ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 近江長浜と春を告げるセツブンソウ | トップページ | 開業準備進む阪急摂津市駅と周辺散歩 »

2010年3月12日 (金曜日)

2010年 東大寺二月堂「お水取り」

寒暖の差が激しい日が続いています。3月11日は六甲山も雪化粧となっていましたが、寒さは次第に緩んで、また暖かさが戻ってきたようです。そんな3月ですが、現在、奈良の東大寺二月堂では毎年恒例の修ニ会[しゅにえ]が行なわれています。3月1日から14日まで。「お水取り」として全国的に知られる行事となっています。

Up10031201

ということで奈良の東大寺にやって来ました。写真は国宝の南大門。鎌倉時代、1199年の再建です。修ニ会、お水取りの行なわれるニ月堂は、この先の大仏殿の東側にあります。列に続いて二月堂へと向かってみました。

Up10031202

鏡池の向こうに見る中門と、奈良のシカです。

Up10031203

二月堂前は、すでに人でいっぱいでした。ただ、すごい数の警察官で警備されており、皆、押し合わずに行儀良く並んでいるのが救いです。立っている空間にも十分余裕がありました。あっという間に境内は埋まって、後ろへも長蛇の列となっていきました。

Up10031204

「おたいまつ」は1日から14日まで2週間毎日行なわれていますが、中でも12日の晩が一番混雑を極めます。境内は狭く限りがありますので、後ろの方となった人は見ることが出来ない可能性もあります。

「気分の悪くなった方はいませんか~」

警察官の声が響きます。長時間の待ち時間の間、いろいろな説明と共に、気分を和ます冗談も入って、会場は笑いに包まれました。開始直前に境内の照明が消えるので、注意するよう放送があります。

Up10031205

そして19時30分前、突然照明が消え、場内はどよめきと歓声に包まれました。松明はすぐには上に姿を見せず、ちらちらと炎が見える度に、ざわめきが起こります。警察の人が、松明が上がるのは、お坊さんを案内して終わったあとやから慌てないよう、説明を続けていました。

「そんなに背伸びせんでも、これから十分見えるから」

と更に笑いを誘います。

Up10031206

そして遂に1本目と2本目が上がりました。大歓声に包まれた境内は、異様な興奮に満ちあふれます。2本目が上がっても、人々の列に動きはなく、警察官の誘導に従って下さい、の声が大きく響いていました。

Up10031207

境内に再びライトが照らされ、誘導に従いながら非常にゆっくりと前進を開始。松明が残っているうちに、なんとか二月堂の下までやってきました。本日の松明は11本ですが、この位置に来るまでに、すでに20分以上が経過しており、もう8本目まで進んでいます。

Up10031208

8本目と9本目。何とか間に合いました。左から右へと移動しながら、火の粉を振りまいて行きます。

Up10031209

真下に来る頃には9本目と10本目に。

Up10031210

「お水取り」は、平城京の時代から1200年以上、毎年欠かすことなく行なわれてきた行事です。兵火で東大寺の大半が焼失した時でも、不退の行法として欠かすことなく続けられてきました。

12日の晩(13日の未明)には、松明を照らしながら閼伽井屋(あかいや)へと向かい、香水を汲む行事が行なわれます。これが名前の由来となった本来の「お水取り」です。

Up10031211

更に火の粉が降ってきました。火の粉の下を通れば、病気を取り除き無病息災。「お水取り」は天下泰平、五穀豊穣を願い、人々の幸せを祈った奈良時代の伝統を今に伝えています。

Up10031212

11本の松明は、あっという間に終了。残念ながら見られなかった人も多かったようです。本当に長時間、お疲れさまでした。

2010年、平城遷都1300年の奈良に春の訪れを告げる、東大寺二月堂のお水取り(修ニ会)でした。

★奈良関連はこちらもどうぞ★

平城遷都1300年祭開幕 4月24日-11月7日

冬の花火と若草山の山焼き【奈良】

ブログトップページブログトップページはこちら

« 近江長浜と春を告げるセツブンソウ | トップページ | 開業準備進む阪急摂津市駅と周辺散歩 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449627/33746511

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年 東大寺二月堂「お水取り」:

« 近江長浜と春を告げるセツブンソウ | トップページ | 開業準備進む阪急摂津市駅と周辺散歩 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ