2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Remember BOX

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

※お知らせ※

無料ブログはココログ

« 名古屋ガイドウェイバス | トップページ | 神戸港散歩 中突堤に飛鳥Ⅱ入港 »

2009年3月11日 (水曜日)

高速道路1000円実施・一部システム整備に遅れ

08年度第2次補正予算の関連法が、3月4日に成立して、給付金が決まったり、高速道路1,000円が決まったりと、景気対策が行なわれることになりました。

高速道路土日普通車上限1,000円は、3月28日から実施が決まりましたが、どうも一部に混乱があるようです。ETC限定の割引は、複雑で分かりにくいものになっていて、どこをどう乗れば、いくら割引になるのか、本当に分かりにくい・・・上限1,000円は、思い切った割引で、他の交通機関にも影響が懸念されていますが、当の高速道路自身の対応にも影響が出ているようです。

以下に、現時点での情報をまとめてみました。

*************************************************************

上限1,000円になるのは、土日祝にETC走行した普通車と軽自動車。

大都市近郊区間は除く。

(大都市近郊区間の範囲は下記参照)

http://www.driveplaza.com/etc/commutation_discount/expressway.html

実施は3月28日から。

終了は延長などがなければ、2011年の3月末の予定。

*************************************************************

関西からだと、中国道西宮北ICより西は、どこまで行っても1,000円。名神大津ICより東も関東の大都市近郊区間に入らない限り、どこまで行っても1,000円となる訳ですね。

例えば大津-青森は、関東を通らずに北陸道-磐越道-東北道とつなげは、通常21,750円が1,000円。西宮北-鹿児島は、通常16,800円が1,000円です。これは安いですね。鉄道はもちろん、カーフェリーなどにも影響が広がりそうです。

ここまでは、分かりやすいのですが、問題はここからです。

まず、瀬戸大橋など、本四連絡橋の走行です。

本四連絡橋区間は3つあります。

神戸淡路鳴門自動車道【神戸西-鳴門】

瀬戸中央自動車道【早島-坂出】

西瀬戸自動車道(しまなみ海道)【西瀬戸尾道-今治】

これらの道路は、東京湾アクアラインと同様、一足早く3月20日から土日祝1,000円となります。西瀬戸自動車道以外は、両端がNEXCO西日本の高速道路とつながっています。連続走行した場合はどうなるのでしょうか。

3月28日からは、1,000円+1,000円で2,000円となります。本州の高速道路から本四連絡道路を通過し、四国の高速道路をそのまま走っても、連絡橋を挟む前後の高速道路の料金は2重徴収されません。よって、2,000円のまま、四国島内の高速道路を走ることができます。

この処置が、大都市近郊区間でも適用されるはずでした。

つまり、関西の西宮北-大津を挟んで前後の区間を走行したり、関東の首都高速や近郊区間を挟んでも、前後の高速道路部分は2重徴収せず、大都市近郊区間の料金+1,000円となるはずでした。

例えば、鹿児島-青森は西宮北-大津の1,500円を余分に払えば、前後は通しで1,000円で済み、合計2,500円となります。しかし、システム改修の遅れから、大都市近郊区間を挟む場合は、1ヶ月ほど2重徴収となることになってしまったようなのです。上記の例では3,500円となることになります。それでも長距離の場合は超割安に変わりないですが、前後が割と短い距離の場合、これを知らなければ、思っていたより割高と感じるケースも出てきそうです。

給付金もそうですが、どうも決定事項が先行し、現場の対応が追いついていない印象ですね。。。高速道路の割引制度も、通過時間など注意していないと思わぬ料金だったりして、困惑することがあります。ETCの割引制度は、平日・土日祝・100km・早朝・深夜・通勤・大都市近郊・最初の1回、2回、回数無制限・・・思いつく適用条件のキーワードを挙げるだけでも複雑怪奇としか言いようがなく、これに更に道路の種類によって、適用区間になるとか、適用区間外だとか、距離には含めるが割引対象外とか、もう、いい加減にしてくれ、という感じです。

安くなるのは、とてもいいことですが、複雑怪奇な割引システムは、問題があります。勘違いが多発するのではないかと思います。私も、休日100km半額のつもりで乗ったところ、通常料金が徴収されてしまったことがありますが、その日は1月2日でした。高速道路はカレンダー通り・・・平日だったとは。

勘違いしても、それは全てを知り尽くしていない利用者のせい、とするには、あまりにも複雑すぎで、また割引制度が変わり過ぎ、乱発すぎです。今回の2重徴収も、一度2重徴収しない、と言っているだけに、混乱の元となりそうですね。

高速道路の渋滞も心配なところ・・

実施日がせまっています。どうなることやら。

ブログトップページブログトップページはこちら

« 名古屋ガイドウェイバス | トップページ | 神戸港散歩 中突堤に飛鳥Ⅱ入港 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高速道路1000円実施・一部システム整備に遅れ:

« 名古屋ガイドウェイバス | トップページ | 神戸港散歩 中突堤に飛鳥Ⅱ入港 »