ウェザーニュース

雨雲レーダー

ブログリンク集

  • From 神戸・芦屋・西宮
    あっちこっちの街を歩き、身近な生活情報とプロレスの話が中心、まさるさんのブログです
  • 山のつれづれ
    兵庫県を中心に、広く西日本の山々を訪問されている「ちゅた」さんの、山と自然とアウトドア満載のブログです。
  • 山とカヌーの休日
    西日本や信州の山々、そしてカヤックなど、アウトドアを中心に活躍されている「ころぼっくる」さんのブログです。

« 2009年震災の日〔阪神淡路大震災から14年〕 | トップページ | 500系「こだま」 »

2009年1月18日 (日曜日)

2009年震災の日(東遊園地)

17日のお昼、なぎさ公園でのイベント(前の記事)に続き、夜に神戸市役所のすぐ南、東遊園地で行われた「1.17のつどい」に行ってみました。ろうそくを並べ追悼をしている行事で、毎年開催されています。近付くと、関西電力のビルに、1.17の文字が見えてきます。これも毎年表示されているのですが、今年はすぐ隣で、マンションが建設されており、少々見えにくくなってしまいました・・・

Up09011801

今年も、ろうそくが配られていて、多くの人が訪れていましたが、ろうそくを灯せる竹筒は限りがあり、全員並べるのは難しそうです。ここでもまた無料で炊き出しを行なっていて、ぜんざいやおかゆやコーヒーを配っていました。おかゆは紀州梅が入っていて、コーヒーはスタバのコーヒーと、ここではある程度提携もしているようです。長く祈りを捧げる人や、涙ぐむ人も見られ、傷は未だ癒えてはいないようです。じっとその場を離れない、1人の車椅子のご夫人が印象的でした。

Up09011802

公園の南側には記帳所が設けられ、公園内に設置してある「慰霊と復興のモニュメント」で献花できます。 ここは、地下に震災で亡くなった方全員のお名前が記されており、同じく地下に続く回廊には建設にあたり寄付を寄せた方々の名前が記されています。地上は噴水(滝)のようになっていますが、この滝の真下が地下室にあたっていて、地下室からは、この滝がガラス張りで仰ぎ見ることができるように設計されています。今日は噴水は止められていて、その池の部分は献花で埋め尽くされ、地下室も通常は午後5時までですが、特別に入場可能となっていました。

Up09011805

また、向かいの市役所には24階に展望ロビーがあり、平日・日曜祝日は午後9時まで、土曜日は午後10時まで無料開放されています。夜景観光にはオススメのスポットで、次に、ここに上がってみることにしました。

Up09011804

ろうそくで描かれた「1.17」の文字がはっきりと見えました。

Up09011803

残念ながら、先述の高層マンションのせいで、ここからでは関西電力のビルの「1.17」の「7」の文字の端が切れてしまっています。会場からは、場所によってはOKなものの、それにしてもマンションの建つ位置が何ともな感じですね。関西電力も、電気を付ける部屋を一番左端までずらせて対応しているようですから、これが限界のようです。神戸でも高層マンションの建設ラッシュが続いており、都会の景観は急速に変わろうとしています。時代の流れは止められませんが、この追悼の明かりと共に震災の教訓が後世に残され、次の被害が少しでも軽くなる事を望みたいものです。

★震災関連はこちらもどうぞ★

阪神淡路大震災から15年

夢灯す、光の彫刻 第15回神戸ルミナリエ

ブログトップページブログトップページはこちら

« 2009年震災の日〔阪神淡路大震災から14年〕 | トップページ | 500系「こだま」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/449627/27268032

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年震災の日(東遊園地):

« 2009年震災の日〔阪神淡路大震災から14年〕 | トップページ | 500系「こだま」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Remember BOX

※お知らせ※

無料ブログはココログ