ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 500系「こだま」 | トップページ | 六甲ガーデンテラス・氷の祭典とホール・オブ・ホールズ六甲 »

2009年1月29日 (木曜日)

K-20 怪人二十面相・伝

28日水曜日のレイトショーで、1ヶ月ぶりくらいに映画を見てきました。平日の夜とあって客は少なく、どれを見てもゆったりできそうです。まもなく終映予定のキアヌ主演「地球が静止する日」にしようかとも思いましたが、下馬評が良くないので、「K-20 怪人二十面相・伝」(ケー・トゥエンティー かいじんにじゅうめんそう・でん)を見てみることにしました。「イキガミ」から久々の邦画になります。

Up090129k20 © 2008 "K-20" FILM PARTNERS.

映画館到着は上映開始10分前とギリギリで、部屋に入ったのは上映開始寸前でした。観客はわずかに5人・・・平日のレイトショーとは言え、惨憺(さんたん)たる有様で、ここはどこの田舎町かと思ってしまいます。都会の一角のはずなんですが。。。

「K-20 怪人二十面相・伝」は、北村想(きたむら そう)の「怪人二十面相・伝」が原作となっています。怪人二十面相と言えば江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)ですが、その人物像にある変遷があることから、独自の推理を加えて、江戸川乱歩の描かなかった怪人二十面相を「伝」として描いたものです。

この原作を読んだことはなかったので、新鮮な気持ちで映画鑑賞できました。舞台は第二次世界大戦のなかった架空の日本で、1949年の設定となっており、ドイツの影響を大きく受け、また身分社会のままの世界となっています。邦画の質も、どんどん上がっているのが実感できる映像で、すぐにこの独特の世界観に入ることができました。配役は「遠藤平吉」が金城武(かねしろ たけし)、「明智小五郎」が仲村トオル、明智の婚約者として登場の「羽柴葉子」が松たか子と、豪華な顔ぶれで、この3人を軸に展開していきます。内容は、笑いあり、アクションあり、ミステリーあり、と、ごく一部を除いて小気味よいストーリー展開で、見るものを飽きさせず、とても良かったと思います。ごく一部と言ったのは、「遠藤平吉」の描き方にかなり重点が置かれていて、間延びし(飽き)かけた所と、本来の核心とは関係のない枝葉と思われる部分まで、時代背景や情景を描き過ぎかけたところでしょうか。それを除いては、パーフェクトとも言える内容・展開で、大変楽しめました。盗賊としての怪人二十面相の活躍や、果たしてそれが誰なのかというミステリー部分は、謎と言うほどのものではなく、すぐに予測可能であり全体的に簡潔なのですが、まさにそれが原作の主旨であり、観客を謎解きに集中しすぎることなく、逆にいい感じとなってラストのクライマックスにつながるところも大変良かったです。

遠藤平吉の師匠とも言える「源治」役の國村隼(くにむら じゅん)とその妻「菊子」役の高島礼子もハマリ役でいい味を出していたと思います。遠藤平吉役の金城武は、前半は少し浮き気味と思いましたが、後半になるほどに良くなったと思います。これはストーリーの重要な構成上仕方のないところでしょうか。金城武は日本国籍ですが、台湾出身で、台湾と沖縄の人とのハーフであり、その彫りの深い顔立ちのせいもあったかとは思います。松たか子は、上流階級のお嬢様という設定ですが、これも前半よりも役の変化する中盤から後半にかけてが良く、総じて後半に色々な良さが集約した印象であり、終り良ければ全て良しではありませんが、所々に織り交ざる笑いも含めて、大変楽しい映画でした。この笑いのポイントなどは「あぶない刑事」を彷彿とさせるシーンもありましたが、これは仲村トオルの影響でしょうか。それにしても、源治役・・・最近どこかで見たと思ったら。。。気付いた時にはコケそうに・・・
・・・という訳で「パコと魔法の絵本」以来の高評価でした。

(★★★★★★) いそしず

<<前回映画 WALL・E/ウォーリー【吹替版】

« 500系「こだま」 | トップページ | 六甲ガーデンテラス・氷の祭典とホール・オブ・ホールズ六甲 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: K-20 怪人二十面相・伝:

« 500系「こだま」 | トップページ | 六甲ガーデンテラス・氷の祭典とホール・オブ・ホールズ六甲 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ