちらは1月18日から20日までの3日間、厄除の参拝者で賑わいます。訪れた日は最終日の20日でしたので、境内にも少し余裕が。

Up10012109

最古の案内が示す通り、こちらは西暦770年、疫病を除くために畿内10ヶ所で厄神祓を行なった地の1つです。当時の首都圏にあたる地域は「畿内」と呼ばれており、ここ須磨が西の境となっていました。周辺地域を「近畿」と呼んでいましたので、現在、関西を近畿地方とも呼ぶのはその名残なんですね。

Up10012110

畿内に厄が入ってくるのを防ぐために、境界となるこの地でお祓いを行なったと思われます。

Up10012111

お祭りムードの境内には、親子連れの方や、厄年とは無縁のような若い人の姿も多く見られました。地域に溶け込んだ厄神さん。

Up10012112

皆さん、健康で過ごせますように。

Up10012113

厄除けで賑わう、神戸の六甲八幡神社と多井畑厄除八幡宮でした。

★2011年の冬の話題は、こちらもどうぞ★

この冬一番の寒波到来-1.17のつどいの準備ほか

商売繁盛で賑わう西宮と尼のえべっさん

2011年初詣-湊川神社、長田神社と門戸厄神-

年越し寒波襲来。六甲山は真っ白に。

★神戸の話題一覧は、こちら★

【神戸】の地域ネタ一覧(新しい記事順に表示します)

ブログトップページブログトップページはこちら

« 点描「阪神淡路大震災1.17のつどい」 | トップページ | 尼崎市街地散歩-尼崎寺町七福神巡り- »

コメント

いそしずさん、こんばんは。

多井畑の厄神さんはよく行きますよ~。
参拝もよいですが、夜店も楽しいですね。
昨年は、加古川の宗佐厄神八幡神社にお参りしました。
あちらも夜店がたくさんで楽しかったです。
車の渋滞には閉口しましたが、多井畑もちょっぴり不便ですね。

お参りせずに画面に向かってですが、今年もいそしずさん、皆さんにとって平穏で過ごせますように…。

ちゅたさん、こんにちは。

多井畑は名谷などから臨時バスの便はあるものの、いずれの駅からも遠く、少々不便な位置にありますね。いそしずは今回が初訪問でしたが、20日だったこともあってか車の渋滞も少なく、すぐに駐車場に到着出来たので良かったです^^ 六甲全山縦走路が、意外と近いんだな~と、昨年を思い出していました。

ありがとうございます。今年1年も健康で元気に過ごせたらと思います^^ ちゅた様にとっても、良い年でありますように^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449627/38574906

この記事へのトラックバック一覧です: 厄除け祈願で賑わう神戸の厄神さん-六甲八幡神社と多井畑厄除八幡宮-:

« 点描「阪神淡路大震災1.17のつどい」 | トップページ | 尼崎市街地散歩-尼崎寺町七福神巡り- »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ