ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 岡山県真庭市紅葉ドライブ-桜の競演(普門寺)から雪の競演(蒜山)へ- | トップページ | さようなら明石淡路フェリー(たこフェリー)。-明石海峡の航路は運休へ- »

2010年11月15日 (月曜日)

秋の摩耶山登山(黒岩尾根)と六甲全山縦走大会

11月14日、比較的暖かい曇り空の日曜日となりました。本日は、第1陣の六甲全山縦走大会の日です。ちょっと様子もうかがいに、新神戸から市ヶ原を経て摩耶山掬星台まで、紅葉の登山も兼ねて向かってみることにしました。

Up10111401

新神戸を8時20分に出発、すぐに神戸の市街地が見えてきます。季節外れの黄砂の影響で景色もかすみ気味。でも暖かで穏やかな朝となりました。まずは2.3km先の市ヶ原を目指します。

Up10111402

布引ダム周辺は、所により色付いてきていましたが、見頃までにはもう一歩。穏やかな秋の朝。快適な散歩道が続きます。

Up10111403_2

市ヶ原には8:55に到着。ここで六甲全山縦走路と合流します。まだ早いので大会参加者の姿はありません。万が一、大会の邪魔になっても困りますので、今回は六甲全山縦走路ではなく、北側を行く黒岩尾根コースで摩耶山へ向かってみることにしました。六甲全山縦走路を右に見送り、左の道へ。この先で地蔵谷コースを分岐し、もう1つ先が黒岩尾根への分岐となります。

Up10111404

そして9:10、黒岩尾根コースに入りました。ここは摩耶山への登山ルートの中でも悪路に分類されるコースです。階段状に整備されている部分も多いものの、分岐部から、いきなりの急斜面が延々と続いていきます。

Up10111405

急斜面を頑張ると、次第に周囲は紅葉の世界へ。

Up10111406

9:45、古い「神戸市界」と書かれた石碑に到着です。ここの標高は約600m。これは明治32年に設置された古いもので、昭和22年まで隣の山田村との境となっていました。今でも、ここが神戸市中央区と北区の境となっています。

Up10111407

今回のコースは、こちら。左端が市ヶ原。右端が摩耶山です。赤矢印のルートが黒岩尾根コース。天狗道と書かれている青矢印部分が、六甲全山縦走路になります。

Up10111408

訪れる人も少ないルートのためか、落ち葉の残るベンチ。

Up10111409

全体に起伏の激しいコースですが、静かな森の中は最高の森林浴コースでもあります。

Up10111410

そして登山道の周囲は完全な紅葉に。

Up10111411

大きな谷を回りこむように越えると、摩耶山方向への展望が開けました。六甲全山縦走路の合流地点までもう少し。

Up10111412

そして六甲全山縦走路と、この写真の地点で合流です。六甲全山縦走大会の通過チェックポイントである摩耶山掬星台は、もう、すぐそこ。

Up10111413

掬星台手前では、大会参加者を迎える準備が。

Up10111414

そして10:30、ホットレモンサービスのテントも見える摩耶山掬星台に到着です。もちろん、こちらは大会参加者のためのもの。私はもらえません。。。^^;
出発した新神戸から7.3kmを2時間10分。市ヶ原からの黒岩尾根経由5.0kmを1時間35分での到着でした。ここで、23日の大会参加者「ころぼっくるさん」と合流し、本日の大会に参加している「ちゅたさん」の到着を待つことにします。

Up10111415

摩耶山掬星台での通過チェック開始時間は、お昼の12時ちょうど。午前11時を過ぎると、もう次々と到着する参加者の列で、広場は一杯となってきました。

Up10111416

皆さん、本当にお疲れさまです。。。次回は我が身な訳ですが。

Up10111417

ちゅたさん」は11時30分頃には到着し、言葉を交わすことが出来ました。大会参加中のところ、本当にありがとうございました。そして12時を過ぎると受付が開始され、次々とチェックポイント通過して行きます。終点宝塚まではまだ24km以上。頑張って下さい~^^

Up10111418

その後、六甲全山縦走路脇にある、こちらの店で「ころぼっくるさん」と昼食です。左の舗装道路が六甲全山縦走路。

Up10111419

独特の雰囲気漂う店内。。。

Up10111420

名物は何と言っても「ライスカレー」、1000円です。とても、おいしく頂きました。こうして食べている間にも、窓の外には次々と通過する参加者の姿が。
本日は、少しでしたが大会の様子を見ることができて本当に良かったです。ちゅたさん、ころぼっくるさん、ありがとうございました。そして大会参加の皆様や関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。第2陣は11月23日、私の大会初参加の日。大会の日も元気に頑張りたい。力と勇気をもらった、六甲全山縦走大会(第1陣)と摩耶山紅葉登山でした。

★2010年第36回六甲全山縦走大会はこちら★

2010年第36回六甲全山縦走大会-全線56km-

★2010年、六甲全山縦走関連はこちらもどうぞ★

2010年、KOBE六甲全山縦走大会の申し込み

2010年六甲全山縦走路 須磨浦公園~妙法寺

六甲全山縦走路 妙法寺-菊水山-摩耶山-ガーデンテラス

六甲全山縦走路 市ヶ原-摩耶山-六甲山-宝塚

2010年六甲全山縦走路リハーサルは雨の中。。。

2010年六甲全山縦走路全線53km (須磨浦公園-宝塚)

ブログトップページブログトップページはこちら

« 岡山県真庭市紅葉ドライブ-桜の競演(普門寺)から雪の競演(蒜山)へ- | トップページ | さようなら明石淡路フェリー(たこフェリー)。-明石海峡の航路は運休へ- »

コメント

いそしずさん、こんばんは。

摩耶山チェックポイントでのオフ会、嬉しかったです。
紅葉も綺麗でしたね。
23日の本番、頑張って楽しんで下さい。お天気だと良いですね~。
レポートも楽しみに待っています。

六甲全山縦走路脇にあるカレー屋さんは、通るたびに気になっていました。
レトロでセンスのよい看板と店の雰囲気がとてもおいしそうでした。
見た感じも少し変わっていておいしそうです。

いそしず様
こんばんは、掬星台では本番の雰囲気を感じて頂くことが出来たと思います。私は2回目ですがゴールの感動は変わらないでしょうね。縦走が終われば年末の第九本番があり一年が終わります。

23日は六甲を楽しく歩きましよう!

ちゅたさん、こんばんは。

六甲全山縦走、お疲れさまでした。16時26分にゴールされたそうですね。凄いです。そして目標達成、おめでとうございます^^ 何度参加されても、毎回、感動は変わらないのでしょうね。その雰囲気を少しだけですが、垣間見ることが出来ました。

23日は、その感動を味わえるよう、これまでの少ない経験を最大限生かして、ゴールを目指したいと思います。泣いても笑っても、自分自身との闘い。悔いのないよう頑張り、そして楽しみたいと思います^^

ころぼっくるさん、こんばんは。

摩耶山から登六庵でのオフ会、ありがとうございました。とても楽しいひと時でした。宝塚までご一緒できれば、更に雰囲気を楽しめたのでしょうが、都合が付かず申し訳ありません。

カレー屋さんも初めて入りましたが、以前から気になっていたので、行くことが出来てよかったです。そう言えば、菊水山手前の喫茶も気になりますね。。。

23日は、体調、天気とも良いことを祈りたいと思います。あとは本番に臨むだけ。どのような結果になるか分かりませんが、とにかく、ここまで来た以上は楽しむことも忘れず、頑張りたいと思います。23日、よろしくお願い致します^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の摩耶山登山(黒岩尾根)と六甲全山縦走大会:

« 岡山県真庭市紅葉ドライブ-桜の競演(普門寺)から雪の競演(蒜山)へ- | トップページ | さようなら明石淡路フェリー(たこフェリー)。-明石海峡の航路は運休へ- »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ