ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 神戸「手づくり市」~須磨パティオ~ | トップページ | 四国ドライブ~松山道の無料実験区間~ »

2010年8月24日 (火曜日)

淡路SAの観覧車とハイウェイオアシス淡路島公園

須磨パティオに続いては、明石海峡大橋を渡って淡路島のSAへ。淡路SAは上下線がハイウェイオアシスでつながっており、高速道路を出なくてもUターンすることが可能です。

※前記事の須磨パティオはこちら※

神戸「手づくり市」~須磨パティオ~

Up10082220

その構内図です。青のラインは淡路ICへの出口。黄色いラインが上下のSAを結ぶ連絡道。途中に検問所(料金所ではありません)がありますが、何度でも上下のSAとハイウェイオアシスを行き来することができ、ここを通過することで高速道路を出なくてもUターンして元来た方向へ戻ることが可能となっています。

Up10082221

そして気になるUターンの場合の料金ですが、平成23年3月31日までETCの割引制度により、Uターンしても普通車は休日上限1,000円で済みます。

例えば垂水IC-淡路SA(Uターン)-垂水ICでETC1,000円です。

平日は午前6時~9時と午後5時~8時が5割引で、実質片道料金の2,300円(垂水ICから往復の場合)。その他の平日は3割引となっています。神戸西を超えてNEXCOの高速道路と連続走行した場合はNEXCO分が別途必要です。

Up10082222

ハイウェイオアシスの駐車場からも兵庫県立淡路島公園に行ける構造となっており、高速道路を出なくても公園の散策が楽しめます。

Up10082223

公園ではランタナが見ごろを迎えていました。

Up10082224

様々な色の花があります。こちらは真っ赤なランタナ。

Up10082225

「七変化」の和名の通り、たくさんの色を楽しめます。

Up10082226

猛暑の蒸し暑さのせいか、あまり人の姿は見られません。古びたベンチが寂しげな日暮れの散歩道。

Up10082227

途中には「いがぐり」がたくさん落ちていました。まだ若いせいか実の入っている気配はありません。。。

Up10082229

見上げると無数の「いがぐり」が。猛暑の中でも秋への準備ですね。

Up10082228

SAとは別に、ハイウェイオアシスの敷地内にもレストランがあります。こちらは大阪湾を望む活鯛の「大富」。隣にポンテメールというレストランもありますが、どちらも営業は土日祝のみとなっており、平日の厳しさがうかがえました。

Up10082230

ハイウェイオアシスには売店も併設。淡路島と言えば、やはりたまねぎ。たまねぎスープは売上第1位。

Up10082231

しかしSAの「びわソフト」も捨てがたい美味しさです。

Up10082232

そして、日も落ちて夜となりました。淡路の下りSAから見た、闇に浮かぶ明石海峡大橋。しかし本日は、天候が不安定なせいか、神戸、大阪方面は雲が多くて見通しが効きません。

Up10082233

そして、下りSAには観覧車があります。

(※先述の連絡道を使えば上りSAからも行けます)

Up10082234

乗車は大人1人600円。何やらプーさんゴンドラなるものが。

Up10082235

でかい。。。

Up10082236

緑の光に包まれたゴンドラは独特の趣き。プーさんゴンドラの乗車料金も他のゴンドラと同じです。なぜ淡路にプーさんかと思いましたが、特別な意味はないそうで。。。

Up10082237

高速道路のSAにある観覧車は、この淡路SAと、伊勢湾岸自動車道の刈谷SAの2ヶ所だけ。この観覧車は2006年に設置されました。

Up10082238

観覧車の直径は62.5m。頂上部からの眺めは最高です。

Up10082239

明石海峡を眺めて。。。^^;

Up10082240

プーさんの存在がユニークな淡路SAの観覧車でした。

★大阪湾岸の全ての観覧車は、こちらをどうぞ★

淡路島から神戸、そして大阪南部まで-関西、大阪湾岸の観覧車-

★ブログ内、淡路島周辺の話題はこちら★

2013年、第66回淡路島まつり花火大会

淡路・鳴門ドライブ-鳴門海峡と日本丸-

黄昏の瀬戸内へ。。。神戸-高松ジャンボフェリー

四国高松、霊場参りと明石海峡大橋~お盆の高速は大渋滞~

神戸淡路鳴門自動車道から四国ドライブルート 第九日本発祥の地を訪ねて

★この夏の神戸の話題はこちらもどうぞ★

猛暑の夏に真冬の光~神戸プラージュ~

六甲山のガーデンテラスと夏の高山植物園

30年ぶりに夜店復活、水道筋商店街(神戸市灘区)

うはらの盆~神戸市・川井公園~

第11回甲南にぎわいサマーフェスタと芦屋の花火大会

ブログトップページブログトップページはこちら

« 神戸「手づくり市」~須磨パティオ~ | トップページ | 四国ドライブ~松山道の無料実験区間~ »

コメント

いそしずさん、こんばんは。

夜のハイウエイオアシスも綺麗ですね。
観覧車は乗ったことがありませんが、夜も楽しそうです。

往復で1000円というのは知りませんでした。使えそうですね。
私は今春、自転車でハイウエイオアシスに行きました。
たこフェリーを降り、坂道をエッチラオッチラ登って…。
そこから県立淡路島公園を縦断し、淡路花さじき、国立明石海峡公園と回りました。
自転車でフェリーを利用すると片道580円。往復すると明石海峡大橋の方が安いですね~。
(ガソリン代は、自転車時のビール代と同等として…笑)

ちゅたさん、こんばんは。

ETCをうまく利用すると明石海峡大橋も安く利用することが出来ますね^^ たこフェリーの自転車往復より安いとは。。。ちょっと安すぎかも知れません。先日のジャンボフェリーでも感じましたが、こういった施策で公共交通機関である鉄道やフェリーが窮地に追いやられるのは複雑なものを感じます。

今回は県立淡路島公園を少し歩いただけでしたが、周辺も含めてゆっくり散策すると楽しそうですね。車で行くより、ゆっくりのんびりの旅が向いているかも知れません。。。以前は、そんな旅ばかりしていました。

今後は、そういった旅ネタも取り上げて行きたいと思っています。よろしくお願い致します^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449627/36327777

この記事へのトラックバック一覧です: 淡路SAの観覧車とハイウェイオアシス淡路島公園:

« 神戸「手づくり市」~須磨パティオ~ | トップページ | 四国ドライブ~松山道の無料実験区間~ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ