2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

Remember BOX

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

※お知らせ※

無料ブログはココログ

« 秋のしまなみ海道サイクリング(生口島-大三島) | トップページ | 第4回生駒チャレンジ登山大会 »

2010年10月19日 (火曜日)

西日光「耕三寺」と純白の丘

しまなみ海道サイクリングの途中で立ち寄ったのは西日光とも呼ばれる「耕三寺」。

★しまなみ海道サイクリングはこちらをどうぞ★

秋のしまなみ海道サイクリング(生口島-大三島)

その境内は他の寺院とは趣きが少々異なり、独特の雰囲気が漂います。さっそく内部を訪ねてみることにしました。

Up10101730

ということで耕三寺に到着しました。入場料金は1,200円と寺としては高いと感じる値段です。というのも耕三寺は全体が博物館法で定められた正式な「博物館」。スタンプラリーも開催されていて、5つ全部集めると記念の絵葉書をもらえるとのこと。それでは耕三寺博物館でもある、この寺院めぐりをスタートです。

Up10101731

耕三寺は、この地に生まれた実業家「金本福松」によって作られた寺。幼くして父親を亡くしながら若くして実業家として成功した彼は、この島で暮らす母親のために尽くしたものの、その母も死亡すると出家して僧侶となり、この地に30年をかけて一大伽藍を作り上げました。

Up10101732

中でも有名なのは孝養門。どこかで見たような雰囲気ですね。

Up10101733

全景はこちら。そう、これは日光東照宮の陽明門とそっくり。

★参考写真★

Up101017343

こちらが本物(!?)の陽明門です。

※2009年5月いそしず撮影。この時の模様は、当ブログ記事としては掲載しておりませんが、ご了承下さい。

Up101017344

一方、こちらは孝養門の彫刻です。門の大きさ、形は陽明門と寸分違わず同じに作られていますが、彫刻は独自のものが施されています。建設当時、その陽明門の設計図面を入手するのは大変だったとか。

Up101017345

そして、その近くには千仏洞地獄峡が口を開けていました。

Up101017346

全長は約350m。富士山の溶岩と浅間山の焼石で作られたという洞窟です。入り組んだ通路には地獄絵図が掲げられ、その後千体仏の空間へと続いていきます。

Up10101738

厳かな雰囲気漂う、地下洞屈。。。

Up10101739

しかし地上に出ると、すぐに未来心の丘に出ました。先ほどまでと対照的な、まぶしいまでの真っ白な世界に、不思議で強烈な違和感が。

Up10101740

カフェも石造り。瀬戸というより、もはや外国の風景。

Up10101741

それもそのはず、この石はイタリアから運ばれた白大理石で出来ているのです。

Up10101743

頂上に立つ白大理石の塔と太陽。

Up10101742

丸く切り抜かれた穴からは、瀬戸の風景が写真のように見ることができました。
というか、えーと、ここは寺院の中でしたよね。。。^^;。

Up10101745

先に紹介した日光東照宮の陽明門や富士山の溶岩洞窟の他にも、山門は京都御所、中門は法隆寺、五重塔は室生寺で本堂は平等院鳳凰堂、他にも石山寺に新薬師寺、四天王寺・・・
耕三寺は全国の有名どころ全てを模して作られた不思議な寺です。そして、更にはこのイタリアの大理石の丘も。

Up10101746

両親の供養と島の振興のためにと、昭和10年頃から一代で築き上げられた耕三寺。その歴史は、多くの年月と伝統を重ねた全国の寺院から見れば、あまりにも浅く異質なもの。しかし現在では、その多くの建築物が文化財に指定され、そして間違いなく、島の、いえこの地方全体の観光名所と言える存在になりました。

嘘から出た誠。模造から出た本物と言える、耕三寺「博物館」散策でした。

★続き記事、耕三寺からのサイクリングはこちらをどうぞ★

秋のしまなみ海道サイクリング(生口島-大三島)

ブログトップページブログトップページはこちら

« 秋のしまなみ海道サイクリング(生口島-大三島) | トップページ | 第4回生駒チャレンジ登山大会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西日光「耕三寺」と純白の丘:

» 耕三寺の石像さん達 [妄想大さじ5杯]
ニコッ♪ ちょっと怖い。 これは朱雀になるのかなぁ つづく・・ 前回の記事はこちら HomE [続きを読む]

« 秋のしまなみ海道サイクリング(生口島-大三島) | トップページ | 第4回生駒チャレンジ登山大会 »