ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« あびこ観音の節分祭【大阪】 | トップページ | 日航撤退の神戸空港 スカイマーク拡充へ »

2010年2月 6日 (土曜日)

東信貴ケーブル跡と信貴山(437m)・高安山(488m)【奈良・大阪】

立春を過ぎたというのに寒い日が続いています。特に本日は強い寒波の1日となり、昼間でも凍るような寒さ。そんな中、奈良県側から信貴山[しぎさん]を超えて、大阪側を目指すことにしてみました。

Up10020601

JRの王寺駅から1駅、近鉄の信貴山下駅から出発です。

←(信貴山下駅はこちら)
MAPPLE地図~別ウィンドウで開きます~

駅前からまっすぐに伸びる車道を登っていくと、次第に奈良盆地が見渡せるようになってきました。写真は振り返ったところ。この坂道の下に信貴山下[しぎさんした]駅があります。一直線の舗装道を登った突き当たり右手に、近畿自然歩道・信貴山[しぎさん]朝護孫子寺[ちょうごそんしじ]の標識が立っており、ここから遊歩道を信貴山へと向かいます。

Up10020602

この遊歩道も先ほどの舗装道と同様、一直線に伸びる坂道です。そして、この遊歩道には今でも枕木が残っていました。実はここは、1983年に廃止された東信貴鋼索線(東信貴ケーブル)の跡をハイキングコースとして整備したもの。遊歩道となっている区間は約700mで、先ほどの舗装道も、このケーブルの廃線跡を利用したものです。

Up10020603

そして、元の信貴山駅に到着です。現在はバスの待合室として利用されていますが、駅舎の雰囲気がそのまま残っていました。

Up10020604

中には当時のままの案内図が。信貴山-信貴山下のケーブル部分が消されてはいますが、はっきりと残っています。また、生駒から大阪方面は近鉄奈良線しかありません。現在、市営地下鉄中央線と直通している東大阪線(現在の近鉄けいはんな線)の生駒開通は1986年ですので、まだ完成していなかった訳ですね。。。時代を感じます。

Up10020605

信貴山駅跡からは参道を歩いて信貴山へ。信貴山は大和七福神としても知られる朝護孫子寺(信貴山寺)の広大な境内で占められています。

Up10020606

信貴山門前に架かる開運橋は昭和6年の建造。この形式としては日本最古の橋で、国の登録有形文化財に選定されています。

Up10020607

そして世界一の福寅と本堂です。今年は寅年で、しかも平城遷都1300年とあって、寺では様々なイベントが予定され、本日も寒い中多くの参拝者で賑わっていました。

Up10020608

境内から見た本堂と奈良盆地。

Up10020609

信貴山へは、そのまま境内、空鉢堂への参道を進みます。最初の信貴山下駅から1時間15分、空鉢堂の建つ信貴山(437m)山頂に到着しました。

Up10020611

山頂からは葛城山方面への展望が見事です。風が大変強く、ごうごうと音を立てて吹き抜けていきます。しばし眺めていると、もう体が冷えてきました。

Up10020610

そして空鉢堂横に建つ信貴山城址の碑から、寺とは反対方向の山道へと下ります。参拝者で賑わう境内とは対照的に、こちらに来る人はほとんどいません。林道風の広い道を少し下ると分岐があり、これを左の山道へ。ここから高安山を経由し、大阪側にある近鉄西信貴ケーブルへ向けて、大変静かな山歩きです。

Up10020612

信貴生駒スカイラインを横切ると、高安山までもう少し。

Up10020613

生駒縦走路でもある広い道に出たところで右側の斜面を登ると、すぐに高安山の山頂に到着です。残念ながら展望はありませんでした。

←(高安山の位置はこちら)
MAPPLE地図~別ウィンドウで開きます~

Up10020614

生駒縦走路と完全に合流して、近鉄西信貴ケーブルの高安山駅方面へ。眼下に大阪平野の眺めが広がってきました。向こうに見えるのは六甲山。毎年秋には六甲全山縦走大会が開かれていますが、こちらでも生駒チャレンジ登山が開催されています。

★生駒チャレンジ縦走大会の模様は、こちら★

第4回生駒チャレンジ登山大会 (2010年参加、上級32km)

Up10020615

そして信貴山から45分、最初の信貴山下駅から2時間ちょうどで西信貴ケーブル高安山駅に到着です。戦前までは、ここから信貴山急行電鉄の電車が、先ほどの信貴山朝護孫子寺まで運転されていました。ケーブルカーを登った終点から普通の電車が走るという世界でも稀な形式で、山上の電車として親しまれていたようです。この廃線跡は信貴生駒スカイラインの一部として利用されています。

Up10020616

高安山駅横の展望台からは、大阪平野が一望できました。北へと続く生駒の山なみと市街地。

Up10020617

そして大阪中心部の高層ビル群と六甲山。
こうして見ると何だか大阪とは思えない外国的な風景ですね。

Up10020618

そして、そのまま現役の西信貴ケーブルで下山します。

ケーブルの名残も含めて東から西へ。変化に富んだ奈良から大阪への生駒山系横断ハイキングでした。

★六甲全山縦走関連は、こちらをどうぞ★

2010年、KOBE六甲全山縦走大会の申し込み

2010年六甲全山縦走路 須磨浦公園~妙法寺

六甲全山縦走路 妙法寺-菊水山-摩耶山-ガーデンテラス

六甲全山縦走路 市ヶ原-摩耶山-六甲山-宝塚

★関西の登山関連はこちらもどうぞ★

城山(323m)-堂徳山(337.5m)-市章山(292m) 【神戸市】

善防山(251m)~笠松山(244.4m) 【加西市】

日本300名山「六甲山」と魚屋道【神戸市】

ブログトップページブログトップページはこちら

« あびこ観音の節分祭【大阪】 | トップページ | 日航撤退の神戸空港 スカイマーク拡充へ »

コメント

こんばんは、信貴山には高校の宿舎があり(今はどうなっているか分かりません)天文倶楽部の観測合宿で何度か行っていました。冬の寒い夜の流星観測が記憶に残っています。
最近では秋の大阪チャレンジ登山のゴールになっています。秋のコースは歩きやすいのでお勧めします。

ころぼっくるさん、こんばんは。

生駒山には生駒縦走歩道があるのを今回訪ねて初めて知りました。大阪のチャレンジ登山は春と秋の2回あるようですね。春のダイヤモンドトレールは聞いたことがあったのですが、秋の存在は初めて知りました。挑戦の際には、ころぼっくるさんのブログを参考にしたいと思います^^

春のダイトレ、チャレンジ登山は、かなり厳しいコースのようですね。六甲縦走と似た雰囲気なのかも知れませんが・・・ころぼっくるさんのお膝元になりますが、金剛山・葛城山には、ぜひ登ってみたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東信貴ケーブル跡と信貴山(437m)・高安山(488m)【奈良・大阪】:

« あびこ観音の節分祭【大阪】 | トップページ | 日航撤退の神戸空港 スカイマーク拡充へ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ