ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« ETC1,000円の郷帰り 高速道路は断続的に渋滞 | トップページ | 神戸長田に鉄人28号建設開始 »

2009年8月16日 (日曜日)

根尾川と根尾谷断層

岐阜県の根尾谷です。根尾谷は、揖斐川の支流根尾川の作った南北に伸びる谷筋で、鉄道好きの方なら、第三セクター鉄道の樽見鉄道が走る谷筋と言えば分かりやすいでしょうか。桜好きの方なら、樹齢1,500年と言われる日本一の薄墨桜のある所と言えば、分かるかも知れません。

Up09081603

その根尾川に沿って、これまた酷道ファンには有名な国道157号線を樽見方面へ進むと、途中から脇道に入った水鳥地区に根尾谷断層があります。樽見鉄道水鳥駅の近くです。写真中央、道路の傾斜から左に伸びる草の斜面が地震で出来た断層です。地震の発生する前は、手前と向こうは平坦な土地でした。向こう側が6mも隆起して、このような段差が発生したのです。

Up09081604

近付くとこんな感じ。もはや川の堤防か、鉄道の築堤にしか見えません。これが1回の地震で隆起したとは驚きです。

Up09081605

断層のすぐ近くには地震資料館が建っています。入館料は大人1人500円。根尾谷断層を作った濃尾地震についての詳しい資料が保管されています。

Up09081606

館内では、断層部を掘って、ずれた岩盤を直接見ることが出来ます。濃い灰色の岩盤が、写真中央より左と右で大きく食い違っているのが分かります。下の人形の建っている所から、濃い灰色の岩盤部分が右側のみ上へ大きくずれています。もともと、左と右は水平で、地震により6mも上下にずれた為に、このようになりました。

Up09081608

反対から見たところです。濃尾地震は1891年10月28日の午前6時37分に発生した、マグニチュード8.0という内陸の直下型地震としては最大級の地震であり、80kmもの地震断層が出現して、多くの被害をもたらしました。根尾谷断層では、他にも、ずれた畑の境界線や道路などが、そのまま残されたりしています。

Up09081601

近くの根尾川です。今の時期は鮎釣りが非常に盛んです。国道157号線沿いには、鮎の料理店もたくさんあり、この季節は新鮮な鮎を求める人で大変賑わいます。

Up09081602

釣りの専用区と、キャンプ地等とは区分けがされていて、根尾川ではキャンプやレジャーも楽しめます。水が大変きれいで、洗われるような美しさでした。

Up09081607

最後に平野部に出て、揖斐川の西に広がる茶畑の様子です。美濃のこの辺りは揖斐茶の産地として知られていて、広がる茶畑が独特の風情を漂わせていました。

1日のんびりムードの岐阜散策でした。

★国道(酷道)157号線の話題は、こちらをどうぞ★

酷道(国道)157号線を訪ねて-越前大野から岐阜の根尾谷へ-【前編】

酷道(国道)157号線を訪ねて-越前大野から岐阜の根尾谷へ-【後編】

★ブログ内関連記事です★

>>1/17 2009年震災の日〔阪神淡路大震災から14年〕

>>8/12 兵庫県洪水・静岡県地震 盆前に自然災害相次ぐ

>>8/15 ETC1,000円の郷帰り 高速道路は断続的に渋滞

ブログトップページブログトップページはこちら

« ETC1,000円の郷帰り 高速道路は断続的に渋滞 | トップページ | 神戸長田に鉄人28号建設開始 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 根尾川と根尾谷断層:

« ETC1,000円の郷帰り 高速道路は断続的に渋滞 | トップページ | 神戸長田に鉄人28号建設開始 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ