ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 無料解放 王子動物園・須磨海浜水族園 神戸客足復活へ | トップページ | (神戸)住吉川にホタルの光 »

2009年6月14日 (日曜日)

六甲山横断ハイキング(谷上-市立森林植物園-市ヶ原-布引)

梅雨に入ったというのに、雨はほとんどなく、晴れの天気が続いています。ハイキングには少し暑い季節になりつつありますが、今日は六甲山北側の谷上から新神戸(布引)まで、山を横断してみることにしました。

Up09061401

神戸電鉄と北神急行が連絡する谷上駅ホームには、ふもとの駅らしく洒落た待合室がありました。ここから神戸市立森林植物園まで徒歩50分とあります。距離は2.3kmです。

Up09061402

その谷上駅は、神戸市営地下鉄と直通している北神急行の終点です。同じホームで神戸電鉄と連絡しており、改札を出なくても乗り換え可能となっています。北神急行なら谷上から新神戸まで、わずか8分です。

Up09061403

案内に従って谷上駅を西に出ると、山田道、森林植物園への案内がありました。分岐地点など標識は完備されていますので、まず迷う心配はありません。午後2時30分、谷上をスタートしました。

Up09061404

山田道に入って、谷上の駅方向を振り返ったところ。暑いです。

Up09061405_2

山田道は、序盤は木陰の緩やかな道が続きます。難所と言えるような急勾配もなく、比較的たどり易い道です。

Up09061406

少し急な坂を登って森を抜けると、いきなり開けた場所に出ます。となりは大規模な採土場のようでした。勾配は緩くなりますが、しばらく遮るものがなく暑さは倍増です。標高は380m。谷上から約130mほど登ったところです。

Up09061407

再び森に入ってしばらく行くと、西六甲ドライブウェイの車の音が近付いてきます。車道に出れば、森林植物園は目の前です。

Up09061408

午後3時15分、出発から45分で標高440mの森林植物園正門に到着しました。谷上からの標高差は200mもありません。

Up09061409

神戸市立森林植物園は、キャンペーンで13日、14日の2日間入場無料です。昨日の王子動物園や須磨海浜水族園と同じキャンペーンです。

Up09061410

解放された正門の横に、ガイドマップが置いてありました。森林植物園では、アジサイが見頃を迎えており、今日は無料キャンペーンも重なって多くの人出となっていました。土日には北鈴蘭台駅とを結ぶ無料送迎バスも運転されていますが、道路は渋滞の情報も出るほど、混雑していたようです。

Up09061411

アジサイが見頃の園内も、今日は日差しが厳しく暑いです。

Up09061412

それでも、ヤマアジサイがきれいに咲いていました。

Up09061413

こちらはヤマアジサイの一種のシチダンカ。シーボルトがヨーロッパに紹介したものの、実物はその後130年間、昭和34年まで見つからず幻のアジサイと言われていました。装飾花が重弁化しているのが特徴です。

Up09061414

家族連れで賑わう園内を通り抜け、東門へ向かいます。

Up09061415

15時50分、東門に到着しました。ここは、六甲登山道の1つトエンティクロスとの分岐部にあります。今日のように園内を通過する場合でも、通常は入園料が必要で、東門に通じる出口にも料金所が設置されていました。

Up09061416

森林公園内の450m付近が今日の最高地点で、東門付近の標高は350m、谷上出発から約4km来ました。ここから新神戸までは、まだ約5kmあります。

Up09061417

トエンティクロスは、その名の由来ともなったように、川を何度も横切りながら進みます。砂防ダム付近で勾配がある他は、川の流れに沿って、比較的ゆるやかな道が続きます。

Up09061418

川越えの部分は、飛び石となっています。

Up09061419

市ヶ原までもう少し。摩耶山に向かう黒岩尾根・地蔵谷への道、稲妻坂・天狗道と呼ばれる六甲全山縦走路などが分岐したりと、この辺りの登山道は大変複雑になっています。

★摩耶山から宝塚への六甲全山縦走路はこちらをどうぞ★
>>六甲全山縦走路 市ヶ原~摩耶山~六甲山~宝塚

Up09061420

最後に川沿いを離れ、尾根筋を超える比較的長い勾配があり、登りと下りを頑張るといよいよ市ヶ原です。

Up09061421

市ヶ原付近から先は、急な勾配もなく、のどかなハイキングコースです。陽も次第に傾き、快適な散歩道となってきました。布引貯水池を超えれば、もうすぐ新神戸。

Up09061422

山の中から、いきなり神戸の街が見えてきます。更に下ると、新神戸駅のアナウンスやメロディが山道に響き、都会の喧騒が次第に大きく聞えてきます。深い山道から、いきなり都会へ。この変化の激しさは、なかなか他では味わえません。

★六甲山横断はこちらもどうぞ★

日本300名山「六甲山」と魚屋道(甲南山手~有馬)

午後5時20分、新神戸駅に到着しました。谷上から、山田道・徳川道(森林公園内)・トエンティクロスを経由し、8.8kmを2時間50分。平均時速3.1kmでした。

←(今回の地域はこちら)
MAPPLE地図~別ウィンドウで開きます~

★六甲全山縦走大会はこちらをどうぞ★

2010年第36回六甲全山縦走大会-全線56km-

ブログトップページブログトップページはこちら

« 無料解放 王子動物園・須磨海浜水族園 神戸客足復活へ | トップページ | (神戸)住吉川にホタルの光 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六甲山横断ハイキング(谷上-市立森林植物園-市ヶ原-布引):

« 無料解放 王子動物園・須磨海浜水族園 神戸客足復活へ | トップページ | (神戸)住吉川にホタルの光 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ