ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 秋の摩耶山登山(黒岩尾根)と六甲全山縦走大会 | トップページ | 京都の紅葉、夜景散歩-天授庵から永観堂へ- »

2010年11月17日 (水曜日)

さようなら明石淡路フェリー(たこフェリー)。-明石海峡の航路は運休へ-

明石海峡で隔てられた淡路島。明石港と、その淡路島、岩屋港を結ぶフェリーが「たこフェリー」です。明石海峡大橋の完成、そして高速道路の値下げなどで航路を取り巻く環境は激変しました。そして2010年11月15日をもって、航路は運休へ。休止前の11月13日土曜日、この「たこフェリー」を訪ねてみることにしました。

Up10111301

という訳で、明石駅から徒歩8分の明石港に到着です。夜ということもあってか、運休2日前ですが人影はまばら。

Up10111302

フェリー待合所の入口には、航路運休のお知らせが掲げてありました。

Up10111303

岩屋港までは片道380円。しかし「明石海峡遊覧きっぷ」が発売されており、こちらは往復で620円とお得です。遊覧切符ですので岩屋港で下船することは出来ませんが、記念品のサービスもあり、今回のような訪問にはピッタリの切符。

Up10111304

そして、たこフェリーこと「あさかぜ丸」が入港してきました。

Up10111305

淡路島から数台の車が上陸です。

Up10111306

下船が終わると、すぐに乗船が開始されました。この便の明石から淡路島への車は、乗用車がわずかに5台。本日は、土曜日のため明石海峡大橋の通行料金は、普通車わずか1,000円。とても太刀打ちできる金額ではありません。。。

Up10111307

出航すると、すぐにその明石海峡大橋が見えてきました。

Up10111309

夜の闇に浮かぶ、巨大な橋のシルエット。橋の電飾に目を奪われますが、良く見ると橋の中央付近に白、左右には青と赤の光が点いているのが確認できます。まるで、大きな信号のよう。これは橋梁灯と呼ばれ、船舶の航行の為に付けられているものです。

Up10111308

そして、そのまま橋の下へ。

Up10111310

明石海峡大橋を抜けると、すぐに岩屋港に到着しました。明石港からは、わずか20分の船旅です。遊覧切符では、もちろん下船は出来ませんので、フェリーに乗ったまま折り返しの出航を待ちます。皆が降りていくのを船で見送るのは、ある意味新鮮な気分かも。。。

Up10111311

ほぼ全員が下船したところで、船内の様子を見てみました。こちらは客室。たこフェリーと言うだけあって、船内は「たこ」だらけです。

Up10111312

航路は3隻で運航されてきましたが、現在はこの「あさかぜ丸」1隻が残るのみ。もう2隻の「あさなぎ丸」と「あさしお丸」は売却されてしまいました。

Up10111318

こちらは、在りし日の「あさしお丸」です。

Up10111314

そして最後の、この「あさかぜ丸」も売却が決まっています。

Up10111313

一応、経営主体を変えて、来春の運航再開を目指すことになっていますが、もうこの船もなくなってしまう訳で、高速道路料金の行方と合わせ、再開への道筋には紆余曲折も予想されます。

Up10111315

そして再び、岩屋港を出港。

Up10111316

海上から見る明石海峡大橋の夜景は、とても新鮮。明石駅からも近く、観光コースとしても申し分のない航路と言えそうです。しかし瀬戸大橋周辺では航路も減り、観光船も廃止。しまなみ海道沿いの航路も減りました。長距離フェリーも縮小が続いています。無事に運航が再開されるといいのですが。。。

Up10111317

明石海峡大橋が次第に離れて。。。この航路休止により、淡路島と本州を結ぶフェリーは全滅という事になります。

Up10111319

そして明石港で頂いた記念品です。記念スタンプと一緒に。

56年間、本当にお疲れさまでした。そして、ありがとうございました。運航再開を期待して、また会う日まで。運休間際のたこフェリーで行く、明石海峡遊覧の旅でした。

★明石海峡周辺の話題は、こちらもどうぞ★

16年ぶりに復活の神戸-小豆島航路(2011年7月23日掲載)

黄昏の瀬戸内へ。。。神戸-高松ジャンボフェリー

グランドオープンで賑わう兵庫県立舞子公園

淡路SAの観覧車とハイウェイオアシス淡路島公園

ブログトップページブログトップページはこちら

« 秋の摩耶山登山(黒岩尾根)と六甲全山縦走大会 | トップページ | 京都の紅葉、夜景散歩-天授庵から永観堂へ- »

コメント

いそしずさん、こんばんは。

タコフェリーは本当に残念です。
私は乗り場までが自転車圏ですので、この1年間で4-5回は利用しました。
高速艇では味わえない甲板からの海の景色や明石海峡大橋の眺め…。忘れられません。
復活したとしても、同じ船は戻ってこないようですね…。

それにしてもいそしずさんのレポートは本当にお上手ですね。
去りゆく航路を流れるようなストーリーで展開されて、最後はジーンと来ました~。

ちゅたさん、こんにちは。

ありがとうございます☆
鉄道の廃止の時もですが、航路の廃止も寂しいものがありますね。時代の流れという一言で片付けるのは簡単ですが、公共交通機関として考えた時には、縮小が進む現実には複雑なものを感じます。

一部の島を除き、香川、岡山、愛媛、広島、山口、そして大分と、瀬戸内海を行く航路のほとんどを乗船してきました。長距離フェリーもよくお世話になりました。フェリーでの船旅には、なぜか心惹かれるものがありますね。ぜひ来春、新しくなった航路で再び明石海峡を渡ることが出来ることを期待したいと思います~^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449627/37699460

この記事へのトラックバック一覧です: さようなら明石淡路フェリー(たこフェリー)。-明石海峡の航路は運休へ-:

« 秋の摩耶山登山(黒岩尾根)と六甲全山縦走大会 | トップページ | 京都の紅葉、夜景散歩-天授庵から永観堂へ- »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ